沖縄銀行でお金を借りる【チェキット・カトレアカードローン】

沖縄銀行(おきぎん)は、沖縄県那覇市に本店を構える地方銀行に該当します。

戦後初の銀行「沖縄中央銀行」として始まり、沖縄県の発展に大きく貢献してきました。

今回は、その沖縄銀行の扱うカードローン3種類を取り上げて、商品の特徴や審査申込方法、お金を借りる方法、返済方法を紹介します。

沖縄銀行のカードローン以外のローン商品の特徴も紹介するため、自分に合うローン選びのヒントとして、有効に活用下さい。


<メニュー>

沖縄銀行のカードローン3種類

沖縄銀行のカードローンは「カードローン チェキット」「カトレアカードローン」「カトレアカードローンセレクト」の3種類です。各商品の基本情報と特徴、利用条件について、以下で詳しく解説します。

カードローン チェキット 基本情報

沖縄銀行「カードローン チェキット」は、沖縄銀行と取引のない人でも契約できる商品です。

「いつでも、どこでも、スピーディー」をコンセプトに掲げるだけあって、来店不要で契約が可能。仮審査の申込は、PC・スマホ経由で行えます。

限度額 10万円以上200万円以内
貸付利率 年14.6%
担保・保証人 不要
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
返済方法 ATM・店頭入金タイプもしくは口座振替タイプ
公式HP こちら

 

沖縄銀行「カードローン チェキット」の利用条件は、以下3点です。「沖縄県在住」という点にだけ注意すれば、難しい条件ではなく、幅広い層の人がお金を借りられます。

・ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の県内在住の方(転勤等による県外赴任者を含む)
・安定した収入のある県内在住の方
・保証会社の保証が受けられる県内在住の方

引用: https://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/kariru/checkit.html

カトレアカードローン 基本情報

沖縄銀行「カトレアカードローン」は、勤続年数や年収の基準が適用される優遇タイプのカードローンです。

以下の基準を満たす人であれば、カードローンチェキットよりも低金利で借入できます。

1.申込時20歳以上で完済時65歳以下の県内在住の方
2.勤続(営業)年数1年以上の県内在住の方
3.年収150万円以上の県内在住の方
4.おきぎん保証(株)の保証が受けられる県内在住の方
※県内在住で転勤等により一時的な県外赴任者も含む

引用: https://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/kariru/cattleya.html

限度額 10万円~300万円の7コースより決定
貸付利率 年9.8%
担保・保証人 不要
保証会社 おきぎん保証株式会社
返済方法 毎月7日に返済用口座から自動引落し
公式HP こちら

 

カトレアカードローンセレクト 基本情報

沖縄銀行「カトレアカードローンセレクト」は、沖縄銀行で住宅ローン契約のある人を対象とする商品です。

カトレアカードローンと同時利用はできないため、どちらかを選択し、申込を行います。その他の利用条件は、次のものです。

1.当行で住宅ローンのお借入のある方。
2.申込時20歳以上で完済時65歳以下の県内在住の方。
3.勤続(営業)年数1年以上の県内在住の方。
4.年収150万円以上の県内在住の方。
5.直近1年間において(月越え)延滞がない方
6.おきぎん保証(株)の保証が受けられる県内在住の方。

引用:https://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/kariru/cattleya_select.html

限度額 10万円~300万円の7コースより決定
貸付利率 年3.9%
担保・保証人 不要
保証会社 おきぎん保証株式会社
返済方法 毎月7日に返済用口座から自動引落し
公式HP こちら

 

沖縄銀行のカードローンは即日融資を受けられる?

沖縄銀行のカードローンは即日融資を受けることができません。手続きに必要な日数に関して、沖縄銀行に電話による問い合わせを行い、聞いた情報をQ&A形式で紹介します。

Q. チェキットの審査結果は、最短でいつ分かりますか?
最短当日の回答が可能です。審査窓口の状況によってはもう少し時間がかかることもあるので、一概には言えないのですが…

Q. 最短即日で審査結果が出るということですが、即日融資はできますか?
審査結果が出た後に必要書類や契約書など、郵送頂く書類がございまして、そちらが届いてからローンカードを発送します。カードが届いてから利用開始となるので、即日融資は難しいです。

Q. では、申込から借入までは、1週間程度でしょうか。
もう少し必要かと思います。2週間から3週間かかるケースも多いです。

これは、チェキットのページに記載されたフリーダイヤル(0120-733-861)に電話をかけ、聞いた内容です。この番号ではカトレアカードローンに関する問い合わせには回答できないといった話しでした。

そこで、ローンFPステーション那覇に電話をかけて、カトレアカードローンの手続きにかかる期間を聞いたところ、以下のような回答でした。

「申込から審査結果が出るまでに1週間程度必要です。この後に支店に来て頂き、契約手続きを行います。手続きが終わると、その日のうちにローンカードの発行し、ご融資が可能です。」

まとめると、各商品の融資を受けるまでには、最短で以下の期間が必要です。

カードローン チェキット:2週間から3週間
カトレアカードローン:1週間から10日

いずれのカードローンも対応が早いとは言えないため、お金が必要なタイミングから逆算し、余裕を持って手続きしましょう。

急いでお金を借りたい方は「お金借りる窓口」をご覧ください。即日融資可能なカードローンを比較できます。

沖縄銀行のカードローン 審査申込から融資までの流れ

ここからは、多くの人が検討する、沖縄銀行「カードローン チェキット」「カトレアカードローン」の2種類に絞り、より詳しい内容を紹介します。

審査申込から融資までの流れを知り、スムーズな手続きを行いましょう。

カードローン チェキットの審査申込手順

沖縄銀行カードローン チェキットの申込方法は、次の表の5種類です。電話を選択した場合のみ対応時間が限定されてしまうため、ご注意下さい。

審査申込方法 対応時間 詳細
PC・スマホ 24時間365日 インターネット上の申込フォームを通じ、情報送信を行います。最低限の内容を記入し、残りを電話の黄体で申込する方法・全ての情報をフォームに入力する方法の2パターンが可能です。
携帯電話
(スマホ以外)
24時間365日 ガラケーを使用し、申込する方法です。QRコードから入力フォームにアクセスし、情報送信を行います。
電話 【平日】
8:00~20:00
【土・日・祝】
9:00~20:00
フリーダイヤルに電話をかけ、受け答えで申込する方法です。分からない内容を質問しながら申込したい人におすすめできます。
郵送 24時間365日 ATMコーナー設置のリーフレット裏面「仮審査申請書」を郵送もしくはFAXする方法です。
FAX 24時間365日

 

申込後の流れは、次のように進みます。どの方法を選択した場合にも大枠は同様であるため、大まかな流れを掴んで下さい。

1. 沖縄銀行から電話によって審査結果の通知を受ける。
2. 契約書類の郵送を待ち、必要書類と一緒に沖縄銀行へ返送を行う。
3. 沖縄銀行に到着し、内容を確認次第、ローンカードが発送される。
4. ローンカードを使用し、キャッシングを行う。

カードローン チェキットの必要書類

全ての人が必要な書類は、本人確認資料です。運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書を用意し、申込を行いましょう。

希望する限度額によっては、所得証明書の提出が必要です。審査結果の連絡を受ける際に用意する書類の詳細の案内がなされるため、沖縄銀行に指定されたものを準備します。

カトレアカードローンの審査申込手順

沖縄銀行のカトレアカードローンの審査申込は、おきぎんアプリもしくはインターネットから行います。

審査申込後の流れは、以下の通りで、WEB完結手続きに対応するカードローンではないため、沖縄銀行店頭窓口に行き、契約手続きが必要です。

1. 申込から1週間以内に電話による審査結果の通知を受ける。
2. 沖縄銀行に指定された書類を持参し、取引支店を訪問する。
3. 沖縄銀行店頭で、契約手続きとカード発行を行う。
4. 受け取ったローンカードを使用し、キャッシングを行う。

カトレアカードローンの必要書類

沖縄銀行「カトレアカードローン」の契約を行うためには、次の書類が必要です。

本人確認書類は、おきぎんアプリ経由の提出が便利。アプリを立ち上げ、スマホのカメラで撮影し、オンライン提出することができます。

1.本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
2.所得確認書類(源泉徴収票、所得証明書など)
※但し、申込金額50万円以下の場合は不要となります。
3.預金の届出印鑑、預金通帳

引用:https://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/kariru/cattleya.html

在籍確認は省略できる?

沖縄銀行「カトレアカードローン」も「チェキット」も、在籍確認が行われます。

各商品の相談窓口に電話し、確認を行いましたが「勤務先へ電話します(在籍確認の省略はできません)」といった回答でした。

電話を行う際に、担当者の個人名を使用する・ローンに関する内容と本人以外に伝えることはないといった最低限の配慮は行うため、過剰な心配は不要です。

沖縄銀行と末永く、良好なおつきあいを行うためにも、誠実な対応をおすすめします。

どうしても在籍確認の電話を避けたい方は以下をご覧ください。

沖縄銀行のカードローンでお金を借りる方法

沖縄銀行「カードローン チェキット」と「カトレアカードローン」でお金を借りる方法は、ATMからのキャッシングです。

発行されたローンカードを持参して、所定のATMまで出向き、キャッシングを行う方法です。

以下では、沖縄銀行カードローンが利用できるATMの種類と取引可能時間、手数料に関して、詳しい内容を紹介します。

沖縄銀行カードローンで借り入れ可能なATM

沖縄銀行カードローンでキャッシングできるATMは、次のものです。沖縄銀行ATM以外にも、全国の提携金融機関のATMを利用できます。

沖縄銀行・JAおきなわ・ローソンATM・E-net・セブン銀行・ゆうちょ銀行・その他、全国の地方銀行や都市銀行

沖縄銀行ATMの場所は、以下のページで検索できます。カードローンの利用開始に合わせて、最寄りのATMを調べておくと良いでしょう。

沖縄銀行 店舗・ATM・外貨両替機検索

沖縄銀行ATM・JAおきなわATMの取引可能時間・手数料

沖縄銀行もしくはJAおきなわATMから所定の時間帯に借入を行うと、手数料無料で借入できます。時間帯と手数料の詳細は、次の表を参照下さい。

◎沖縄銀行ATM

平日 7:00~18:00 無料
18:00~22:00 110円
土曜日 8:00~22:00 110円
日曜日・祝日 8:00~22:00 110円

 
 

◎JAおきなわATM

平日 8:00~18:00 無料
18:00~22:00 110円
土曜日 8:00~22:00 110円
日曜日・祝日 8:00~22:00 110円

 
他の金融機関のATMを活用すると、110円もしくは220円の手数料が発生します。

1回あたりのコストは少額でも、積み重なると大きな出費になるもの。できるだけコストをかけず、計画的な借入を行うことが大切です。

沖縄銀行のカードローン 返済方法

次に「カードローン チェキット」「カトレアカードローン」の返済方法を紹介します。商品によって返済額の計算方法が異なるため、詳細を確認下さい。

カードローン チェキットの返済方法

沖縄銀行「カードローンチェキット」の返済方法は、以下2種類です。いずれのタイプを選択した場合にも、約定返済以外に追加で支払う随時返済を行えます。

ATM・店頭入金タイプ 沖縄銀行のATMもしくは店頭で毎月26日から翌月7日までに支払いを行う。
口座振替タイプ(自動引落し) 利用残高に応じた金額が毎月7日に引落しされるため、自分で入金する必要はありません。

 
約定返済額(毎月の返済額)の計算は、次の表に従います。最低返済額は2,000円と良心的な水準であるため、コツコツ返済したい人と相性の良い商品です。

前月25日の利用残高 返済額
2,000円未満 前月25日の利用残高
2,000円以上10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 5,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超70万円以下 14,000円
70万円超100万円以下 15,000円
100万円超200万円以下 30,000円

 

カトレアカードローンの返済方法

沖縄銀行「カトレアカードローン」の返済は、自動引落しの一択です。次の表に従って計算された金額が毎月7日に自動的に引落しされ、返済を行います。

貸越残高 返済額
30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 40,000円

 

沖縄銀行カードローン チェキットと比較して、最小返済額の設定が高いため、よりしっかりとした返済計画を要求されます。

残高不足で引落しができないと返済遅延扱いになり、余計なお金を支払わなくてはなりません。定期的に残高の確認を行い、十分な資金管理を行いましょう。

沖縄銀行のカードローンでお金を借りるメリットは?

沖縄県から契約できるカードローンは、沖縄銀行の商品以外にも多くあります。

あえて沖縄銀行を選択し、お金を借りるメリットはあるのでしょうか。ここでは、他の金融機関と比較した場合の「カードローン チェキット」「カトレアカードローン」でお金を借りるメリットを紹介します。

カードローン チェキットは最短即日で審査結果を回答できる

上で紹介した通り、沖縄銀行「カードローン チェキット」は最短即日の審査結果回答も期待できる商品です。

一般的な銀行のカードローンは、審査結果回答までに早くて2~3営業日といったところ。

この点を考慮すると、カードローン チェキットの審査スピードは、優秀な水準です。

審査結果を待つ期間は、心理的なストレスを感じるもの。「即日融資は難しいにしても、できるだけ早く結果を知りたい」といった人と相性の良い商品と言えるでしょう。

カトレアカードローンは年10%以下の低金利

沖縄銀行「カトレアカードローン」の大きな魅力は、年9.8%という低金利でお金を借りられる点です。

勤続年数1年・年収150万円と、それほど高いボーダーラインでない割には、条件の良いカードローンと言えるでしょう。

一般的なカードローンの貸付利率は、審査によって決定される限度額に応じ、異なる水準が適用されます。

沖縄銀行「カトレアカードローン」の場合は一律条件と、分かりやすく、良心的な商品設計。想定以上に高い利率が適用され、他の会社を検討し直す失敗が怒りません。

カトレアカードローンはアプリ経由の申込が可能

沖縄銀行「カトレアカードローン」は、おきぎんピープルズアプリ経由の申込に対応できます。

本人確認書類の提出もアプリ経由で行えば、FAXを送信するためにコンビニに行ったり店舗に持参したりする必要がなく、とても手軽。

アプリ内の機能を活用し、最寄り支店やATMを検索したり商品情報を確認したりすることもできます。

アプリのダウンロードは、こちらのURLから可能です。申込前にインストロールを行い、便利な機能の数々を有効に活用しましょう。

沖縄銀行のカードローンでお金を借りるデメリットは?

沖縄銀行に限ったことではなく、どれほど優秀な金融機関のカードローンにも、不便な点は存在します。

沖縄銀行のカードローンに申込を行う前に知っておきたい注意点やお金を借りるデメリットは、以下3点です。

カードローン チェキットは高額融資に不向きな商品

沖縄銀行「カードローン チェキット」は、限度額に関わらず、年14.6%の貸付利率が適用されます。

前述のように、一般的な銀行のカードローンの多くは、限度額に応じて貸付利率が変動するシステム。

高額融資を希望するにも関わらずカードローン チェキットを選択すると、不利な利率が適用されて、損してしまうことがあります。

たとえば、限度額100万円から200万円が許可された場合の貸付利率をまとめたものが次の表です。

沖縄銀行「カードローン チェキット」より低金利で借入できる商品がこれほどたくさん見つかりました。

カードローン 貸付利率
みずほ銀行カードローン 年11.5%~年12.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~年14.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック 年10.6%~年13.6%
楽天銀行スーパーローン 年9.6%~年14.5%
イオン銀行カードローン(※) 年8.80%~年13.8%

※イオン銀行の貸付利率は、限度額100万円~190万円の場合の数字です。

つまり、100万円以上の限度額を希望する人は、カードローン チェキット以外を検討した方が有利です。

たくさんのお金を借りるほど貸付利率の差による返済額の違いも大きくなるため、少しでも低金利で借入できるカードローンを選択しましょう。

カトレアカードローンの契約には来店が必要

沖縄銀行「カトレアカードローン」の正式申込、契約手続きを行うためには、最寄りの店舗へ行くことが条件です。

沖縄銀行の営業時間に訪問することが難しい人には、不便な商品と言わざるをえません。

また、沖縄銀行店舗を訪問する際に友人や知人、家族に遭遇し、ローンの利用を知られてしまうリスクもあります。

周囲に内緒の借入を考える人こそ、本当に沖縄銀行「カトレアカードローン」が望ましい選択であるかを今一度検討しましょう。

沖縄県外に引っ越しするとカードローンを維持できない

カードローンチェキット、カトレアカードローンのいずれも、沖縄県内に居住する人を対象とした商品です。

県外へ転勤するとカードローンを維持できず、解約を余儀なくされます。

メガバンクやネット銀行であれば、全国どこでも利用可能。引越しを行う度に新しいカードローンを検討する必要がなく、転勤が多い人におすすめです。

ただし、カトレアカードローンの場合は「貸付利率が低い」といったメリットが存在するため、沖縄にいる期間限定でも利用する価値はあります。

転居に伴うリスクを理解したうえ、申込を行うことも一案です。

沖縄銀行のカードローン以外の無担保ローン一覧

最後に、沖縄銀行の扱うカードローン以外の無担保ローン商品を紹介します。カードローンより低い利率で借入できる商品も存在するため、目的に応じたローン選びを行いましょう。

おきぎん 給振ローン

沖縄銀行の口座を給与振込に使用する人対象のフリーローン。勤続年数・年収基準をクリアすることができれば、魅力的な条件で借入できます。

融資額 10万円以上200万円以内
貸付利率 年6.3%。左記からさらに、取引内容に応じ、最大2%の金利優遇。
融資期間 6か月以上7年以内
担保・保証人 不要
保証会社 おきぎん保証株式会社
年齢条件 申込時に満20歳以上で完済時70歳未満の人。
勤続年数 1年以上
収入条件 年収150万円以上
公式HP こちら

 

おきぎん 財形ローン

おきぎん 財形ローンは、使途自由・幅広い用途に利用できる沖縄銀行のフリーローン。

沖縄県に赴任し、居住する人であれば、地元民以外の人の契約も可能です。沖縄銀行に口座を持つ人が対象の商品であるため、口座開設を行うことなく、契約することがはできません。

金利や、借入限度額、保証会社等は、おきぎん 給振ローンと同じです。

おきぎん 教育ローン

おきぎん 教育ローンは、子供の教育資金を借入できるローンです。利用条件は、次の通りで、子供の保護者はもちろん、働きながら学校へ行く勤労学生も借入できます。

1.大学、短大、専修・専門学校、塾・予備校等の各種学校に入学・在学・研修等を受ける子弟の保護者、又は本人(勤労学生)※各種学校には私立中学・高校も含みます。
2.申込時満20才以上で完済時満70歳以下の県内在住の方
3.年収が150万円以上の県内在住の方
4.おきぎん保証㈱の保証が受けられる県内在住の方
※県内在住で転勤等により一時的な県外赴任者も含む

引用:https://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/kariru/kyoiku.html

沖縄銀行の教育ローンには、2種類の優遇利率制度があります。

1つ目は、沖縄銀行に子供の口座を作ること。預金口座がある子供の教育資金の借入は、年0.5%の優遇利率が適用されます。

2つ目は、母子・父子家庭もしくは離島在住社に対するもの。条件に該当する人は、年0.3%の優遇利率の対象です。

融資額 10万円以上500万円以内
貸付利率 固定金利 年3.0%~3.8% / 変動金利年2.0%~2.8%
融資期間 15年以内・母子・父子家庭の人、離島在住者は18年以内
担保・保証人 不要
保証会社 おきぎん保証株式会社
年齢条件 申込時に満20歳以上で完済時70歳未満の人。
勤続年数 1年以上
収入条件 年収150万円以上
公式HP こちら

 

おきぎん マイカーローン

おきぎん マイカーローンは、自動車やバイク、カー用品の購入費用に活用できるローンです。

他社マイカーローンの借換にも利用できます。原則的には勤続年数1年以上の人を対象とした商品であるものの、就職内定者は特例扱い。

6ヶ月以内に就職が決まっている新卒者は、マイカーローンで借入できます。

融資額 10万円以上500万円以内。就職内定者は150万円以内。
貸付利率 年1.9%~3.7%
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 不要
保証会社 おきぎん保証株式会社
年齢条件 申込時に満20歳以上で完済時70歳未満の人。
勤続年数 原則1年以上。入社1年未満の新社会人・6ヶ月以内に就職する内定者は借入可能。
公式HP こちら

 

ここで紹介した商品は、沖縄銀行の扱うローンのごく一部です。

その他に、沖縄銀行には、資格・カルチャーローンやトラベルローン、ブライダルローン、メモリアルローン、軍用地ローンなど、種類豊富な商品が存在します。

ローン選びに迷う場合は、沖縄銀行支店もしくはローンFPステーションに連絡し、対面相談を行いましょう。

お金を借りることを恥ずかしい行為とは考えず、前向きな相談を行うことが大切です。


このページの先頭へ