碧海信用金庫でお金を借りる!へきしんカードローン【きゃっする・wallet】

愛知県の信用金庫、「碧海信用金庫」では、以下のような複数のカードローンを提供しています。

・へきしんカードローン「きゃっする」
・WEB完結ローン(カードローン「きゃっする」)
・へきしんカードローン「wallet」
・WEB完結ローン(カードローン「wallet」)
・カードローン「へきしんセレクト」
・教育カードローン

たくさんあるので、どのカードローンを選んでいいのか悩んでしまいそうですね。

しかし、「へきしんセレクト」はすでに碧海信用金庫と住宅ローンなどの取引がある方が対象となるため、新規で口座開設から始める方は対象外となってしまいますし、教育カードローンは教育資金のためのローンとなります。

WEB完結ローンは、「きゃっする」と「wallet」それぞれの内容と同じになっていて、WEBで完結するか、碧海信用金庫へ来店するかの違いがあるだけです。(カードローン「きゃっする」「wallet」:来店契約、WEB完結ローン:WEB契約)

このように振り分けると、誰でも気軽に借りられる資金使途が自由なカードローンは、「きゃっする」と「wallet」の2種類となります。

ここでは、碧海信用金庫「へきしんカードローン きゃっする(WEB完結型・来店型)」と「へきしんカードローン wallet(WEB完結型・来店型)」の金利、限度額、申し込み方法、借り入れ方法、返済方法、お金を借りるメリット・デメリットなどを詳しく解説します。


碧海信用金庫の2種類のカードローンの特徴

へきしんカードローン「wallet」

碧海信用金庫の普通預金口座に利用枠をセットするタイプのカードローンとなります。

碧海信用金庫のキャッシュカードで普通預金口座から出金し、足りない分だけが貸越となる仕組みのカードローンのため、口座残高を残したまま借り入れはできませんが、キャッシュカードさえあれば口座から出金するのと同じ感覚で自由にお金を借りることができます。(ローンカードの発行なし)

返済もお金が用意できた時に随時行うだけでいいので、返済期日に追われる心配もありません。

公共料金等の引き落とし時に残高不足の場合も、自動的に融資してくれる自動融資機能がついているので安心です。

※WEB完結ローン(カードローン「wallet」)は、既に碧海信用金庫で総合口座(普通預金)を持っている方が対象となります。

金利(固定金利) 年12.4%(保証料込)※年9.8%(優遇金利)
利用限度額 10万円~100万円(パート、アルバイト、主婦は50万円まで)
申込資格 ・満20歳以上満65歳未満の方で、安定した収入がある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
・自宅住所や勤務先が碧海信用金庫の営業地区内である方。
※パート、アルバイト、専業主婦も可
資金使途 自由(事業性資金は不可)
利用期間 3年間(3年ごとの自動更新。70歳を超えると更新不可)
借入方法 ・ATMから出金
・自動融資機能で借入
返済方法 ・貸越分については随時返済
・利息は3月と9月に総合口座から自動引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 (一社)しんきん保証基金
入会金・年会費 無料
審査スピード 仮審査も本審査も、たいてい1日程度で終了
碧海信用金庫の口座開設 必要
公式サイト こちら

 

へきしんカードローン「きゃっする」

へきしんカードローン「きゃっする」は、必要に応じてATMから自由に借り入れし、毎月約定返済がある一般的なカードローンになります。

普通預金口座の残高はそのままにして、借り入れだけしたいという場合はこちらの方が便利でしょう。

※WEB完結ローン(カードローン「きゃっする」)は、既に碧海信用金庫で総合口座(普通預金)を持っている方が対象となります。

金利(固定金利) 年3.0%~13.5%(保証料込)
利用限度額 0円~800万円(50万円~500万円コース・510万円~800万円コース・専業主婦上限50万円コースから選択可能)
申込資格 ・満20歳以上満65歳以下の、安定した収入がある方。
・専業主婦の場合は、満20歳以上満69歳以下の配偶者に安定した収入があること。
・住所、勤務先が碧海信用金庫の営業区域内にある個人の方。
・保証会社の保証が受けられる方。
※年金収入のみの方は不可
資金使途 自由(事業性資金は不可)
借入方法 ATMから出金
返済方法 毎月10日(休日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落とし。
ATMから随時返済も可。
担保・保証人 不要
保証会社 信金ギャランティ(株)
入会金・年会費 無料
審査スピード 仮審査も本審査も、たいてい1日程度で終了
碧海信用金庫の口座開設 必要
公式サイト こちら

 

碧海信用金庫カードローン「wallet」と「きゃっする」の金利比較

へきしんカードローン「wallet」の金利

<適用金利>
WEB完結型も来店型も、へきしんカードローン「wallet」の基本的な適用金利は、年12.4%となります。

ただし、以下のような取引がある場合は金利が優遇されます。

<優遇金利>
以下のいずれかに該当する場合は、年9.8%が適用されます。(WEB完結ローンは対象外)

・碧海信用金庫の(一社)しんきん保証基金保証付のローン契約者、契約予定の方、もしくは完済後3カ月以内の方。
・碧海信用金庫の住宅ローン契約者、契約予定の方、もしくは完済後3カ月以内の方。
・碧海信用金庫で給与振込をしている方。
・碧海信用金庫で職域サポート制度加入事業所の従業員の方。

へきしんカードローン「きゃっする」の金利

へきしんカードローン「きゃっする」は、契約極度額に応じて、以下のように金利が設定去れます。

契約極度額 金利
50万円 年13.5%
60万円~100万円 年12.0%
110万円~200万円 年10.5%
210万円~300万円 年9.0%
310万円~500万円 年6.5%
510万円~700万円 年4.5%
710万円~800万円 年3.0%

 

碧海信用金庫カードローンの契約は口座開設が必須

碧海信用金庫カードローン「wallet」も「きゃっする」も、口座開設が必要になります。

どちらも口座を持っていなくても仮申し込みはできますが、返済用口座が碧海信用金庫の普通預金口座となるため、本申し込み時までには開設手続きをしなければならないのです。

仮申し込み時に口座を持っている方は、来店不要のWEB完結ローンの申し込みができます。申込から契約まで全てWEB上で完結するので便利ですね。

もし、碧海信用金庫の口座を持っていないけれど来店が難しいという場合は、郵送やスマホアプリなどでも口座開設ができるので、先にネットで口座開設をしてしまえば、その後WEB完結ローンを申し込み、最初から最後まで来店せずに手続きを完結させることもできます。

<口座開設の条件>

口座開設期限:本申し込み時まで(申し込みと同時の口座開設も可)
利用可能な口座:碧海信用金庫の普通預金口座(スマイルネット支店の普通預金口座も可)
口座開設の方法:店頭窓口、郵送、スマホアプリ

碧海信用金庫の口座開設について

碧海信用金庫の店頭窓口で口座開設

本人確認書類と印鑑を持参すると、碧海信用金庫の店頭窓口で口座開設をすることができます。

口座を持っていない方がカードローンの申し込みをする場合は、本申し込み時に必ず碧海信用金庫に来店しなければならないので、その時に同時に窓口で口座開設をしてしまうといいでしょう。

運転免許証など、写真付きの本人確認書類を提出できると、キャッシュカードはその場で即日発行してもらえるのでスピーディーです。

郵送・スマホアプリで口座開設

碧海信用金庫のインターネット支店「スマイルネット支店」の口座であれば、郵送やスマホアプリで開設することができます。

碧海信用金庫の店頭窓口で開設手続きをするよりも時間はかかってしまいますが、来店する必要がないので便利です。時間に余裕がある方にお勧めです。

※スマイルネット支店の口座が、カードローンの返済用口座として利用できるのか、スマイルネット支店に確認したところ、「wallet」も「きゃっする」も可能だとのことでした。

<郵送・アプリで口座開設の条件>

申込資格 ・18歳以上の、収入のある方。
・碧海信用金庫の営業地域に住んでいる方。
・日本国発行の運転免許証を持っている方。(スマホアプリで開設の場合)
・運転免許証の他にもう1種類の本人確認書類(個人番号カード、住民基本台帳カード、健康保険被保険者証、パスポート、住民票)が提出できる方。(郵送で開設の場合)
開設口座 碧海信用金庫のスマイルネット支店専用普通預金口座
取扱い店舗 スマイルネット支店
利用可能時間 24時間
通帳発行 なし
キャッシュカードの発行 あり
キャッシュカード受け取り方法 本人限定受取郵便
カード受け取りまでの日数 口座開設申し込みしてから10日程度(アプリの場合)
必要書類が碧海信用金庫に到着してから10日程度(郵送の場合)
スマイルネット支店 口座開設詳細 こちら

 

碧海信用金庫カードローンの審査時間は?即日融資は可能?

碧海信用金庫カードローン「wallet」も「きゃっする」も即日融資はできません。

審査に必要な時間について、碧海信用金庫に確認したところ、どちらのローンも審査そのものは1日~2日程度で終了するとのことでした。

ただし、碧海信用金庫の口座を持っていない場合は、仮審査の結果が出た後、本申し込みのために来店しなければなりません。

さらに「きゃっする」の場合は契約完了後郵送されてくるローンカードを受け取らないと借り入れを開始できないそうです。

そのため、口座を持っているか否か、「wallet」か「きゃっする」か、すぐに来店できるか否かなどによって、申し込みから融資までの必要日数は変動してくるのです。

ここでは、最短の場合の日数についてご紹介します。

▼「wallet」口座なし・来店契約の場合:すぐに来店できれば1週間程度での融資も可能。
▼「wallet」口座あり・WEB契約の場合:4営業日~5営業日程度での融資も可能。
▼「きゃっする」口座なし・来店契約の場合:すぐに来店できれば2週間~3週間程度での融資も可能。
▼「きゃっする」口座あり・WEB契約の場合:10日~2週間程度での融資も可能。

※即日でお金を借りたい方、急いでお金を借りる必要がある方は「お金借りる窓口」をご覧ください。

碧海信用金庫カードローンの手続きに必要な日数

・仮申込、仮審査(「wallet」「きゃっする」共通)
インターネットから仮申し込みができます。仮申し込み後1営業日~2営業日程度で仮審査が完了し、連絡が来ます。(審査状況などによっては数日かかることもあります)

・本申込、本審査、契約(「wallet」「きゃっする」共通)
仮審査の後、碧海信用金庫の口座がない場合は、来店して本申し込みと口座開設、契約書類の作成をする必要があります。すぐに来店できるとスピーディーですが、都合がつかず来店が遅れると融資実行も遅くなってしまいます。

碧海信用金庫の口座を持っていてWEB完結ローンを申し込んだ方は、WEBで本申し込み手続きをすることができます。仮審査完了後すぐに手続きできれば、スピーディーでしょう。

・融資(「wallet」の場合)
口座開設後にキャッシュカードを即日発行してもらうと、契約手続き完了次第、キャッシュカードを使ってATMからお金を借りることができます。

仮申込時に口座を持っていた方は、碧海信用金庫での手続きが完了すると完了のお知らせメールが届きます。メール確認次第、手持ちのキャッシュカードで借入を開始することができます。

・契約、融資(「きゃっする」の場合)
契約書類作成後、ローンカードを郵送で受け取ると借入を開始することができます。(カード受け取り前の振込み融資や、窓口融資は行っていないそうです)

ローンカードは契約手続き完了後、10日~2週間程度で自宅に届きます。

仮申込時に碧海信用金庫の口座を持っていた方は、WEB契約後、ローン実行手続きが完了すると碧海信用金庫からメールが届きます。メール受信後、10日~2週間程度でローンカードが自宅に届くでしょう。

ローンカード受け取り次第、借り入れを開始できます。

いずれにしても、カードを受け取らないと借入ができないので、「wallet」より融資まで時間がかかります。

碧海信用金庫から急ぎでお金を借りたい場合の注意点

・碧海信用金庫の口座を持っていない方は、店頭窓口で口座開設した方がスピーディー。(スマホアプリも便利ですが、キャッシュカードが届くまで時間がかかります)

・店頭で口座開設する場合は、キャッシュカード即日発行してもらうため、顔写真付きの本人確認書類を持参すること。

・来店型の場合は、審査結果を確認次第、すぐに来店すること。

・WEB完結型の場合は、審査結果のメールが届き次第、すぐに本申し込みや契約の手続きをWEBで行うこと。

碧海信用金庫カードローンの審査申し込み方法・流れ

<walletの場合>
①仮申込(インターネット、窓口)
②仮審査開始
③仮審査結果の連絡(電話、メール)
④本申し込み・本審査・契約(来店、WEB)
※口座を持っていない方は、同時に口座開設。(キャッシュカード即日発行)
⑤手続き完了後、キャッシュカードでATMから借入開始

<きゃっするの場合>
①仮申込(インターネット、FAX、電話、窓口)
②仮審査開始
③仮審査結果の連絡(電話、メール)
④本申し込み・本審査・契約(来店、WEB)
※口座を持っていない方は、同時に口座開設。
⑤ローンカード発行、郵送
⑥ローンカード受取次第、ATMから借入開始

碧海信用金庫カードローンの審査申し込み方法

「wallet」はインターネット・碧海信用金庫の店頭窓口で、「きゃっする」はインターネット・FAX・電話・窓口で仮審査申し込みができます。

①インターネットで「wallet」「きゃっする」の審査に申し込む

碧海信用金庫公式サイトの「ネットでかんたん仮審査」というボタンをクリックしましょう。

以下のような同意事項が出てくるので、しっかり読み、同意すると申し込みフォームに進むことができます。

・利用に際しての留意事項
・反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意
・個人情報の取扱いに関する同意条項
・WEB完結ローン契約規定
・WEB完結ローン保証委託約款
・外国PEPsの確認

同意後、申し込みフォームに必要事項を入力し、碧海信用金庫に送信しましょう。

インターネットで申し込む場合の注意点

碧海信用金庫に電話をかけた際、「インターネットから申し込む場合に注意していただきたい点がある」と言われました。

注意点は以下の通りです。

・仮申込だからといって、甘く見ないこと
仮申込だからと、大雑把な数字を入力する方がいるそうです。

例えば実際の年収は180万円くらいなのに200万円と入力するなど、切りのいい数字にしてしまう方がいるそうなのです。

しかしこの場合仮に可決になったとしても、本申し込み時に正確な数字を記入した際、仮申込時の数字と違うことで本審査に通過できなくなってしまうこともあるそうです。

仮申込だからと甘く見ずに、できる限り正確な数字の入力をお願いしたいとのことでした。

・間違いのないように
住所や氏名、年齢や年収などに入力間違いなどがあった場合、そのまま仮審査に通過したとしても、本申し込み時に本人確認書類などで確認したときに違っていると判明すると、たとえそれが意図的なものではなかったとしても、本審査に通過できなくなることがあるそうです。

入力後、送信前に間違いがないかしっかりと確認していただきたいとのことでした。

②電話で「きゃっする」の審査に申し込む

パソコンやスマホでの入力作業が苦手な場合は、電話で申し込むこともできます。

<電話受付時間>
共同コールセンター:0120-99-8761
申込コード:1560
受付時間:平日の9時~17時 ※12月31日~1月3日は除く。

③FAXで「きゃっする」の審査に申し込む

ホームページに仮審査申込書のPDFがあるので、ダウンロードして必要事項を記入し、FAXで碧海信用金庫に送信しましょう。

<FAX受付時間>
0120-99-8768
受付時間:24時間365日
仮審査申込書兼保証委託申込書

④店頭窓口で「wallet」「きゃっする」の審査に申し込む

どちらのローンも、碧海信用金庫の店頭窓口で申し込むこともできます。

相談しながら手続きを進めたい場合は、本人確認書類などを持参し来店するといいでしょう。同時に口座開設もする場合は、顔写真付きの本人確認書類を持参すると、その場でキャッシュカードを受け取ることができます。

ただし、店頭で申し込みをしても、その後本申し込みと契約のために碧海信用金庫へ再度来店する必要があります。

2回の来店が難しい場合は、他の方法で仮申込を済ませておいた方がいいでしょう。

店舗・ATM検索

碧海信用金庫カードローンの必要書類

①本人確認書類
次のような本人確認書類が1つ必要になります。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
など。

②所得証明書類
借入額が500万円を超える場合や、保証会社が必要と判断した場合は、以下のような最新分の所得証明書類が1つ必要になります。

・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
など

碧海信用金庫カードローンでお金を借りる方法

「wallet」も「きゃっする」も、カードを使ってATMからお金を借りることができます。

「wallet」の場合は、自動融資機能でお金を借りることもできます。

※どちらもカード受け取り前の振込み融資や窓口融資は行っていません。

カードを使ってATMからお金を借りる

碧海信用金庫カードローン「wallet」の場合はキャッシュカードで、「きゃっする」の場合はローンカードでATMから出金することができます。

ATM借り入れの条件

ATM利用手数料 碧海信用金庫、その他の信用金庫は無料、その他は有料
時間外手数料 碧海信用金庫は無料、その他は有料
1日当たり引出限度額 200万円(ICキャッシュカードの場合)、50万円(磁気キャッシュカードの場合)
利用可能ATM 碧海信用金庫、へきしん以外の信用金庫、ゆうちょ銀行など

 

ATM借り入れ可能時間

▼碧海信用金庫 ※手数料無料
平日、土日、祝日:8時~21時

▼へきしん以外の信用金庫
平日、土日、祝日:8時~21時
手数料無料となる時間:平日の8時45分~18時、土曜の9時~14時

▼ゆうちょ銀行 ※手数料有料
平日、土日、祝日:8時~21時

へきしんATM利用便利帳

自動融資機能でお金を借りる

碧海信用金庫カードローン「wallet」の場合、自動融資機能がついているので、公共料金やクレジットカードの引き落とし時、口座が残高不足だと自動的に融資してもらうことができます。

知らず知らずのうちに借入が増えてしまうという危険性もありますが、延滞する心配がないので、うっかり入金し忘れることが多いという方にはお勧めです。

碧海信用金庫カードローンの返済方法

碧海信用金庫カードローン「wallet」は、毎月の約定返済がありません。お金に余裕があるときにATMから随時返済していくといいでしょう。

ただし利息分は年に2回、9月と3月に口座から自動引き落としとなります。(残高がない場合は引き落とし前に碧海信用金庫から連絡があるそうなので、入金し忘れていても大丈夫です)

碧海信用金庫カードローン「きゃっする」は、毎月の約定返済があります。返済分は口座から自動引き落としとなるため、毎月忘れずに入金していきましょう。

①口座から自動引き落とし返済

碧海信用金庫カードローン「wallet」の年2回の利息分と、「きゃっする」の毎月の約定返済分が、碧海信用金庫の普通預金口座から自動引き落としとなります。

<walletの返済条件>
返済期日:毎年3月と9月(残高が足りない場合は連絡が来ます)
返済用口座:碧海信用金庫の普通預金口座(スマイルネット支店の口座も可)

<きゃっするの返済条件>
入金可能期間:返済期日の前日まで
返済期日:毎月10日(休日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落とし
返済用口座:碧海信用金庫の普通預金口座(スマイルネット支店の口座も可)
返済方式:残高スライド返済方式

<きゃっするの約定返済額>

貸越残高 約定返済額
0円以上~50万円未満 8,000円
50万円以上~100万円未満 15,000円
100万円以上~150万円未満 20,000円
150万円以上~200万円未満 30,000円
200万円以上~300万円未満 40,000円
300万円以上~500万円未満 50,000円
500万円以上 60,000円

 

②ATMから返済

「wallet」も「きゃっする」も、お金に余裕がある時にATMから随時返済をしていくことができます。

ATM返済の条件

ATM利用手数料 碧海信用金庫、その他の信用金庫は無料、その他は有料
ATM時間外利用手数料 碧海信用金庫は無料、その他は有料
硬貨の取扱い 碧海信用金庫のATMは平日の8時45分~17時は利用可能。(土日、祝日は不可)
利用可能ATM 碧海信用金庫、へきしん以外の信用金庫、ゆうちょ銀行など
ATM利用可能時間 借入時のATM利用可能時間と同じ

 

碧海信用金庫カードローンでお金を借りるメリット・デメリット

<碧海信用金庫カードローンでお金を借りるメリット>
・複数のローンを用意しているので、希望のものを選択可能。
・「wallet」も「きゃっする」も、一般的な銀行カードローンよりも低金利。(wallet:上限金利12.4%(優遇金利:年9.8%)、きゃっする:上限13.5%)
・写真付き本人確認書類を提出すると、窓口でキャッシュカード即日発行。
・「wallet」も「きゃっする」も、専業主婦の申込可能。
・碧海信用金庫のATMは時間外も手数料無料。

<碧海信用金庫カードローンでお金を借りるデメリット>
・「きゃっする」の場合は、ローンカードを郵送で受け取るまで借入不可。(窓口融資、振込み融資は行っていません)
・利用可能地域が限定(安城市、岡崎市、額田郡幸田町、知多市、東海市、常滑市、豊田市、西尾市、知多郡東浦市、みよし市、大阪市、刈谷市、高浜市、知立市、愛知郡東郷市、豊明市、名古屋市、半田市、碧南市)

碧海信用金庫が扱う他のカードローン

碧海信用金庫では、「wallet」と「きゃっする」の他に、次のような低金利のカードローンも用意されています。

・カードローン「へきしんセレクト」
・教育カードローン

利用条件をクリアしている方は、これらのカードローンもお勧めです。

カードローン「へきしんセレクト」でお金を借りる

碧海信用金庫で給与振込や住宅ローン、各種ローンの契約がある方のためのカードローンになります。

「住宅ローンの契約」と考えると気軽にできることではないので一見ハードルが高いように感じますが、「給与振込」であれば可能な方も多いかもしれませんね。

碧海信用金庫に電話で確認したところ、「給与振込など取引があることが前提のカードローンとなるため、口座開設と給与振込とセレクトの同時申し込みはできないのですが、給与振り込みの実績がなくても、確約がとれている場合はセレクトの申し込み対象となります」とのことでした。

実際に碧海信用金庫の普通預金口座へ給与振込がされていなくても、振り込み口座として指定しただけで対象となるそうです。

「wallet」や「きゃっする」より低金利になるため、時間に余裕がある方であれば、口座開設と給与振込の手続きを先に行い、完了次第「へきしんセレクト」の申し込みをするといいでしょう。

ただし「へきしんセレクト」の場合、インターネット申込はできないため、申し込み時と契約時の2回の来店が必須となります。

金利(変動金利) 年4.50%(保証料込み)
利用限度額 50万円~500万円(110万円~500万円は碧海信用金庫指定の住宅ローンの契約がある方のみ)
申込資格 ・満20歳以上満65歳未満の方。
・自宅住所か勤務先が碧海信用金庫の営業地区内にある方。
・碧海信用金庫で、給与振込や住宅ローン、各種ローンの契約がある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
資金使途 自由(事業性資金は不可)
利用期間 3年(3年ごとに審査のうえ自動更新。満70歳から更新不可)
返済方法 毎月10日(休日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落とし。
担保・保証人 不要
保証会社 (一社)しんきん保証基金
入会金・年会費 無料
審査スピード 申し込み後、2~3日中には審査結果の連絡
碧海信用金庫の口座 必要
公式サイト こちら

 

碧海信用金庫「教育カードローン」でお金を借りる

教育に関する資金の借入を希望している方は、低金利の教育カードローンがお勧めです。
就学中はローンカードを使ってATMから自由に借入することができるので便利です。

ただし、こちらも「きゃっする」同様、ローンカードを受け取らないと借り入れを開始することができません。

カード郵送に10日~2週間程度かかってしまうため、余裕をもって申し込むことが大切です。

※必要額があらかじめわかっている場合は、一括借り入れ型の「教育ローン証書貸付タイプ(教育ライフプラン)」もお勧めです。ATMから自由に引き出すことはできませんが、カードローン型よりも低金利になります。

金利(固定金利) 年3.90%(保証料込)
※卒業後は年3.30%(保証料込)の証書貸付となります。
※碧海信用金庫で給与振込や住宅ローンを利用している方は、年0.3%金利引き下げとなります。
利用限度額 50万円~500万円
申込資格 ・満20歳以上の方で、安定した収入がある方。
・碧海信用金庫の営業区域内に住んでいる方、営業区域内の事業所に勤務している方。
・学校等に就学中、入学予定の子・孫・被扶養親族のいる方。
・保証会社の保証が受けられる方。
資金使途 ・学校にかかる資金(授業料、寄付金、入学金、施設設備費、父母会費、同窓会費、研究会費など)
・就学にかかる付帯費用(大学・短期大学・専門学校などの受験料、教材費、下宿費用、交通費、引っ越し費用、住居費など)
・他社の教育ローンの借り換え資金
利用期間 5年以内(1年ごとの更新)※卒業予定月の3か月以内。在学予定期間が4年を超える場合は最長7年以内で卒業予定月の3か月後まで。
返済方法 毎月10日(休日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落とし。
担保・保証人 不要
保証会社 (一社)しんきん保証基金
入会金・年会費 無料
審査スピード 申し込み後1~2営業日程度で審査結果の連絡。ただしローンカード郵送に10日~2週間程度必要。
口座開設 こちら

 

卒業後は証書貸付

就学前や就学中は当座貸越となり、ローンカードを使ってATMから自由にお金を借りることができます。

当座貸越中の返済は利息のみとなるため、負担が軽くなるでしょう。

卒業予定月の3か月後からは証書貸付となり、新たな借り入れはできなくなります。

証書貸付となった場合、その時点での残高については、元利均等分割返済に切り替えられ、毎月決められた返済額を支払っていくことになります。(分割返済可能期間:3カ月以上10年以内。ボーナス併用返済も可)


このページの先頭へ