au WALLET クレジットカードの特徴とキャッシング枠でお金を借りる方法

au WALLETはKDDIフィナンシャルサービス株式会社が展開するクレジットカード、電子マネーサービスです。

auは携帯電話市場では国内第二位の規模ですし、au WALLET クレジットカードについてもかなり積極的にCM展開しているので、知名度はかなりのものでしょう。

もしかしたらauユーザー以外にも、au WALLET クレジットカードが気になるという方がいらっしゃるかもしれません。

au WALLET クレジットカードはauの携帯電話、スマートフォンやインターネット回線のサービスと紐付けられているものが多く、文字通りauユーザーのためのカードです。

同じくKDDIのグループ企業である「じぶん銀行」と連携することでより機能が使いやすくなるサービスも含まれています。

ここでは、au WALLET クレジットカードの年会費やポイント、還元率、付帯保険についてや、au WALLET クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法や返済方法など特徴を解説します。


au WALLET クレジットカードの種類

auが発行するクレジットカードはベーシックタイプとなる「au WALLET クレジットカード」とその上位タイプとなる「au WALLET ゴールドカード」の2種類というシンプルな構成です。

まずはこの2枚に加え、追加発行できるカードや、同じau WALLETブランドとなるプリペイドカードの特徴について見ていくことにしましょう。

au WALLET クレジットカード

au WALLET クレジットカードは無料で発行できるauユーザーのためのクレジットカードです。

多くのクレジットカードがその企業のサービスを利用していなくても発行できるのに対し、au WALLET クレジットカードはauの携帯電話やスマホ、インターネットサービスなどを利用していないと申し込むことすらできません。

au WALLET クレジットカードはauの料金を支払ったりショッピング利用することによって、200円ごとに2ポイントの「WALLETポイント」が貯まります。1WALLETポイントは1円に換算されますので、1%と悪くない還元率です。

また、年会費無料のクレジットカードとしては付帯保険が充実しており、海外旅行傷害保険は最高2,000円までの補償が受けられます。ショッピング保険や紛失・盗難補償もしっかり付帯されています。

ただしひとつ落とし穴が!
最初にも言ったように、au WALLET クレジットカードはauユーザーのためのクレジットカードです。

このカードを契約した後にauのサービスを解約した場合、カード自体を使い続けることはできるのですが、auユーザーであれば無料になるはずの年会費が1,250円かかってしまう欠点があるのです。

解約後にはポイント還元でも大きく損をしてしまうことになるので、年会費を払ってこのカードを持つ旨味はほとんど失われてしまいます。

もちろんその際にはカード解約といった選択肢も出てきますが、基本的には現在auユーザーで、なおかつauのサービスをしばらく使い続ける方にお勧めのクレジットカードということになるでしょう。

【au WALLET クレジットカードのスペック一覧】

年会費 無料(※)
入会条件 ・au携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約している方(※)
・満18歳以上の方(高校生不可)
・本人または配偶者に定期収入がある方
国際ブランド MasterCard、VISA
利用可能枠 記載なし
付帯保険 海外旅行傷害保険、ショッピング保険、紛失・盗難補償
追加可能カード 家族カード、ETCカード
ポイント還元率 1%~

(※)これらのサービスすべてを解約・一時休止・譲渡などした場合には年会費が1,250円(税別)かかります。

au WALLET ゴールドカード

ワンランク上のサービスを求めるなら、au WALLET ゴールドカードを検討してみても良いでしょう。年会費が10,000円(+税)かかるとはいえ、ポイントの貯まり方がau WALLET クレジットカードとは格段に違うため、金額的にも十分に元が取れる内容になっています。

街でのショッピング利用による1%のポイント還元はノーマルカードと変わりありませんが、auのデータ定額プランの支払いでは毎月1,000円(税抜)ごとに最大100ポイントが還元されますし、年間のショッピング利用額に応じて最大4,000ポイントがもらえるサービスもあります。

また、auケータイ、スマートフォンなどの購入に充てられる10,000円のクーポン(年1回利用可能)がもらえるので、これを使った年は会費が実質無料になると考えても差し支えありません。

もちろんゴールドカードなので、付帯保険もグレードアップしたものになっています。

詳しくはこの後の「au WALLET クレジットカードの特徴・特典」の項で解説しますが、海外・国内旅行傷害保険は最高5,000円までの補償が受けられるだけでなく、海外旅行のみではありますが航空便遅延損害に対しての補償が付帯している点に目を引かれます。

ショッピング保険もよりワイドな補償内容になっているうえ、紛失・盗難補償もしっかりついています。

さらにau WALLET ゴールドカードには、国内31の主要空港とハワイの空港ラウンジが無料で利用できるサービスや、一流ホテル・旅館の宿泊プラン優待サービス、レンタカーが優待料金で利用できるサービスなどもあり、旅行好きな方や出張の多い方には嬉しい内容となっています。

【au WALLET ゴールドカードのスペック一覧】

年会費 10,000円(税別)
入会条件 ・au携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約している方
・満20歳以上の方(学生、無職、パート・アルバイト除く)
・本人または配偶者に定期収入がある方
国際ブランド MasterCard、VISA
利用可能枠 記載なし
付帯保険 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険、紛失・盗難補償
追加可能カード  家族カード、ETCカード
ポイント還元率 1%~11%

 

ゴールドカードではありますが、入会条件に「本人または配偶者に定期収入がある方」とあるように、申込者本人に収入がない専業主婦、主夫の方でも配偶者に定期収入がありさえすれば申し込みが可能です。

au WALLET クレジットカードに追加発行できるカード

au WALLET クレジットカード、au WALLET ゴールドカードは追加で家族カードやETCカードも発行することができます。どちらも新規カード申込時に同時申し込みが可能ですし、会員になった後、追加という形で申し込むことも可能です。

家族カード

本カード会員の家族が満18歳以上(高校生除く)で、なおかつau携帯電話(スマホ、タブレット、ケータイ、Wi-Fiルーターなど)を持っている場合に、家族カードを申し込むことができます。

家族カードは本会員のカードと同じ国際ブランド、券種で、最大9枚まで発行されます。特典や機能はキャッシングの一部サービスを除いて本会員カードとほとんど同じ。利用可能枠は本会員の利用可能枠の範囲内で本会員と一緒に利用することができます。

支払いは本会員の口座からまとめて引き落とされるため、管理に手間がかかりません。複数枚でポイントを獲得できるため、効率的にポイントを貯めることができるのも良い点です。

家族会員の年会費はau WALLET クレジットカードは無料。ただし本会員に年会費が発生する場合には家族カード1枚につき年会費400円(税別)が発生し、本会員に請求されます。

au WALLET ゴールドカードの家族カードの年会費については1枚目のみ無料。2枚目以降は1枚につき2,000円(税別)の年会費がかかります。

ETCカード

キャッシュレスでスムーズに高速道路の料金所を通行できるETCカードもau WALLET クレジットカードに追加して発行することができます。

ETCカードの利用分も200円ごとにWALLETポイントが2ポイント貯まります。支払いはクレジットカードの利用分として指定口座から一緒に引き落とされるので手間は全くかかりません。

ETCカードの発行はau WALLET クレジットカード、ゴールドカード1枚に対して1枚のみですが、家族カードに対しても発行可能です。

au WALLET クレジットカード会員もau WALLET ゴールドカード会員もETCカードの年会費はかかりませんが、au WALLET クレジットカード会員のETCカードのみ、新規発行時と再発行時に手数料として1,000円(税別)がかかります(カード更新の際には料金はかかりません)。

au WALLET プリペイドカードとは?

au WALLETブランドのカードにはもう1種類、プリペイドカードが存在しています。券面はau WALLET クレジットカードが銀色、ゴールドカードが金色なのに対し、au WALLET プリペイドカードはauのイメージカラーでもあるオレンジ色です。

au WALLET プリペイドカードもクレジットカード同様、auユーザーのためのカードです。発行には審査がありませんし、利用できるのは事前にチャージした範囲内なので、クレジットカードは使い過ぎるのが怖いという方や、審査が不安だけどキャッシュレスで買い物したいという方が手軽に持つことができます。

au WALLET クレジットカードとプリペイドカードの違い

使い勝手はau WALLET プリペイドカードもクレジットカードもそれほど変わりありません。

au WALLET プリペイドカードの国際ブランドはMasterCardなので、世界中のMasterCard加盟店でクレジットカードと同じように利用することができます。

コンビニやスーパー、ショッピングセンターはもちろん、ネットショッピングでもクレジットカードと同様に利用可能です。

ただ、出光サービスステーション以外のガソリンスタンドをはじめ一部の店舗や月額サービスなど、クレジットカードは使えてもプリペイドカードでは支払えないところもいくつか存在しています。

プリペイドカードが使えるか使えないかはレジに表示されているMasterCardのロゴを見ただけでは判別できないので、利用しようとしたときに若干不安を感じてしまうことがあるかもしれません。

また、プリペイドカードですので、当然ながら分割払いやリボルビング払いも不可能で、キャッシングサービスも利用してお金を借りることもできません。

あくまでも自分が前払いできる範囲内で、一括払いでショッピング利用するというのがau WALLET プリペイドカードということになるわけです。

au WALLET クレジットカードの特徴・特典

au WALLET クレジットカード、au WALLET ゴールドカードにはどのような特徴や特典があるのか、詳しく見ていくことにしましょう。

WALLETポイントが貯まる

au WALLET クレジットカードはどこで利用しても200円(税込)ごとに「WALLETポイント」が2ポイント貯まります。

1WALLETポイントは1円に換算されますので、基本的なポイント還元率は1%。普段の買い物にも水道、電気、ガスなど公共料金の支払いにも大活躍してくれることは間違いありません。

ポイントアップ店でのショッピングならさらにたくさんのポイントが貯まります。下記はほんの一例です。

セブンイレブン 200円ごとに3ポイント
イトーヨーカドー 200円ごとに3ポイント
マツモトキヨシ 200円ごとに4ポイント
ココス 200円ごとに4ポイント
かっぱ寿司 200円ごとに4ポイント
スターバックスカード 200円ごとに5ポイント

 

また、ネットショッピングならauユーザー専用サイトのポイントアップタウンの経由が断然お得! 楽天市場やYahoo!ショッピング、じゃらん、G.U.など人気の通販ショップが利用可能で、ポイント獲得率は1.5%から最大15%にまでアップします。

入会特典で大量ポイントゲット

au WALLET クレジットカードの入会特典は2つ、合計最大10,000ポイントがもらえます。

特典1:入会翌々月までのショッピング利用分(au料金などは除く)はポイント2倍、最大7,000ポイント付与

特典2:auでんきなど公共料金の支払いで3,000ポイント付与

au WALLET ゴールドカードへの入会なら特典1のポイントが4倍(最大17,000ポイント)となり、最大20,000ポイントもらえます。

特典1はショッピング利用分に対してのポイント付与なので、大きな買い物を控えているときにカードに申し込むというのが賢い方法だと言えそうですね。

au料金の支払いもお得に!

WALLETポイントはau携帯電話やauひかりなどの利用によっても1,000円(税抜)ごとに10ポイント以上(※)貯まります。つまりauの利用料金をau WALLET クレジットカードで支払えば、その両方が加算されたポイントが付与されるということになります。

(※)ポイントの付与条件は契約の料金プランによって異なります。

利用カードがau WALLET ゴールドカードであればポイント還元率はさらにアップ! au STARに加入している方は、新auピタットプラン・auピタットプラン・auフラットプラン・auデータMAXプランの利用により定額料(基本料金+データ定額料+インターネット接続料金)に応じて毎月1,000円ごとに100ポイントが付与され、その他のプランの利用なら1,000円ごとに80ポイントが付与されます。

また、au STAR未加入の方でもau料金10,000円(税込)以内の支払いで200ポイント、以降5,000円ごとに100ポイントの付与となり、最大800ポイントが貯まります。

au WALLET ゴールドカード特典でも貯まる

au WALLET ゴールドカードには年間のショッピング利用額に応じてボーナスポイントがもらえるサービスがあります。カード入会月から計算し、下記の利用金額を達成した月の翌月にポイントが付与されます。

100万円:500ポイント
150万円:1,000ポイント(合計で1,500ポイント)
200万円:2,500ポイント(合計で4,000ポイント)

年間100万円というとかなり大きな金額にも思えますが、携帯やインターネット利用代金に加え、月々の光熱費や税金の支払いだけでもかなりの金額になりますので、これに普段のショッピング利用代金を加算するとそれほど難しい金額でもないのではないでしょうか。

WALLETポイントの使い方

貯まったWALLETポイントには次のような使い方があります。

・au WALLET クレジットカードの請求額に充当
・au WALLET プリペイドカードへチャージ
・au Wowma! での買い物に利用
・商品に交換
・デジタルコンテンツの支払額に充当
・携帯電話の購入・修理、オプション品購入に充当
・他社のポイントに交換

au WALLET クレジットカードの請求額に充当

最もシンプルなのがこの方法。カードの利用額をWALLETポイントでそのまま支払います。

この方法がお得なのは、ポイントが充当されるのは請求額に対してなので、利用した額から差し引かれる前のポイントがまるまるもらえる点。細かいことのようですが、充当ポイントが大きければ大きいほど差額も大きくなります。

その月の請求額が確定するまでに手続きをしなければならない、利用できるのは100ポイント単位など注意すべき点はありますが、支払額がそのまま差し引かれるお得感の高い方法です。

au WALLET プリペイドカードへチャージ

au WALLET プリペイドカードは貯まったWALLETポイントの交換先としてとても便利に利用できます。

au WALLET プリペイドカードへのチャージはセブン銀行ATMやコンビニ、auショップなどでも可能ですが、とりわけ簡単なのがau WALLETのサイト上でWALLETポイントやクレジットカードからチャージする方法です。

WALLETポイントは100ポイントから100ポイント単位でチャージできるので、使い残すことがほとんどありません。

おまけにau WALLET プリペイドカードの利用でもWALLETポイントの還元が受けられます。付与されるのは200円ごとに1ポイントと還元率こそクレジットカードの半分(0.5%)となってしまいますが、時間差でポイントを二重取りする格好になるので、やはりお得だと言えるでしょう。

携帯電話の購入・修理、オプション品購入に充当

機種変更や携帯電話の修理代金、充電器などのオプション品の購入にもWALLETポイントを利用することができます。

この方法の良い点は1ポイントごとに使えるところで、必要な額よりもポイントが少なければ値引きという形に、多ければ全額をポイント交換することが可能です。

au WALLET クレジットカードの付帯保険

au WALLET クレジットカードには旅行傷害保険とショッピング保険が付帯しています。またクレジットカードの盗難・紛失時にサポートを受けられるサービスもしっかりついています。簡単に内容をご紹介します。

旅行傷害保険

au WALLET クレジットカードには海外旅行傷害保険が、au WALLET ゴールドカードには補償内容が大きくなった海外旅行傷害保険(自動付帯)に加えて国内旅行傷害保険も付帯しています。

海外旅行傷害保険

au WALLET クレジットカード会員は海外旅行費用などをau WALLET クレジットカードで事前に支払ったものが対象(利用付帯)。au WALLET ゴールドカード会員は、会員資格を有していれば自動的に補償の対象(自動付帯)となります。

au WALLET クレジットカード au WALLET ゴールドカード
傷害死亡・後遺障害 2,000万円 5,000万円
傷害治療費用 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円
救援者費用等 200万円 200万円
個人賠償責任 2,000万円 3,000万円
携行品損害(※) 20万円 100万円

(※)免責金額3,000円

 
【航空便遅延損害】

au WALLET クレジットカード au WALLET ゴールドカード
乗継遅延費用 なし 2万円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 なし 2万円

 

国内旅行傷害保険

こちらはau WALLET ゴールドカード会員のみが対象。国内での搭乗券、宿泊施設など旅行代金をau WALLET ゴールドカードで支払った場合の補償(利用付帯)となります。

au WALLET クレジットカード au WALLET ゴールドカード
死亡・後遺障害 なし 5,000万円
入院(1日につき) なし 5,000円
通院(1日につき) なし 3,000円

 

ショッピング保険

お買い物あんしん保険(ショッピング保険)はau WALLET クレジットカード、au WALLET ゴールドカードで購入した商品が、購入日を含め90日以内に偶然な事故によって生じた損害に対して補償を受けられるというものです。例えば破損、盗難、火災などのケースが対象となります。

補償内容は次の通りです。

au WALLET クレジットカード au WALLET ゴールドカード
支払限度額 年間100万円(※) 年間300万円(※)
免責金額 3,000円 3,000円
担保期間 商品購入日から90日間 商品購入日から90日間
適用範囲 国内・海外 国内・海外

(※)本会員と家族会員を合算しての年間限度額

盗難・紛失時サポート

au WALLET クレジットカード、ゴールドカードを不正利用された場合、紛失・盗難の連絡をした日から起算して60日前にさかのぼって補償されます。

もしカードを紛失したり盗難に遭ったりしたら、すぐに専用電話まで連絡してください。24時間受け付けています。

国内から 0120-994-388(または03-6758-7388)
海外から +81-3-6758-7388

au WALLET クレジットカードでのキャッシング枠でお金を借りる

au WALLET クレジットカードにはお金を借りることのできるキャッシング機能が付帯しています。

キャッシング利用可能枠として決められた範囲内であれば、何度でも好きなときにお金を借りられるのが良い点で、返済すればその金額分だけ利用枠が復活します。

「週末にお金が必要なのに手元に現金がない」「引き落とし口座に残高が足りない」といった、すぐにお金が必要な場合に大変役に立つ機能です。

au WALLET クレジットカードの融資条件

au WALLET クレジットカードでお金を借りる方法としては

・キャッシングサービス
・クレジットカードローン

の2種類があるのですが、キャッシングサービスは一括払い、クレジットカードローンはリボルビング払いになるのが違う点で、内容的には同じサービスになります。

ただし海外キャッシングは一括払いのみ。また、家族カードではクレジットカードローン(リボルビング払い)は利用できません。

【キャッシング/カードローン 融資条件】

融資利率 14.95%~17.95%
返済方式 ・キャッシングサービス 元利一括払い
・クレジットカードローン 毎月元金定額返済(ボーナス併用・一部返済可)
返済期間 ・キャッシングサービス 23~59日
・クレジットカードローン  51か月(借入金額50万円の場合)
返済回数 ・キャッシングサービス 1回
・クレジットカードローン 51回(借入金額50万円の場合)
遅延損害金 19.92%
締日・返済日 毎月15日締め・翌月10日払い(休業日の場合は翌営業日)
返済方法 口座引落(ATM、振り込みにて一部・全部の繰上返済も可能)
資金使途 自由(事業資金は除く)

 

au WALLET クレジットカードでお金を借りる流れ

au WALLET クレジットカードでお金を借りるには、

・ATM・CDで現金を受け取る(国内・海外)
・WEBで申込後、支払口座に振り込んでもらう

という2つの方法があります。

ATM・CDでお金を借りる

コンビニや金融機関など全国に設置されている提携ATMやCDでクレジットカードを挿入し、お金を引き出す方法です。最長24時間いつでも1万円以上、1万円単位で借りることができます。利用には暗証番号が必要です。

ATMの操作は銀行のキャッシュカードを利用するのと同じ要領で、一括返済を希望する場合には「クレジットカード>お借入れ>キャッシングサービス(一括返済)」の順に選択。分割して返済(※)したい場合には「クレジットカード>お借入れ>カードローン(リボ払い)」と選択します。

(※)家族カードでは利用できません。

お金を借りるごとに利用金額に応じて以下のATM手数料がかかる点に注意してください。

借入金額 ATM手数料(税別)
1万円 100円
2万円以上 200円

 

利用可能なATMについてはこのページ終盤の「au WALLET クレジットカードが利用できるATMは?」の項をご覧ください。

口座振込でお金を借りる

パソコン、スマートフォンで会員専用サイトにログインし、カードご利用代金支払い口座への振込を依頼する方法です。こちらの方法は本会員のみが利用可能です。

振込は原則として申込完了日の翌金融機関営業日の正午以降になります。実際にお金を借りるまでに少し時間がかかってしまいますが、振込手数料は無料なので、お金が必要になるときまで余裕のある場合にお勧めです。

海外キャッシングでお金を借りる

キャッシングは日本国内だけでなく、海外のATMやCDで行うこともできます。国内でATMを利用するのとほとんど変わらない操作で現地通貨を引き出すことができるため、大変便利なサービスです。

ATMから現地通貨を引き出せるということは、前もって両替する手間や現金をたくさん持ち歩くリスクを軽減できることにつながります。

例えば両替所が閉まっているときでも空港や銀行、ショッピングセンターなど街の至るところで現地通貨を入手できますし、両替手数料よりも海外キャッシングにかかる手数料のほうがかなり安く上がることも珍しくありません。

海外キャッシングの利用分は全て一括払いとなり、国内での利用分と同様にカード代金支払い口座から自動引落となります。必要となるのはATM手数料(100円または200円+税)とキャッシングにかかる利息(14.95%~17.95%)だけで、国内で利用するのと全く同じです。利息が気になるなら引落日から前倒して繰り上げ返済することも可能です。

海外で利用できるATMはどの海外ブランドのカードを持っているかによって異なります。

VISAカードをお持ちの場合 「VISA」「PLUS」マークのあるATM
MasterCardをお持ちの場合 「MasterCard」「cirrus」マークのあるATM

 

※海外のATMは防犯上の理由から、空港もしくは銀行などに設置されているものを利用されることをお勧めします。

キャッシングできない!? そんなときは

キャッシング利用可能枠はショッピング利用可能枠内に設定されるため、ショッピングの利用額によってはキャッシング利用枠を圧迫してしまうケースもあります。

例えばショッピング利用枠が100万円、キャッシング利用枠が80万円となっていた場合、ショッピングで60万円使うとキャッシング利用枠にまで食い込み、キャッシングを全く利用していなくてもキャッシングできるのは残り40万円までということになってしまいます。

このように、ショッピング利用分がキャッシング枠を潰してしまっていないか、よく確認してみましょう。

なお、利用可能枠というのは1ヶ月に利用できる額という意味ではありません。口座引落等で支払い(返済)が反映されなければ、減った利用可能額は元に戻りませんので注意してください。

キャッシング利用可能枠を設定・増枠するには?

カードの入会時にキャッシング利用枠を設定していなかった場合の設定や増枠は郵送での手続きが必要となります。

「会員さま専用サイト」にログインし、「キャッシングなどを利用・照会する」の「キャッシングサービス」から「ご利用可能枠の設定・増額」より所定の申込書を請求してください。請求は本会員からのみで、家族会員から申し込むことはできません。

申込書が届いたら必要事項を記入し、本人確認書類と年収確認書類を添えて返送してください。審査次第でキャッシング利用枠の設定・増額が行われます。

なお、増枠を申し込んだのにも関わらず、審査の結果減枠されてしまうこともあります。これは主に支払い・返済に遅れを出したことのある場合に起こり得るケースです。利用可能枠はカードの利用実績を積み重ねていくうちに見直されることもあるので、利用者側からの増額申し込みは慎重に行うようにしたほうが良いでしょう。

利用可能枠の減枠については電話で受け付けています。希望する方は手元にカードを用意したうえで、こちらも本会員から申し込んでください。

<申込先>
クレジットカード会員 03-6758-7388(通話料有料)
ゴールドカード会員 カード裏面に記載(通話料無料)
 受付時間:9:00~18:00(年中無休)

au WALLET クレジットカードの支払い・返済方法

クレジットカードを利用したら、後日その代金と、利用方法によっては手数料(利息)を支払う必要があります。

しかし、支払い方法を熟知しているのといないのとでは使い勝手や支払手数料に大きな差が出てくる可能性があることをご存知でしょうか。

au WALLET クレジットカードの支払いや返済はどのようなシステムになっているのかを詳しくご紹介します。支払い方を上手にコントロールするヒントにもなりますので、ぜひ参考にしてください。

au WALLET クレジットカードの締日と支払日

au WALLET クレジットカードの締日は毎月15日。利用分は翌月10日に登録口座から自動引落されます。これはショッピング利用分もキャッシング、カードローン利用分も同じです。

もし10日が金融機関の休業日にあたる場合には、翌営業日が引き落とし日となります。

ただしショッピング利用分もキャッシング、カードローン利用分も、引き落とし日を待たずして繰り上げ返済することができます。資金に余裕のあるときに積極的に返済することで、支払い手数料(利息)を少なく抑えることが可能になります。

au WALLET クレジットカード ショッピング利用分の支払い方法

支払い方法と手数料

au WALLET クレジットカードでのショッピングの支払いは、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い(3・5・6・10・12・15・18・20・24回)から選ぶことができます。

支払い方法の選択は、基本的にはカード利用時に指定する形となりますが、1回払い、ボーナス一括払いに指定した利用分を後日、会員専用サイトまたは電話にてリボ払いや分割払いに変更することもできます(あとから定額払い/あとから分割払い)。

また、あらかじめ月々の支払額の上限を指定しておき、その金額を超えた場合にだけ自動的に翌月以降に繰り越しできる支払い方法(あんしん定額払い・楽Pay)もあります。

ショッピングで金利・手数料が必要になるのはリボ払いと3回以上の分割払い。1回払い、2回払い、ボーナス一括払いには手数料がかかりません。まとめると次のようになります。

支払い方法 手数料率 分割手数料(100円あたり)
1回払い 無料 -
2回払い 無料 -
ボーナス1回払い 無料 -
分割払い 3回 12.25% 2.04円
5回 13.50% 3.40円
6回 13.75% 4.08円
10回 14.50% 6.80円
12回 14.75% 8.16円
15回 15.00% 10.20円
18回 15.00% 12.24円
20回 15.00% 13.60円
24回 15.00% 16.32円
リボルビング払い 15.00% -

 

分割払い(回数指定払い)

分割払いはショッピング利用ごとに希望の回数に指定して支払いする方法です。回数指定払いとも言います。例えば大きな金額の買い物をしたときに、その商品だけ10回払いにするなどして、無理のない返済をしていくことが可能となります。

さきほどの表から、分割払いにすると月々にいくら支払うことになるのかを求めてみましょう。例えば10万円の商品を10回の分割払いで支払うことにします。その場合には以下のような計算となります。

支払手数料 6,800円
商品代金+手数料 106,800円
月々の支払額 10,680円

 

分割払いはボーナス併用払いにすることもできます。ボーナス併用払いにすると、1月と8月に利用代金の50%が換算されて請求されます。

リボルビング払い(定額払い)

分割払いは回数をベースにして支払い方が決まるのに対し、リボルビング払いは支払金額をベースにして支払い方が決定されます。

購入した商品がいくらか、また何度利用したかに関わらず、毎月の支払金額をほぼ一定にできるため、月々の負担をできるだけ大きくしたくない方に便利な方法です。

リボルビング払いの支払い方には、2つの方式と2つのコース、合計4つの選択肢があります。それぞれ月にいくら支払うことになるのかを見てみることにしましょう。

定額方式(Aコース・Bコース)
締切日時点の利用残高 Aコース Bコース
50万円以下 1万円 2万円
50万円超~100万円以下 2万円 3万円
100万円超 3万円 4万円

 

残高スライド方式(長期コース・標準コース)
締切日時点の利用残高 長期コース 標準コース
10万円以下 5千円 1万円
10万円超~20万円以下 1万円 2万円
以降10万円増すごとに 5千円ずつ加算 1万円ずつ加算

 

例えば残高が10万円の場合、30万円の場合、55万円の場合は、月々の支払額にこれだけ違いが出てくることになります。

残高スライド方式を選ぶと残高が少なくなっていくにつれ支払額も減っていくことを念頭に置いて、どの方法が一番自分に合っているのかを考えてみてください。

締切日時点の利用残高 10万円 30万円 55万円
定額方式 Aコース 1万円 1万円 2万円
定額方式 Bコース 2万円 2万円 3万円
残高スライド方式 長期コース 5千円 1万5千円 3万円
残高スライド方式 標準コース 1万円 3万円 6万円

 

※入会時は定額方式 Aコースに設定されています。支払い方法は会員専用ページで簡単に変更することができます。

楽Pay(あんしん定額払い)

「~Pay」「~ペイ」というとスマホを使ったキャッシュレス決済のことかと思ってしまいますが、au WALLET クレジットカードの「楽Pay」はそれとは全く違うもので、部分的なリボルビング払いのことを指します。

これは本会員のみが利用できるサービスで、指定した金額を超えたショッピング利用分の支払いを、自動的に翌月以降に繰り越しするというものです(キャッシング、カードローン利用分は不可)。指定金額は定額5,000円以上、5,000円単位で、最高10万円まで設定できます。指定金額を超えないものは1回払いとなり、金利手数料はかかりません。

例えば設定金額を5万円に指定したとしましょう。ある月に2万円の買い物をしました。これは設定金額を超えていないので、1回払い。もちろん支払利息も発生しません。

次の月は7万円の買い物をしました。この場合、最初の月は設定金額となる5万円のみの支払いとなり、その翌月に残りの2万円と手数料(実質年率15.00%)を合わせて支払うことになります。

楽Payについても設定・解除、金額設定ともに会員専用ページで簡単に行なえますので上手に活用しましょう。

海外ショッピング分の支払い

海外で買い物した場合には、事務処理コストとして利用額の1.55%(税別)が加算されたうえで円に換算され請求されます。

円貨換算レートはショッピング時ではなく、VISA、Mastercardにて処理された時点でのものが採用されるため、利用速報メールに記載される金額と多少のズレが生じることもあります。

海外でのショッピング利用分の支払いについては、原則として1回払いになります。リボ払いや分割払いなどを利用したい場合には、出発前、または帰国後に会員専用ページか電話で手続きを行ってください。

キャッシング、カードローン利用分の返済方法

返済方法と利息

au WALLET クレジットカードのキャッシングサービスは一括払い、クレジットカードローンはリボルビング払いでの返済となります。いずれの場合も14.95%~17.95%の支払利息が発生します。

カードローンの月々の最低返済元金はキャッシング利用可能枠によって次のように決まっており、その額に利息分を加えて支払うことになります。金額は1万円単位で変更したり繰り上げ返済したりすることが可能です。

利用可能額 返済元金
50万円以下 1万円
60万円以上 2万~9万円(※)

(※)KDDIフィナンシャルサービスが別途通知。

一括払いのキャッシングサービスを、後日リボルビング払いのカードローンに変更することもできます。手続きは本会員が、会員専用サイトで行ってください。

海外キャッシング分の返済

au WALLET クレジットカードでの海外キャッシング分の返済は元利一括返済のみとなっています。国内でのキャッシング利用分や海外ショッピング利用分のように後日リボ払いに変更することはできないので、注意してください。

繰り上げ返済・一括返済

ショッピング利用分のリボルビング払いと分割払い、キャッシング利用分、カードローン利用分を繰り上げ返済、または全額を一括返済することも可能です。

繰り上げ返済、一括返済は支払利息を少なく抑えるにはとても効果的な方法ですので、無理のない範囲内で支払っていくことをお勧めします。

繰り上げ返済、一括返済はATM、口座引落、口座振込で行うことが可能ですが、利用内容によっては返済できない方法もあります。

ATM払い

事前の連絡不要で提携ATMから元金分の支払いができます。ショッピングのリボルビング払い利用分は1千円単位、カードローン利用分は1万円単位となり、端数と利息分は支払口座からの自動引落となります。ショッピング分割払い、キャッシング(一括返済)では利用できません。

口座引落

約定決済日に増額して引き落としとなる方法です。必ず事前の連絡が必要で、ショッピングのリボルビング払い利用分は会員専用サイトで手続きできますが、カードローン利用分についてはコールセンターでの手続きが必要です。ショッピング分割払い、キャッシング(一括返済)では利用できません。

口座振込

KDDIフィナンシャルサービスが指定する口座に振り込み返済する方法です。どのサービスでも利用することができます。が、振込手数料の負担が必要となります。振込先など詳細は事前にコールセンターで確認してください。

ATM 口座引落 口座振込
リボルビング払い
分割払い 不可 不可
キャッシング 不可 不可
カードローン △(※)

(※)全額繰り上げ返済のみ可能。

au WALLET クレジットカードの審査申し込み方法

au WALLET クレジットカードはオンラインかまたはauショップにて申し込みができます。本人のカードだけでなく、家族カードやETCカードも一緒に申し込み可能です。

カード発行までにかかる期間

スマートフォンやパソコンで申し込み後、最短4日、通常1~2週間でカードが届けられますが、審査状況によってはもう少し長くかかるケースもあります。

au WALLET クレジットカードの申し込み条件

au WALLET クレジットカードは満18歳以上、au WALLET ゴールドカードは満20歳以上のau(携帯、スマホ、インターネット回線)ユーザーで、本人または配偶者に安定収入のある方が申込可能です。すでにau WALLET クレジットカードをお持ちの方は、au WALLET ゴールドカードにランクアップすることもできます。

なお、au WALLET スマートローンを契約中の方は申し込むことができません。

審査は甘い?専業主婦、学生は申込可能?

au WALLET クレジットカード、au WALLET ゴールドカードともに、年収のない専業主婦(主夫)の方でも申込可能です。ただし配偶者の方に安定した収入があることが条件となります。

満20歳以上のパート、アルバイトの方、学生の方はau WALLET クレジットカードには申し込みできますが、au WALLET ゴールドカードの申し込み対象にならない点に注意してください。

しかしパート、アルバイトの方でも配偶者に安定した収入があるのであれば、収入のない専業主婦として申し込むことでゴールドカードを持てる可能性があります。

なんとなく逆のようにも感じてしまいますが、これは審査対象となる方がパート、アルバイト(本人)であるか正社員(配偶者)であるかで結果が違ってくる好例だと言えるでしょう。

この場合、ご自身の年収は0円として申請し、世帯年収では自分の年収を加えて申し込みます。

自分の年収を多く偽って申請するのはいけませんが、少なく申請するのは何ら問題ありません。年収を0にするとキャッシング枠はつけられなくなってしまう欠点があるとはいえ、審査に通る可能性はぐっと高まります。

学生であれば申し込み対象になるのはau WALLET クレジットカードのみです。18歳から申込可能ですが、未成年の方は親権者の同意が必要となります。

このように、ゴールドカードの方には一般カードよりもやや高めのハードルが設けられていますが、専業主婦でも申込可能である点などを考えると、審査は比較的柔軟であると言えます。

au WALLET クレジットカードの方は学生の方でも発行可能ということで、審査はかなり柔軟に行われていることが覗われます。

審査落ちする可能性があるのは?

審査は比較的柔軟であると考えられるau WALLET クレジットカードですが、auユーザーであれば誰でも審査に通るというわけではありません。

審査では信用情報機関に記録されている情報を元に、他社のクレジットカードやカードローンの利用状況、履歴などがチェックされます。

過去5年以内に債務整理や自己破産などの経験がある方はもちろんのこと、特にこれまでにauの支払いを滞納したことのある方や、保証会社となっているUFJニコスで5年以内に何らかのトラブル歴がある方は、審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ご自身の信用情報がどうなっているのかは照会が可能なので、心配な方はKDDIフィナンシャルサービスが加盟している株式会社シー・アイ・シー(CIC)や、保証会社となっているUFJニコスが加盟する株式会社日本信用情報機構(JICC)から資料を取り寄せて確認してみても良いでしょう(有料、1通1,000円ほどで可能です)。

また、過去半年以内に3件以上クレジットカードに申し込み歴がある状況を「申し込みブラック」と呼び、審査には非常に通り難くなっています。半年経過すると信用情報から記録が消えるので、それを待ってから新たなカードに申し込むことをお勧めします。

au WALLET クレジットカードの発行までの流れ

オンラインでの申し込みからカード発行までは次のような流れとなっています。

1. 会員規約などを確認し、同意した後、au IDでログインする
2. 必要事項を入力し、ETCカード、家族カードを選択する
3. 支払口座を登録する(※1)
3. 送信後、申込受付完了メールが送られてくる
4. 即時利用サービスの審査が行われる(※2)
5. 即時審査の結果がメールで通知される(※2)
6. 通常のカード審査が行われる
7. 審査完了後、結果がメールで通知される
8. カードが送付される(※3)

(※1)可能な場合のみ。
(※2)即時利用サービスに申し込んだ場合のみ。
(※3)カードは本人限定受取郵便もしくは書留にて送付されます。

支払口座の登録については、登録したい口座が下記のインターネットでの手続き可能な金融機関に該当していることが必要です。

一覧にない場合にはインターネットでは登録ができないため、郵送での手続きとなります。カードに同封される「預金口座振替依頼書」に必要事項を記入し、捺印したうえで返送してください。

インターネットで手続き可能な金融機関

じぶん銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行の他、多くの地方銀行、信用金庫が対応しています。

即時利用サービスとは?

au WALLET クレジットカードに申し込んだ後、最短2分で審査が完了し、仮の状態でクレジットカードが使えるサービスです。利用できるのは「auかんたん決済 au WALLET クレジットカード支払い」と「Apple Pay」の2つで一回払いのみ。利用可能枠は3万円ですが、カード到着を待たずしてすぐに利用できるようになるのが大きなメリットです。

申し込みには次の2点を満たす必要があります。

・満20歳以上であること
・インターネットで支払い口座の登録が完了できること

本審査の結果、クレジットカード発行に至らなかった場合には、即時利用サービスも利用できなくなります。

在籍確認はある?

クレジットカードを申し込むと、多くの場合で職場に在籍確認の電話がかかってきます。au WALLET クレジットカード、ゴールドカードに申し込んだ場合にも、次のような記載があるため、全てではありませんが在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。

「お申し込みのご確認」・「必要書類のご提出のお願い」のため、ご自宅・携帯電話・お勤め先へのお電話などにて確認させていただく場合がございますので、ご了承ください。

引用元:https://www.kddi-fs.com/function/application/

記入の不備に関する確認などでなければ、通常は生年月日を訊かれるなど非常に簡単な質問をされる程度で電話はすぐに終わります。

ただ、電話連絡がつかなければ審査が進まないことになるので、そのままだと審査落ちする可能性が高くなってしまいます。申し込みした後しばらくは、電話連絡があるかもしれないことを承知しておきましょう。

とは言うものの、職場に電話がかかってきて本人が電話に出られないケースは珍しいことではないでしょう。

しかし、例えば電話に出た方が「ただいま席を外しています」などの応対をすれば、申込者がその職場に所属していることは十分わかるので、それで在籍確認は完了します。本人以外に質問をしたり、個人情報を話したりといったことは固く禁じられているので、
心配する必要はありません。

au WALLET クレジットカードの申込に必要な書類

au WALLET クレジットカードをオンラインで申し込む際には、au IDの情報が引き継げるため、本人確認書類をアップロードするなどの手続きは不要です。

多くの場合、本人限定受取郵便にてカードを受け取る際に、配達員に運転免許証などの本人確認書類を提示することで手続きが完了します。

申込の際に運転免許証番号を記載する欄があるので、ここに12桁の番号を記載した方は、運転免許証が本人確認書類になります。これは運転経歴証明書でも代用可能です。

au WALLET クレジットカードの利用可能枠、増枠・減枠

ショッピング利用可能枠の増枠を希望する場合には、本会員よりコールセンターまで電話で申し込んでください。

審査のうえ、通常3日程度で結果が通知されます。増枠は恒常的なものの他に海外旅行、婚礼費用で必要なときなどのために、一時的に行うことも可能です。

減枠には審査はありません。手続きはこちらも本会員がコールセンターにて申し込みます。

キャッシング、カードローンの利用可能枠を設定、または増額を申し込むこともできますが、こちらは郵送での手続きが必要です。

au WALLET クレジットカードの会員専用サイトから本会員が資料を請求してください。なお、申し込みの際には本人確認書類とともに、年収が確認できる書類(収入証明書)の提出も必要となります。申込後、審査が行われ、枠が決定されます。

提出可能な収入証明書には次のようなものがあります。

・源泉徴収票
・給与の支払明細書(直近2ヵ月)
・納税証明書・納税通知書(※)
・課税証明書/所得証明書/住民税決定通知書(※)
・年金証書(※)
・年金通知書

(※)年間所得額の記載がある写しを提出してください。

au WALLET クレジットカードが利用できるATMは?

au WALLET クレジットカードはキャッシングや返済、可能額照会などを提携するATMやCDで利用可能です。ATMによってはカードローン返済、ショッピングリボ返済など一部の機能が利用できないため、詳細については各金融機関にお問い合わせください。
(△印:カードローン利用不可/▲印:ショッピングリボ返済・カードローン返済不可)

<コンビニATM>
セブンイレブン(セブン銀行)・ローソン(ローソン銀行)・ミニストップ(E-net)・サークルKサンクス(E-net、ゼロバンク)・ファミリーマート(アットバンク、E-net)
<金融機関>
【全国】
三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・三井住友信託銀行・セブン銀行・イオン銀行・農業協同組合△▲・漁業協同組合△▲・ゆうちょ銀行・労働金庫△▲・信用金庫(一部不可)・信用組合(一部不可)

【北海道・東北】
北海道銀行・北洋銀行・みちのく銀行・青森銀行▲・北都銀行・秋田銀行・荘内銀行・山形銀行・きらやか銀行・岩手銀行△▲・東北銀行▲・北日本銀行・仙台銀行・七十七銀行・東邦銀行・大東銀行・福島銀行

【関東】
常陽銀行・筑波銀行・足利銀行・栃木銀行・東和銀行・群馬銀行△▲・武蔵野銀行・千葉銀行・千葉興業銀行▲・京葉銀行・きらぼし銀行(一部不可)・東日本銀行・東京スター銀行・横浜銀行・神奈川銀行▲

【甲信越・北陸】
山梨中央銀行・大光銀行・北越銀行・八十二銀行△▲・長野銀行・北陸銀行△▲・富山銀行▲・富山第一銀行・北国銀行▲・福井銀行・福邦銀行

【東海】
清水銀行・静岡銀行・スルガ銀行・静岡中央銀行▲・大垣共立銀行・十六銀行・名古屋銀行・中京銀行・愛知銀行・百五銀行・第三銀行

【近畿】
滋賀銀行(代金支払い口座が滋賀銀行の方のみ利用可能)・南都銀行△▲・京都銀行・近畿大阪銀行・池田泉州銀行・関西アーバン銀行▲・大正銀行・紀陽銀行▲・但馬銀行・みなと銀行△▲

【中国】
中国銀行▲・トマト銀行・広島銀行・もみじ銀行▲・鳥取銀行・島根銀行・西京銀行・山口銀行・阿波銀行・徳島銀行・百十四銀行・香川銀行・伊予銀行・愛媛銀行・四国銀行・高知銀行

【九州・沖縄】
西日本シティ銀行・福岡銀行・筑邦銀行▲・福岡中央銀行・北九州銀行・佐賀銀行△▲・佐賀共栄銀行・親和銀行・長崎銀行・熊本銀行・豊和銀行・宮崎銀行▲・宮崎太陽銀行・鹿児島銀行・南日本銀行・沖縄海邦銀行

au WALLET クレジットカード まとめ

ご覧いただいたように、au WALLET クレジットカードは、「auユーザーには必須」と言われるのがよく分かる、全く損のないサービス内容です。

普段のショッピング利用で1%の還元も悪くありませんが、そもそも携帯電話やインターネット料金は毎月支払うものなので、それだけでもかなりポイントが貯まりやすくなっているわけです。

もちろん他のクレジットカードや口座引落で支払ってもWALLETポイントはもらえるのですが、au WALLET クレジットカードで支払えばポイントの貯まり方が格段に違います。

特にau WALLET ゴールドカードだと明らかに年会費10,000円以上のアドバンテージがある内容なので、auに支払う料金が少なくないのなら、au WALLET ゴールドカードを積極的に検討してみるべきでしょう。

もちろん、年会費のかかるカードにあまり魅力を感じないのであれば、まずはau WALLET クレジットカードからスタートしてみてください。実際に利用してみたら「発行するまでは随分損していたなぁ」と実感されるのではないでしょうか。


このページの先頭へ