富山第一銀行でお金を借りる「ファーストバンクのカードローン」「ハウスカード・ネオ」

富山第一銀行(ファーストバンク)は、富山市西町に本店を構える第二地方銀行です。

この記事は、富山第一銀行のカードローンの金利や借入限度額、担保保証人などの基本情報や審査申込方法、お金を借りる方法、返済方法、他の銀行と比較した場合のメリット・デメリットなどを紹介します。


富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」「ハウスカード・ネオ」基本情報

富山第一銀行の扱うカードローンは、「ファーストバンクのカードローン」「ハウスカード・ネオ」の2種類です。

ファーストバンクのカードローン 富山第一銀行の口座保有者もしくはカードローン申込と同時に開設する人が対象で、パート・専業主婦の利用も可能。
ハウスカード・ネオ 本人もしくは家族所有の住宅に住む人が対象で、年収150万円以上・勤続年数1年以上など、ファーストバンクのカードローンより条件が厳しい。

 

ざっくりいうと「マイホームに住む会社員ならハウスカード・ネオ、賃貸アパートやマンションならファーストバンクのカードローン」といったイメージです。

以下では、富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」と「ハウスカード・ネオ」の基本情報をより詳しく紹介します。

富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」

富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」は、1,000万円までの限度額と、まとまった融資を相談できるカードローンで、商品情報の詳細は、以下の表を参照下さい。

名称 ファーストバンクのカードローン
貸付利率 変動金利 年2.8%~13.8%
限度額 30万円以上1000万円以内
※ 専業主婦は、30万円が上限。
主な利用条件 オリエントコーポレーションの保証を受けられる人で、以下の条件を満たす個人
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳以下
・安定継続した収入がある
※ パート・主婦OK。学生は契約不可。
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
借入方法 富山第一銀行や提携金融機関ATMからキャッシング
返済方法 普通預金口座からの自動引落し
詳細URL https://www.first-bank.co.jp/loan/card/firstbank_card/

 

富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」

富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」は、自己所有のマンション・一軒家に住む人を対象とした優遇タイプのローンで、勤続年数1年以上(自営業者は営業年数3年以上)、税込年収150万円以上といった条件も付くため、利用者が限定されます。

名称 ハウスカード・ネオ
貸付利率 固定金利 年7.5%~9.5%
限度額 30万円以上300万円以内
主な利用条件 ・申込時満20歳以上、満65歳未満
・前年度の税込年収が150万円以上の人
・勤続年数1年以上の給与所得者
・営業年数3年以上の自営業者
・富山第一銀行でカードローン契約のない人(事業者カードローンは除きます)
・住宅を自己所有、または同居する家族(本人または配偶者の直系尊属)が所有する住宅に居住する・
・保証会社の保証を受けられる人
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社ジャックス
借入方法 富山第一銀行や提携金融機関ATMからキャッシング
返済方法 普通預金口座からの自動引落し
詳細URL https://www.first-bank.co.jp/loan/card/house_card/

 

富山第一銀行のカードローンは即日融資を受けられる?

富山第一銀行の「ファーストバンクのカードローン」と「ハウスカード・ネオ」では、即日融資に対応しません。

富山第一銀行の公式ホームページでは、仮審査結果が出るまでの期間について、以下のように説明します。

回答のご連絡はお申込みから約1週間後(銀行営業日となります)。

引用:https://www.first-bank.co.jp/loan/step.html

原則的には富山第一銀行のカードローンの場合、審査申込~融資まで「約1週間」というルールのようです。

ファーストバンクのカードローンにWeb経由で申込むと、若干手続きが早い様子ですが、それでも「最短翌営業日の回答」といった記載です。

Webでお申し込みの場合、最短翌日の回答が可能です。最短翌日回答は当行口座のある方で、銀行営業日中にお申し込みいただいた場合となります。ただし、受付状況によってはこの限りではありません。

引用:https://www.first-bank.co.jp/loan/card/firstbank_card/

富山第一銀行でカードローン手続きを行う際には、上記の期間を念頭として、余裕を持ったスケジュールを守りましょう。

急いでお金を借りたい方、即日でお金を借りたい方はお金借りる窓口TOPをご覧になって、即日融資可能な貸金業者を見つけてください。

富山第一銀行のカードローン 審査申込から融資までの流れ

ここでは、富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」と「ハウスカード・ネオ」のインターネット経由の申込から審査、融資までの流れをより詳しく紹介しますので、契約時に必要な書類の種類も確認し、スムーズな手続きを行いましょう。

ファーストバンクのカードローンの審査申込

富山第一銀行の普通預金口座のある人・ない人で、申込から融資の流れが異なります。普通預金口座のない人だと、郵送による契約手続きが必要。口座のある人は、パソコンやスマホ経由で全てを行う「Web完結手続き」を選択できます。

◎富山第一銀行の口座がある人(Web完結手続き)
1. 富山第一銀行公式ホームページから「ファーストバンクのカードローン」に申込む。
2.電話もしくはメールにより、富山第一銀行から仮審査結果の通知を受ける。【最短翌営業日】
3.Web経由でファーストバンクのカードローンの契約手続きを行う。
4.富山第一銀行から電話による契約内容の確認を受ける。
5.本人限定郵便でファーストバンクのカードローンのローンカードが送付されるので、カードを受取次第、キャッシングが可能。

◎富山第一銀行の口座がない人
1. 富山第一銀行公式ホームページから「ファーストバンクのカードローン」に申込む。
2.電話もしくはメールにより、仮審査結果の通知を受ける。
3.郵送で、契約・返済用普通預金口座の開設手続きを行う。
4.電話による契約内容の確認を受ける。
5. 本人限定郵便でローンカードが送付されるので、カードを受取次第、お金を借りることが可能になります。

ファーストバンクのカードローン必要書類

富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」を契約するためには、以下の書類が必要です。

本人確認書類 運転免許証(表・裏)、パスポート(顔写真・住所のページがあるもの)、個人番号カード(表のみ※通知カードは不可)のいずれか1点を提出します。
収入確認書類 限度額100万円以上の場合に必要。源泉徴収票や給与明細書、確定申告書など、収入を証明できる書類を用意しましょう。

一部引用:https://www.first-bank.co.jp/loan/card/firstbank_card/

ハウスカード・ネオの審査申込

富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」の審査申込は、インターネットで行います。

しかし、「ハウスカード・ネオ」の場合、契約手続きが富山第一銀行の店頭限定であることから、Web完結手続きは不可能です。

最寄り支店で手続きを行うことに抵抗を感じる人には、富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」は不向きなローンと言えるでしょう。

1. 富山第一銀行公式ホームページから「ハウスカード・ネオ」に申込む。
2.電話もしくはメールにより、「ハウスカード・ネオ」の仮審査結果の通知を受ける。
3.必要書類を持参し、最寄りの支店を富山第一銀行へ訪問し「ハウスカード・ネオ」の正式申込を行う。
4.正式申込から約2週間で「ハウスカード・ネオ」のローンカードが到着。(簡易書留郵便で発送されます。)カードの受取後は自由にキャッシング可能。

ハウスカード・ネオの必要書類

富山第一銀行の支店に訪問する際には、次の書類を用意します。住居の所有状況を確認する書類が必要なので、早めの準備がおすすめです。

本人確認書類 運転免許証(表・裏)、パスポート(顔写真・住所のページがあるもの)、個人番号カード(表のみ※通知カードは不可)のいずれか1点を提出します。
住居の所有状況書類 住宅を自己所有(持分所有を含む)していること、または同居する家族が所有する住宅に居住していることを確認する書類
収入確認書類 申込金額100万円以上の場合に必要。源泉徴収票や給与明細書、確定申告書など、収入を証明できる書類を用意しましょう。

一部引用:https://www.first-bank.co.jp/loan/card/house_card/product.html#tabTop

富山第一銀行カードローンの審査は在籍確認を省略できる?

富山第一銀行に限ったことではありませんが、基本的には勤務先への電話による確認作業を行います。

ファーストバンクのカードローン、ハウスカード・ネオに申込を行うからには「在籍確認を受けるもの」という心構えが必要です。

富山第一銀行に在籍確認を省略できるかどうかについて、問い合わせを行うため、フリーダイヤルに連絡したものの「指定地域外でお繋ぎできません」といったアナウンスが流れました。

所定の地域に住む人の電話しか受付けないシステムであるようです。「どうしても、勤務先への電話は困る」といった事情がある人は、事前の問い合わせをおすすめします。

もしくは「在籍確認省略可能」を大々的に掲げる消費者金融を「職場に電話連絡なしのカードローンでお金借りる方法」からピックアップして検討しましょう。

富山第一銀行のカードローンでお金を借りる方法

ファーストバンクのカードローン、ハウスカード・ネオのいずれを選択した場合も、ATMからお金を借ります。

富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」と「ハウスカード・ネオ」が利用できるATMの主な種類と利用可能時間帯、手数料は、以下のようなルールです。

◎富山第一銀行ATM

平日 7:00~22:00 無料
土・日・祝日 7:00~22:00 無料

 
 

◎FITネットATM(北國銀行・福井銀行)

平日 7:00~21:00 無料
土・日・祝日 7:00~21:00 無料

※FITネット提携行のコンビニ提携先は手数料無料の対象外
 
 

◎セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM

平日 8:00~8:45 220円
8:45~18:00 110円
18:00~22:00 220円
土・日・祝日 8:00~8:45 220円
8:45~18:00 110円
18:00~22:00 220円

 
 

◎イオン銀行

平日 8:00~8:45 220円
8:45~18:00 110円
18:00~21:00 220円
土・日・祝日 8:00~8:45 220円
8:45~18:00 110円
18:00~21:00 220円

 
 

◎ゆうちょ銀行

平日 8:00~8:45 220円
8:45~18:00 110円
18:00~21:00 220円
9:00~14:00 220円
14:00~17:00 110円
日・祝日 9:00~17:00 220円

 
 

富山第一銀行のカードローンは、北國銀行や福井銀行ATMも無料で利用できる点は嬉しいですね。

その他の金融機関はATM手数料が発生しますが、富山第一銀行の口座で給与を受け取るもしくはWeb口座を利用することで、キャッシュバックが適用されます。

キャッシュバック制度の詳細を以下のページで確認し、キャッシング時のコスト負担を軽減しましょう。

富山第一銀行キャッシュバック制度について

富山第一銀行のカードローンの返済方法

ファーストバンクのカードローン、ハウスカード・ネオの約定返済日や返済額、返済方法を紹介いたします。

ファーストバンクのカードローンの返済方法

富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」の返済は、毎月10日・普通預金口座からの引落しで、毎月の返済額(約定返済額)は、以下の表を参照下さい。

約定返済日前日の利用残高 約定返済額
30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円
100万円超~200万円以下 3万円
200万円超~300万円以下 5万円
300万円超~400万円以下 6万円
400万円超~500万円以下 8万円
500万円超~600万円以下 10万円
600万円超 14万円

 

もちろん、「ファーストバンクのカードローン」の場合、任意のタイミングで臨時返済を行い、早期完済を目指すことも可能ですので、ATMもしくはインターネットバンキングを使用して、富山第一銀行のカードローン口座へ入金しましょう。

ハウスカード・ネオの返済方法

富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」の返済も、毎月10日の引落しです。

ただし、「ハウスカード・ネオ」の場合、約定返済額の決定ルールは異なります。

限度額100万円までは1万円もしくは2万円の定額返済、200万円以上は利用残高に応じた金額と、「ハウスカード・ネオ」の場合、変則的なルールです。

約定返済日前日の利用残高 約定返済額
30万円・50万円 1万円
100万円 2万円
200万円以上 返済日前日の利用残高
100万円以上:2万円
100万円超200万円以下:3万円
200万円超:4万円

 

富山第一銀行カードローンでお金借りるメリットは?

ここまでの情報をふまえた上で「ファーストバンクのカードローン」「ハウスカード・ネオ」でお金を借りるメリットをおさらいしましょう。

ファーストバンクのカードローンのメリット5点

富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」のカードローンは、審査難易度が比較的低く、わずらわしい手続きを行うことなく利用できる商品です。

以下のようなメリットに魅力を感じる人とは、「ファーストバンクのカードローン」は相性の良いローンでしょう。

・富山第一銀行の口座があればWEB完結契約を選択できる。
・他社借入のおまとめローンに活用できる。
・利用明細をインターネットバンキングで確認するため、紙の明細が郵送されない。(申し出により、郵送をお願いすることもできます)
・利用残高30万円以下なら返済額5,000円。コツコツ返済したい人におすすめ。
・パート・アルバイト・自営業者も契約可能。

ハウスカード・ネオと比較すると高いように感じる利率も、一般的な消費者金融・クレジットカード会社のキャッシングより割安です。

年13.8%を超える利率で借りたお金を、富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」でおまとめすると、お得になるかもしれません。

ハウスカード・ネオのメリット3点

富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」の最大のメリットは、年5.5%という利率で、この水準は、銀行のカードローンの中でもトップクラスの低金利。

年収や勤続年数の制限がそれほど厳しいわけではないことを考えると、ハウスカード・ネオは良心的な商品でしょう。

その他のハウスカード・ネオのメリットは、以下2点です。

・富山第一銀行との取引状況により、さらに利率を引き下げ可能。
・限度額100万円以下なら、毎月の返済額が変動しない。

富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」の利率引き下げ条件は、給与振込を行うことと住宅ローンで、これらの条件をクリアすると、最大0.7%の優遇利率が適用されます。

適用条件 金利引下げ率
富山第一銀行の口座を給与振込に利用 △0.2%
富山第一銀行の住宅ローンを利用中 △0.5%
※上記組合せによる最大引下げ幅 △0.7%

 

富山第一銀行カードローンでお金借りるデメリット・注意点

最後に「ファーストバンクのカードローン」「ハウスカード・ネオ」の利用前に知っておきたい注意点、お金を借りるデメリットをおさらいしましょう。

ファーストバンクのカードローンのデメリットと注意点

比較的利率が低く、審査難易度が高くはないファーストバンクのカードローンにも、デメリットは存在します。

以下3点を念頭として、ファーストバンクのカードローンが、自分に合うカードローンであるかを検討しましょう。

・富山第一銀行の口座開設が必須である。
・運転免許証、パスポート、個人番号カードのいずれかが必要。
・富山第一銀行の口座開設が必須である。

とくに注意の必要な項目は、本人確認書類で、ファーストバンクのカードローンの申込時確認事項ページには、次のような記載があります。

本人確認資料は、運転免許証・パスポート・個人番号カード(通知カードは不可)に限定させていただきます。

引用:https://loan.first-bank.co.jp/orico/agreement.html

ファーストバンクのカードローンの場合、運転免許証もパスポートもない、といった人だと、個人番号カードの提出が必要で、健康保険証、住民票では対応できないことを理解しておきましょう。

ハウスカード・ネオのデメリットと注意点

富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」は、住宅所有を条件として、低金利で貸し出しする商品なので、借入にあたって、以下2点の注意事項が発生します。

【1】配偶者の所有住宅に住む人は利用条件を満たさない
非常に細かいポイントですが、配偶者の所有住宅では、ハウスカード・ネオの利用条件を満たしません。たとえば、夫の購入したマンションに住む妻(本人も派遣社員として、収入がある)は、ハウスカード・ネオの契約不可。

申込者の同居父母、祖父母の所有住宅なら対象にできるため、両親の購入・所有するマンションに居住する人(本人に安定した収入あり)は、ハウスカード・ネオの契約ができます。

【2】権利書や登記簿謄本、固定資産税納付書等の提出が必要
手続きの流れで触れたように、ハウスカード・ネオの契約を行うにあたり、住居の所有状況証明書類の提出が必要です。

具体的には、権利書や登記簿謄本、固定資産税納付書等の用意必要。これらの書類の準備をわずらわしく感じる人には、富山第一銀行「ハウスカード・ネオ」は不向きなローンと言えるでしょう。

富山第一銀行のカードローン以外の無担保ローン一覧

富山第一銀行では、カードローン以外に多くの借入商品を扱い、様々な資金需要に対応します。

富山第一銀行の4種類のフリーローンとオートローン、2種類の教育ローンの基本情報を紹介するので、商品選びの参考に活用下さい。

富山第一銀行のフリーローン

富山第一銀行のフリーローンは、「スーパーローン」「ライフ・ナビ」「ライフ・ナビ cite」「グランドスラム」の4種類です。

各商品の詳細は、次の通りで、WEB完結契約を希望する人にはスーパーローン、富山第一銀行をメインバンク利用する人にはライフ・ナビもしくはライフ・ナビ「cite」をおすすめします。

フリーローンごとに保証会社が異なるため、特定の会社に苦手意識を持つ人も安心下さい。

スーパーローン ライフ・ナビ ライフ・ナビ「cite」 グランドスラム
特徴 ・WEB完結契約可能。
・金利引下げキャンペーンを不定期開催。
・給料振込、住宅ローン契約、Web経由の申込で最大1.6%の利率引下げ。 ・働く女性の応援ローン。
・新規契約でタオルや油取り紙をプレゼント。
・専業主婦や年金受給者も利用可能。
融資額 10万円以上 300万円以下 10万円以上 500万円以下
融資期間 6ヶ月以上15年以内 6ヶ月以上10年以内
貸付利率 年3.8%~年13.8% 年6.8%~年13.8% 年9.5%~年14.5%
担保・保証人 原則不要
保証会社 かんそうしん オリエントコーポレーション クレディセゾン
年齢条件 申込時の年齢が満20歳以上かつ完済時満80歳以下 不問
収入条件 安定継続した収入
公式HP https://www.first-bank.co.jp/loan/freeloan/

 

富山第一銀行のオートローン

富山第一銀行のオートローンは、自動車やオートバイに関する出費を幅広くカバーできるローンで、富山第一銀行口座に給与振込予約を行えば、入社間もない新入社員でも、契約できるチャンスがあります。

主な利用条件 ・申込時満20歳以上、かつ完済時満75歳以下の方
※富山ファースト・ディーシー保証は完済時満70歳以下
・安定した収入が継続的に得られる方
・入社1年以内の場合、富山第一銀行に給与振込実績または給与振込予約があること
・営業年数2年以上の自営業者の方
・富山第一銀行指定の保証会社の保証を受けられる方
資金使途 ①申込人、家族が使用または所有するマイカー・オートバイ・家庭用除雪機の購入代金、および付帯するパーツ等購入
②自動車用品(タイヤ・タイヤホイール・エアコン・ステレオ・カーコンポ・ETC ユニット等)オプション装備購入及び取付け費用
③自動車関連諸費用資金(車検・修理・運転免許取得・付属品購入・振込手数料等)
④自動車税・自動車保険の保険料
⑤他金融機関(クレジット会社を含む)自動車関連資金の借換
限度額 10万円以上500万円以内
貸付利率 変動金利 年2.0%。取引状況等により最大0.6%の優遇可能。
固定金利 年5.5%。取引状況等により最大1.0%の優遇可能。
※いずれの優遇も、2020年6月30日までの期間限定キャンペーンです。詳細は公式ホームページで確認下さい。
貸付期間 6ヶ月以上10年以内
担保・連帯保証人 原則不要。次の場合には連帯保証人が必要。
・年収を合算して申込みする場合は、年収合算対象者
・保証会社が必要と認めた時
保証会社 富山ファースト・ディーシー株式会社、株式会社かんそうしん
公式サイト https://www.first-bank.co.jp/loan/autoloan/

 

富山第一銀行の教育ローン

富山第一銀行の教育ローンは、カードローン型・一括借入型の2種類ですが、どちらの教育ローンも一長一短なので、各商品の違いを正しく把握し、使いやすい教育ローンを選択しましょう。

カードローン型 一括借入型
主な利用条件 ・申込時に満20歳以上、完済時に満75歳以下
・安定した収入が継続的に得られる方
・営業年数1年以上の自営業者の方
・富山第一銀行指定の保証会社の保証が受けられる方
・団体信用生命保険の加入適格の人(当座貸越期間中はのぞく)
※入社1年以内は、給与振込実績または給与振込予約がある方のみ対象

・申込時に満20歳以上、完済時に満75歳以下
・安定した収入が継続的に得られる方
・営業年数1年以上の自営業者の方
・富山第一銀行指定の保証会社の保証が受けられる方
※入社1年以内は、給与振込実績または給与振込予約がある方のみ対象
資金使途 ・受験費用、入学金、授業料等直接「学校に納付する費用」
・仕送り費用および就学支度金
・他の金融機関の教育ローン借換資金
※カードローン型のWeb完結契約は、支度金または仕送り費用のみ。
融資額 10万円以上1000万円以内
融資期間 最長16年8ヵ月以内。
【当座貸越期間】
1年以上6年8ヵ月以内
【分割返済期間】
最長16年8ヵ月-当座貸越期間
6ヶ月以上16年8ヶ月以内
※据置期間を含みます
貸付利率 変動金利 年2.9%。
取引状況等によって、最大0.9%を引下げ。
固定金利 年2.0%。取引状況等によって、最大0.2%を引下げ。
固定金利 年5.0%。取引状況等によって、最大1.0%を引下げ。
担保・保証人 原則不要。ただし、団信の審査結果によっては連帯保証人が必要。 原則不要。ただし、収入合算で審査を受ける場合は、合算対象者の連帯保証が必要。
保証会社 かんそうしん 富山ファースト・ディーシー、かんそうしん

 


このページの先頭へ