大阪の消費者金融「スペース」でお金借りる!借り方・返し方

すでに複数の消費者金融からお金を借りていたり、比較的近い時期に任意整理などを行っっていたりすると、銀行や大手消費者金融でお金を借りるのは難しくなってしまいます。
しかし、中小消費者金融の中には、そうした方に対しても積極的に融資を行っているところは決して少なくありません。

大阪府堺市のスペースは、審査が比較的柔軟であると言われている消費者金融です。スペースがどんな条件で貸付を行っているのか、また審査が甘いと言われるのは本当なのかどうかを調べてみました。

意外な事実も浮かび上がってきましたので、ぜひ参考になさってください。


スペースってどんな消費者金融業者?

スペースが設立されたのは2008年のことですから、営業を開始してまだ10年ちょっとの中堅業者です。

営業しているのは大阪市の南、堺市に1店舗のみですが、全国への融資に対応しています。土曜日にもフルで営業している中小消費者金融はかなり少ないため、困っている方にとっては非常にありがたい存在だと言えるでしょう。

スペース公式サイトのトップページに、いきなり2ちゃんねる(現5ちゃんねる)への書き込みに対してのコメントが掲載されているのがなんともユニークです。

書き込みのあった内容がどんなものだったのかは、もう今では確認することはできませんが、「いつもお客様の立場になって、ご融資に努めております」という言葉が力強く感じられますね。

<スペース 会社情報>

商号 株式会社スペース
所在地 大阪府堺市堺区中瓦町2-1-15 エスト瓦町ビル3F
代表電話番号 072-226-6868(0120-07-7715)
設立 2008年(平成20年)6月4日
登録番号 大阪府知事(4)第12865号
日本貸金業協会会員 第005357号
営業時間 平日、土曜日9:30~18:00

 

スペースへのアクセスは?

スペースは南海高野線、堺東駅からほど近いエスト瓦町ビルの3階にあります。専用駐車場はありませんが、大小路筋を挟んだ反対側には堺市役所があるロケーションで、堺東駅前バス停も正面、アクセス良好です。

2階にはアイフルが入っているビルで、屋上にはかなり大きな看板も出ているので、わかりやすいでしょう。

スペースって闇金じゃないの?

知名度の高い大手消費者金融と違い、中小消費者金融の場合にはどうしても「闇金では?」「強面の人が取り立てにやってくるのでは?」との不安がつきまといます。

違法に高い金利を課したり人権を無視したような厳しい取り立てを行う闇金融。スペースがそんな業者ではないのかと気になってしまいますね。

スペースが届け出を出して営業を認められてる正規の消費者金融であるかどうかは金融庁のサイトで確認することができます。

金融庁:登録貸金業者情報検索入力ページ

筆者もこちらで確認したところ、スペースが正規の消費者金融であることは間違いありませんでしたので、どうぞご安心ください。

なお、スペースの公式サイトにも注意を喚起する記載が見られますが、かつて「スペース」、もしくはそれに似た名称を使って営業していた闇金が存在していたようです。

スペースは闇金なのでは?との噂があったとするなら、こうした悪質業者と混同されてしまった可能性もありそうです。

もしも疑わしいサイトを見かけた場合には登録番号や住所、電話番号を上記金融庁のページで確認し、偽物である場合には絶対に申し込まないようにしてください。

スペースのローン内容

スペースが取り扱っているのは一般的なキャッシングローン1つのみです。

カードを発行して決められた金額内で何度でもお金を借りられるタイプのローンではなく、新たに追加融資を受けない限り、決められた条件に従って返済していくことになります。

融資限度額 500万円
実質年率 8.0%~18.0%
遅延利率 8.0%~18.0%
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式・元利均等返済方式
返済期間 最長12年
返済回数 1~144回
担保・保証人 原則不要

 

スペースはプロミスアコムSMBCモビットなどの大手と比べると営業規模としては小さいのですが、商品内容を見ると高金利・低融資額のいわゆる街金タイプの商品とはまた違うスペックであることがわかります。

金利の上限が(たとえ融資額が10万円未満であっても)18.0%であるのはアコムやアイフルと同じですし、また最高で500万円までの融資に対応しています。

スペースはおまとめローンにも対応

スペースは消費者金融ですので、通常、融資を受けると年収の3分の1が上限となる総量規制の対象になります。が、おまとめローンにも積極的に応じているとの情報があり、融資の上限を広くとっていることからもそうした様子が伺われます。

スペースの取り扱っている商品が1種類のみであることは間違いないのですが、小口融資でもおまとめローンでも、利用者の状況に柔軟に応じられる体制をとっていることがわかる内容となっています。

スペースへの審査申し込み方法

スペースへの申し込み方法には電話、インターネット(パソコン、スマートフォン、携帯)、店舗窓口で可能です。どの方法でもご自分の都合の良い方法を選べばよいのですが、スペースとしては混雑を防ぐためにインターネットでの申し込みを推奨しているようです。

窓口で申し込む場合にもいきなり出かけるのではなく、あらかじめインターネットか電話で申し込みを行っておいて、直接店頭で契約したい旨を担当者と話をしてから出かけたほうが良いでしょう。

スペースは土曜日にも営業しています。ただし銀行振込を希望する場合、金融機関は土曜日は休業日にあたるため、その日に融資を受けられる可能性はありません。このあたりのこともしっかり把握して申し込むようにしてください。

審査と申し込みの概要

申込方法 電話、インターネット、店舗窓口
審査最短時間 不明
申込資格 ・18歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
・スペースの基準を満たす方
・借り入れする本人
個人信用情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)

 

スペースは未成年への融資にも対応

注目されるのは申込資格の年齢の部分で、多くの消費者金融が未成年不可としているのに対して、スペースは「18歳以上」と未成年の方にも申し込みの門戸を開いています。

これはすでに就職している未成年の方や、アルバイトなどで安定した収入を持っている学生(高校生を除く)でもお金が借りられる可能性があることを意味しています。

どうして多くの消費者金融で申込資格を「満20歳以上」としているかというと、法律により未成年との契約は必ず保護者の同意が必要となっており、同意なしでは契約を反故にすることも可能だからです。

そもそも未成年者は返済能力にも疑問符がつきます。業者にとっては無理に契約しようとしてもリスクを抱えるばかりで、メリットはほとんどありません。

スペースでもこの点は同じでしょうから、恐らく18歳以上の未成年でも成人と同じ条件で融資をするというのではなく、「収入の安定性をより厳しくチェックする」「融資額を下げる」といった対処をして契約するものと考えられます。

もちろん契約には保護者の同意が必要で、親に内緒でお金を借りるというわけにはいきません。

ただしすでに結婚している方は例外で、20歳未満でも成人として認められるため、親の同意なしに契約することが可能です。

審査から申し込みまでの流れ

最も一般的だと考えられるインターネットでの申し込みから振込融資までの流れをご紹介します。電話での申し込みも変わりありません。

1. 公式サイトの「今すぐお申込み」からスタート
2. 必要事項を入力して送信
3. 電話がかかってきて申込内容を確認
4. 1次審査
5. 必要書類を提出(郵送、またはFAX)
6. 職場に在籍確認の電話
7. 2次審査
8. 審査に通過次第、銀行振込
9. 自宅に契約書類が郵送される

申込書には審査に落ちた場合にメールでの連絡を希望するか否かについて訊かれる欄があります。ここを「いいえ」にしてしまうと結果が届かずやきもきしてしまうこともあり得るため、希望する方は必ず「はい」にし、忘れずにメールアドレスを記載しておきましょう。

審査には時間がかかる?

昨今は非常にスピーディーに審査を済ませる消費者金融が少なくありませんが、スペースでは審査にかなりの時間をかけているとの口コミが多く見られます。

新規申込者や増額希望者が多いということもあるのかもしれませんが、どちらかと言えば審査を慎重に行わざるを得ない属性の方の申し込みが多いため、審査に時間がかかってしまうケースがどうしても目につくようです。

1次審査で1週間、2次審査でそこからさらに1ヶ月といった例も珍しくなく、こうした事実からは「スペースの審査は柔軟だが、慎重に勧められており、決して甘いわけではない」ことが浮かび上がってきます。

また、スペースではWEB完結で契約はできないことから、審査が比較的スムーズに進んだ場合でも、必要書類のやり取りを郵送で行ったために時間がかかったというケースもあるようです。

必要書類を提出しなければ審査も完了せず、手続きも進まなくなってしまうので、スピーディーな契約は望めません。

スペース公式サイトのトップページには「即日ご融資可能!」との記載もありますが、できるだけ早く契約するためには直接店舗にまで足を運ぶのが一番です。しかし店舗は堺市に1店舗のみなので、どうしても人を選ぶのが残念なところです。

店舗には行かずに契約する場合には、契約手続き完了までの日数に余裕を持つことが求められるため、お急ぎの方には、スペースは勧められない消費者金融だということになるでしょう。

スペースの申込みに必要な書類

スペースでは融資希望額にかかわらず、「本人確認ができる書類」と「年収が分かる書類」の両方を用意する必要があります。本人確認書類、年収確認書類については通常、次のものを1点ずつ用意すると良いでしょう。

【本人確認書類】
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

※これらの書類に記載されている住所が現在お住まいの住所と異なる場合は、現住所が記載されている書類も併せて準備しておきましょう。公共料金(水道、電気、ガス、固定電話など)の領収書があれば間違いありません。

【年収証明書類】
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月)
・その他(所得証明書など本人の年収が確認できるもの)

これら以外の書類についてはスペースまでお問い合わせください。

スペース お金の借り方

スペースからの融資は2次審査に通った後、即日行われます。融資方法は

・銀行振込
・店頭での手渡し

の2通り。

振込は銀行の営業時間内のみの対応で、その時間を過ぎると翌営業日の振込になります。なお、スペースの営業は18時までで土曜日にも開いています。

スペースは増額(追加融資)は可能?

スペースで現在の利用分を完済しないうちに追加融資を希望する場合には、改めて審査に通る必要があります。

通常、追加で融資を受けるためには、その業者でスムーズに返済を続けて実績を積み、信頼を勝ち得る必要があります。

貸金業者によっては追加は非常に厳しいということもあるでしょう。

しかしスペースでは比較的増額が通りやすいとの情報があります。これは最初に行われる審査がかなり慎重なものであることも関係しているのでしょう。優良顧客であるかどうかの見極めについてのスペースの自信のほどが伺われます。

スペース お金の返し方

スペースへの返済に関しては「お申込み」ページの「確認事項」と「同意事項」に記載されているのですが、わかりやすくまとめられたページが設けられていないのが残念なところです。

スペースへの返済方法には

・銀行振込
・郵送(現金書留)
・店舗窓口で現金払い

の3つがあります。

自動引落という選択肢がないため、うっかり延滞することがないようにご自身でしっかり管理することが求められます。

また、返済時に発生する手数料等は利用者の負担になります。現金書留だと封書の基本料金82円+430円が余分に必要となり、これが毎月となると無視できない額になってしまうので、できれば避けたい方法です。

スペースへの返済方式は残高スライドリボルビング返済方式、元利均等返済方式です。

元利均等返済方式は基本的に月々の返済額が一定になる方式ですが、完済するまでに追加融資を受けた場合や毎月の決まった額にプラスして返済した場合には残高スライドリボルビング返済方式が採用され、月々の返済額が設定し直されます。

この場合にも、再設定後の月々の返済額は一定になります。

残高スライドリボルビング返済方式は大手消費者金融等でよく見られる方式です。

月々の返済に対して負担がかかりにくい方法ですが、借入状況や返済額によっては総返済額が大きくなる可能性がある点に注意が必要です。

スペースでお金を借りるのにオススメな方は?

スペースは大手消費者金融と比べると審査が柔軟であることから、やはり消費者金融の利用はこれで3~4社目という方が利用されることの多い貸金業者だと言えるでしょう。

ただし、スペースの審査では現状の収支バランスをかなりしっかり見ながら慎重に判断されている印象があり、決して審査が「甘い」というわけではありません。

過去に金融事故を起こした経験がある方よりも、現在わずかでも他社で延滞を起こしていたり、切羽詰まっている状況が見て取れる方の方がどうしても厳しい判断を下されがちです。

ただし、スペースはかなり親身になって対応してくれたとの声も少なくありません。審査では現在の状況をかなり根掘り葉掘り訊かれるようですが、ぜひ、嘘はつかず正直に答えるようにしてください(小さな嘘でも矛盾が見つかると信用をなくします。そうなるとまず審査には通りません)。

スペースは中小規模の消費者金融でありながら、ローンの内容は決して悪いものではありません。

利便性こそ大手消費者金融からは劣るものの、金利が抑えられていたり追加融資を受けやすかったりと、少額を借りたら後は返すだけになりがちな一方通行の街金のローンとはやや異なっています。

おまとめローンとしての利用にも適しており、中小消費者金融としては狙い目の業者だと言えるでしょう。

このページの先頭へ