但馬銀行でお金借りる!カードローン【口座開設不要型・口座開設型】

兵庫県の地方銀行「但馬銀行」では、口座開設しなくても利用できるカードローンを用意しています。

但馬銀行カードローンには、「口座開設不要型(口座なし)」と「口座開設型(口座あり)」の2種類があり、希望に合わせて選択できるのです。

また、返済のたびにTポイントを貯めていくことができるので、Tポイントを集めている方にも嬉しいですね。

ここでは、但馬銀行カードローン(口座なし・口座あり)の金利や限度額、審査申し込み方法、借り入れ方法、返済方法、お金を借りるメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

また、但馬銀行には60歳以上の方向けの「セカンドライフ応援カードローン」や教育資金の借入のための「教育ローン カードタイプ」も用意されています。

通常のカードローンよりも低金利になるため、申し込み条件をクリアできる場合は検討してみるといいでしょう。

※以前は「たんぎんカードローン STORK」と「たんぎんカードローン スピードポケットプラス」と言うカードローンも提供していましたが、平成29年6月25日をもって新規受付を終了しています。


但馬銀行カードローン(口座開設不要型・口座開設型)の特徴

金利(変動金利) 年1.9%~14.5%(保証料込)
利用限度額 10万円以上1000万円以下(パート、アルバイト、専業主婦は上限100万円)
申込資格 ・満20歳以上69歳以下の方。
・本人か配偶者に安定した収入がある方。
・住所か勤務先が但馬銀行の営業エリア内(兵庫県、大阪府、京都府)にある方。
※パート、アルバイト、専業主婦も可
資金使途 自由(借換や借入見直しにも利用可。事業性資金は不可)
利用期間 1年ごとに再審査の上、自動更新
返済方法 口座開設不要型・・・35日ごとにATMから入金
口座開設型・・・毎月10日(休日の場合は翌営業日)に口座からの自動引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 口座開設不要型・・・SMBCコンシューマーファイナンス(株)、アイフル(株)
口座開設型・・・(株)オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス(株)、アイフル(株)
入会金・年会費 無料
審査スピード 仮審査の結果連絡は翌営業日。1週間程度での融資可能。
口座開設 口座開設不要型・・・不要
口座開設型・・・必要
公式サイト こちら

 

但馬銀行カードローンは「口座開設選択式」

但馬銀行カードローンの申し込みをする場合、希望に合わせて口座開設するか否かを選択することができます。

ただし、「口座あり」か「口座なし」かで返済方法が変わってきます。

<口座なし>
35日ごとにATMから入金していくことになります。ATMからの任意返済も可能です。しかし口座はないので、口座から自動的に引き落としてもらうことはできません。

<口座あり>
毎月10日に、但馬銀行の口座から自動的に引き落とされます。ATMからの任意返済も可能です。

どのように返済していきたいかによって、但馬銀行の口座開設するか否かを選択していくといいでしょう。

但馬銀行の口座開設の条件

口座開設期限 カードローンの契約時まで
返済用として利用可能な口座 但馬銀行の普通預金口座
口座開設の方法 店頭窓口・スマホ・郵送
口座開設の詳細 こちら

 

但馬銀行の店頭窓口で口座開設

但馬銀行の口座開設は店頭窓口だけではなく、郵送やスマホから行うこともできるのですが、「口座開設型」を選択した方で、口座を持っていない場合は、来店契約にしなければなりません。

そのため、口座開設も契約と同時に但馬銀行の窓口で行うといいでしょう。

但馬銀行の口座開設には本人確認書類と印鑑が必要になります。

その他、カードローンに必要な書類は仮審査の結果連絡の時に知らせてもらえるので、不備のないよう準備して来店しましょう。

郵送で但馬銀行の口座開設

「口座開設申し込みフォーム」から依頼すると、但馬銀行から口座開設キットが郵送されてきます。

キットに必要事項を記入し返送しましょう。

ただし、依頼してからキットが届くまでに1週間かかりますし、本人確認書類を送付してから「口座番号通知書」が届くまでにも1週間必要になります。

その後、キャッシュカードが届くまでにも3~4日かかるため、急ぎの場合はスマホか但馬銀行の店頭で口座開設をした方がいいでしょう。

スマホで但馬銀行の口座開設

スマホで但馬銀行の口座開設申し込みページにアクセスし、手続きを進めることができます。

ただしスマホで口座開設する場合は、申し込んでから「口座番号通知書」が届くまでに1週間かかります。

その後3日~4日程度でキャッシュカードが届きます。計2週間弱かかるので、時間に余裕がある方にお勧めです。

<スマホで口座開設の条件>

申込資格 ・18歳以上の個人で、住所か勤務先が兵庫県・大阪府・京都府にある方。
・運転免許証を持っている方。(持っていない場合は、郵送か店頭で口座開設)
・日本国籍の方。(外国籍の方は店頭で口座開設)
通帳発行 なし
キャッシュカードの発行 あり
開設口座 但馬銀行の総合(普通預金口座+定期預金口座)口座
取扱い店舗 マイネット支店(インターネット支店)か最寄りの店舗のいずれか選択可能
口座番号通知書の受け取り方法 「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」でのお届けなので、本人確認資料を提示し、本人が受け取り。(キャッシュカードは簡易書留で郵送)
スマホで口座開設詳細 こちら

 

但馬銀行カードローンの審査時間は?即日融資は可能?

審査申込から融資までの期間について、但馬銀行に電話で確認したところ、「即日融資はできませんが、仮審査の結果は翌営業日以降には連絡できますし、その後正式申し込み手続きをしても、だいたい1週間程度での融資は可能でしょう」とのことでした。

ただし、保証会社の混雑状況によっては仮審査に時間がかかってしまうこともありますし、但馬銀行の口座開設型にするか口座開設不要型にするか、口座をすでに持っているか否か、店頭契約かWEB契約かなどによっても必要日数は変わってきます。

それぞれの手続きには以下のような日数がかかるため、急ぎの場合は「仮審査後、早い段階で契約手続きをすること」と「融資金振り込みサービスを希望すること」の2点を守りましょう。

手続きに必要な日数

・仮審査
申し込みの翌営業日以降に審査結果の連絡がきます。たいていは翌営業日に連絡できますが、保証会社の混雑状況に左右されるため、数日かかることもあります。

・正式申し込み、契約
「口座なし」の場合と、「口座あり」ですでに但馬銀行の口座開設をしている場合は、WEBで正式申し込みと契約が可能です。すぐに契約手続きに入ることができれば、スピーディーでしょう。

「口座あり」で口座を持っていない場合は、但馬銀行へ来店が必要になります。来店契約の場合は仮審査結果を聞いた後すぐに来店できるか否かによって、融資までの期間が変わってきます。

・振り込み融資
契約完了後、「融資金振り込みサービス」を希望すると、融資金を口座へ振込んでもらうことができます。

振り込み実施のタイミングについて但馬銀行に電話で確認したところ、「契約日当日中の振込み実施は難しいと思われます。しかし比較的早い段階で実施されます。もちろんカードが郵送される前です。詳しいスケジュールについては、審査結果連絡時にご確認ください」とのことでした。

即日ではありませんが、ローンカード受け取り前にお金を借りることができるのは嬉しいですね。

・カード受け取り
契約完了後、約1週間でローンカードが自宅に郵送されてきます。

但馬銀行は、地方銀行の中では、融資までのスピードは速いですが、即日融資に対応していません。即日融資を希望する方は「お金借りる窓口 - 即日でお金を借りたい方へ」をご覧ください。

但馬銀行カードローンの審査申し込み方法・流れ

<申込方法・契約方法が窓口以外の場合>

①仮審査申し込み(インターネット、FAX)
②仮審査開始
③仮審査結果の連絡(メール)
※この時に、契約方法(WEB完結・FAX・郵送・来店)を選択
④正式契約(来店、WEB、FAX、郵送)
⑤正式契約完了後、ローンカード発行・郵送
⑥融資金振り込みサービスを希望した場合、振り込み実施
⑦カード受け取り次第、ATMから借入開始

但馬銀行カードローンの審査申し込み方法

但馬銀行カードローンは、インターネットやFAXで申し込み手続きをすることができます。ただし、電話や但馬銀行店頭窓口での仮審査申し込みは受け付けていません。

申し込んだ後の契約方法は「店頭契約」「WEB完結契約」「FAX契約」のいずれかになります。(但馬銀行の口座を持っていない方で、「口座あり」を選択した場合は店頭契約になります)

①インターネットで「但馬銀行カードローン」の審査に申し込む

但馬銀行ホームページの、カードローンのページから申し込むことができます。

「口座なしタイプはこちら」「口座ありタイプはこちら」という赤いボタンがあるので、希望に合わせて選択しクリックしましょう。

「個人情報の取扱いに関する同意条項」に同意し、「外国PEPs」に該当しないことを確認すると、申込フォームに進むことができます。

必要事項を入力し、但馬銀行に送信しましょう。

但馬銀行の口座開設の必要がない場合は、仮審査終了後、そのままWEBで契約手続きをすることもできます。

WEB完結契約の場合は、メールアドレスにアップロード用URLが届くので、URLから本人確認書類などをアップロードして但馬銀行に提出しましょう。

在籍確認など但馬銀行での確認作業が終了すると、さらにローン契約内容等確認のURLが送付されてきます。URLから契約内容を確認し、ローンカードの暗証番号を届けると契約完了です。

但馬銀行の店頭契約になる場合は、なるべく早い段階で来店すると融資までの期間を短縮させることができます。

②FAXで「但馬銀行カードローン」の審査に申し込む

仮審査申込書に必要事項を記入し、FAXで送信し申し込むこともできます。

仮審査申込書は但馬銀行のATMコーナーに置いてあります。

ただし、ATMコーナーで受け取った申込書にその場で記入し、そのまま但馬銀行の窓口に提出するということはできません。但馬銀行の窓口では、申し込みを受け付けていないので、一度帰宅し、FAXで送信しましょう。

また、但馬銀行に電話をして申込書を郵送してもらうこともできます。送られてくるまで数日かかってしまいますが、来店が難しく、時間に余裕がある場合は電話で依頼してみるのもいいですね。

その後の契約も郵送やFAX(0796-26-3112)で行うことができます。

契約書類も、但馬銀行に依頼すると郵送してもらうことができますし、ホームページから契約書類をダウンロードすることもできます。

但馬銀行カードローンの必要書類

①本人確認書類
有効期限内で、写真付きの以下のような公的本人確認書類が1つ必要になります。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
など。

②収入印紙、印鑑
印鑑と、200円の収入印紙が必要になります。

※WEB完結契約や、契約書類をダウンロードする場合は不要。

③収入証明書類
50万円を超える融資限度額の場合、以下のような収入証明書類が1つ必要になります。

<給与所得者>
・源泉徴収票
・公的所得証明書
など

<給与所得者以外>
・確定申告書(税務署受付済)
・納税証明書(その1・その2)

但馬銀行カードローンでお金を借りる方法

但馬銀行カードローンでお金を借りる方法は、以下の3つになります。

・ATMから出金でお金を借りる
・自動融資でお金を借りる
・振り込みでお金を借りる

ただし振込みでお金を借りる場合は、契約した際の1回きりの方法となりますし、自動融資は「口座あり」を選択した場合に限ります。

カードを使ってATMからお金を借りる

但馬銀行カードローンの契約完了後、受け取ったローンカードでATMから自由にお金を引き出すことができます。

ATM借り入れの条件

ATM利用手数料 但馬銀行、イオン銀行は無料、その他は有料。
時間外手数料 有料
1日当たり引出限度額 200万円(生体認証取引)、100万円(ICチップ取引)、50万円(磁気ストライプ取引)
利用可能ATM 但馬銀行、セブン銀行、イーネット、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行

 

ATM借り入れ可能時間

▼但馬銀行
平日:7時~21時
土曜日:8時45分~20時
日曜、祝日:9時~20時
手数料無料となる時間:平日の8時45分~18時

▼セブン銀行、イーネット、ローソン銀行(手数料有料)
平日、土日、祝日:24時間
※毎月第1・第3月曜日の2時~6時は利用不可。

▼イオン銀行
平日、土日、祝日:8時~21時
手数料無料となる時間:平日の8時45分~18時

▼ゆうちょ銀行(手数料有料)
平日:8時~21時
土曜日:9時~20時
日曜、祝日:9時~19時

ATM手数料の案内
ATMサービス

自動融資で但馬銀行からお金を借りる

「口座あり」を選択した場合、但馬銀行の自動融資サービスがついてきます。

自動融資サービスがついていると、公共料金等の引き落としの際、口座が残高不足でも、自動的に融資してもらうことができるので安心です。

ただし、以下の場合は自動融資の対象外となります。

・但馬銀行からの借入金の返済
・積立定期預金や定期積金などの預金への振り替え資金

振り込みで但馬銀行からお金を借りる

契約完了後にローンカードが発行されるのですが、自宅に届くまでに1週間程度かかってしまいます。

カードでお金を借りるためには1週間待たなければなりませんね。

しかし、急ぎの場合は、契約書類の所定の欄に振り込み融資サービスを希望していることを記入すると、契約完了後必要額を振り込んでもらうことができます。

<振込融資の条件>

振込先 但馬銀行はもちろん、他行の口座も可能(本人名義の口座であること)
振込限度額 契約金額の範囲内
振込タイミング 契約完了後、ローンカード到着前まで
振込回数 初回の1回のみ
手数料 無料(他行の口座への振込みも無料)

 

但馬銀行カードローンの返済方法

約定返済方法は、「口座ありタイプ」か「口座なしタイプ」かによって変わってきます。
任意返済は「口座あり」も「口座なし」もATMから行うことができます。

口座なしタイプの返済方法

但馬銀行の口座がないので、返済はATMから自分で入金していくことになります。

毎月、残高に応じた返済額を確認し、前回返済した日の翌日から数えて35日以内に入金していきましょう。

35日以内であれば、前倒しで返済していくことは可能ですが、前倒しにすると次回返済日も早まってしまうため、今後の返済のことも考えたうえで返済日を調整していくことが大切です。

<返済条件>

返済期日 ①初回返済・・・初回借り入れ日の翌日から35日以内
②2回目以降の返済・・・前回返済日の翌日から35日以内
約定返済 前回返済日の貸越残高に応じて決定した金額以上を1度に入金
任意返済 前回返済日の貸越残高に応じて決定した金額に満たない金額、もしくは約定返済額を超える金額を入金

※約定返済をする際は、1度の操作で返済額以上の入金をしないと任意返済とみなされてしまい、約定返済が延滞となってしまうため、注意が必要です。

口座ありタイプの返済方法

「口座あり」を選択した場合は、但馬銀行の口座が返済用となるため、毎月口座に必要額を入金しておくと自動的に引き落としてもらうことができます。

<返済条件>
入金可能時間:期日の前日まで
返済期日:毎月10日(休業日の場合は翌営業日)
返済用口座:但馬銀行の普通預金口座

ATMや但馬銀行窓口から任意返済

「口座なし」も「口座あり」も、ATMから任意返済をして行くことができますので、約定返済をしてもさらに余裕があるときに利用するといいでしょう。

ただし「口座あり」の場合、ATMからの任意返済は元金に充てられます。貸越利息の返済はできません。

ATM返済の条件

ATM利用手数料、ATM時間外利用手数料 無料
硬貨の取扱い 不可
利用可能ATM 但馬銀行、セブン銀行、イーネット、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行
ATM利用可能時間 借り入れ時のATM利用時間と同じ。(ゆうちょ銀行は、平日:8時~19時、土日祝日:9時~17時)

 

但馬銀行カードローンの約定返済額

「口座なし」も「口座あり」も、前回の約定返済日の貸越残高に応じて返済額が決定します。

前回の約定返済日の貸越残高 約定返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
以降、貸越残高が100万円増えるたびに 返済額1万円増加
900万円超 110,000円

※利用残高が2,000円未満の場合は、残高の1,000円未満を切り捨てた1,000円単位の金額を返済。(口座なしタイプ)
※約定返済額に満たない(超える)入金は任意返済とみなされます。(口座なしタイプ)※利用残高が返済額に満たない場合は、全額引き落としになります。(口座ありタイプ)

但馬銀行カードローンでお金を借りるメリット・デメリット

<但馬銀行カードローンでお金借りるメリット>
・口座あり、口座なしの選択可能。
・専業主婦も申込可能。
・カード受け取り前の振込み融資可能。他行口座へも手数料無料で振り込み可能。
・「口座あり」の場合は自動融資サービスあり。
・約定返済額100円につき、Tポイント1ポイント貯めていくことができる。

<但馬銀行カードローンでお金借りるデメリット>
・利用可能地域は但馬銀行の営業エリア内(兵庫県、大阪府、京都府)に限定。
・借入時、時間外のATM手数料が必要。
・カードローンの場合は「たんぎんATM手数料 365日無料サービス」の対象外。

但馬銀行 その他のカードローン

但馬銀行では、通常のカードローンの他に、以下のようなカードローンも用意しています。

・セカンドライフ応援カードローン(満60歳以上を対象としたカードローン)
・教育ローン カードローンタイプ(教育資金の借入を対象としたカードローン)

セカンドライフ応援カードローンでお金を借りる

満60歳以上の方を対象としたカードローンになります。年金の受取口座を但馬銀行にすることで、74歳までの借入が可能となるため、年齢により他から借りることができない方でも安心ですね。

ただし、WEB完結契約はできません。申込は、但馬銀行店頭かFAXからのみとなりますし、その後正式申し込みのために来店が必須となります。

金利(変動金利) 年9.8%(保証料込)
利用限度額 10万円以上100万円以内
申込資格 ・満60歳以上満74歳以下の方。
・但馬銀行で公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)を受給している方、年金受け取り口座を但馬銀行に変更できる方。
・保証会社の保証が受けられる方。
・年金担保融資を受けていない方。
資金使途 自由(事業性資金は除く)
融資期間 原則1年ごとに再審査の上、自動更新
返済方法 毎月15日(休日の場合は前営業日)に口座から自動引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 (株)ジャックス
入会金・年会費 無料
審査スピード 仮審査結果は最短で翌営業日に連絡。約1週間程度で融資可能。
口座開設 必要
公式サイト こちら

 

年金受給に関する書類が必要

年金を担保とするわけではないのですが、年金を受給していることが確認できないと融資してもらうことができないローンとなります。

そのため、本人確認書類の他に、以下のような年金を受給していることを証明できる書類の提出が必要になります。

また、年金受取口座も但馬銀行の口座にする必要があります。

・年金振込通知書
・年金送金通知書
・年金額改定通知書
・年金受取口座の預金通帳

教育ローン カードタイプ(たんぎん教育カードローン)でお金を借りる

但馬銀行の教育ローンには、一括借入タイプとカードローンタイプが用意されています。

カードローンタイプだと、必要に応じてATMから自由にお金を引き出すことができるので便利です。

また、但馬銀行に電話で確認したところ、教育ローンと通常のカードローンの併用が可能だそうです。

「教育資金や生活資金諸々でお金を借りたい」という場合も、教育に関する費用は教育ローンから、その他の資金はカードローンから、と言う形で使い分けることができるのです。

たんぎん教育カードローンの方が低金利になるため、まとめて通常のカードローンを利用するよりもお得ですね。

金利(変動金利) 年4.2%~6.8%(保証料込)
利用限度額 50万円~500万円(前年度税込み年収の50%以内)
申込資格 ・満20歳以上65歳未満の安定した収入がある方。
・勤続・営業年数が2年以上の方。
・保証会社の保証が受けられる方。
資金使途 子の大学、大学院、短期大学、専門学校への入学や在学のための費用。(学費、生活費など)
融資期間 4年9カ月以内(医学部など6年制の場合は、6年9カ月以内)
※4年制の大学から大学院へ進学、短大から4年制大学へ編入する場合、留年・留学で就業期間が延びる場合は2年間延長可能(最長6年9カ月)
返済方法 毎月2日(休日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 (株)ジャックス
入会金・年会費 無料
審査スピード 仮審査は申し込みの翌営業日以降に連絡。
口座開設 必要
公式サイト こちら

 

たんぎん教育カードローンは低金利

年4.2%~6.8%と低金利の教育ローンですが、さらに以下のような取引がある場合は金利が引き下げとなります。(最大年2.6%引き下げ。最下限金利年4.2%)

▼住宅ローンの利用:年1.2%引き下げ
▼給与振り込み:年1.2%引き下げ
▼以下のうち3項目以上の取引:年0.9%引き下げ
・バンクカードVisa
・カードローン
・インターネットバンキング
・公共料金の口座振替(2項目以上)
・家族口座
・子育て応援パスポート所持
▼WEBから申し込み:年0.5%引き下げ

在学中の返済負担軽減

融資期間中は、利用限度額の範囲内であればカードでATMから何度でも出金することができます。(融資期間は、入学の9カ月前~卒業予定年月の末日までの期間を指します)

融資期間中であれば利息の支払いのみなので、返済負担も軽減させることができますね。

卒業予定年月の末日後、元金の返済が開始されることになります。


このページの先頭へ