三井住友銀行でお金借りる!カードローンの特徴

三井住友銀行の無担保カードローンは、普通預金口座を開設しなくても利用可能で、申し込んでから最短翌営業日には借り入れをスタートさせることができます。

即日融資は不可となりますが、銀行カードローンの中ではスピーディーな審査になるため、人気が高いですね。

今回は、三井住友銀行のカードローンの金利や限度額、担保・保証人、審査申込み方法、お金を借りる方法、返済方法などを詳しく解説していきます。


三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンの基本情報

金利 年4.0%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
申し込み資格 満20歳以上69歳以下で、安定した収入のある方。三井住友銀行指定の保証会社の保証を受けられる方。(パート、アルバイトでも可)
資金使途 自由(事業性資金以外)
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料
審査結果 翌営業日
口座開設 必要なし

 

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの金利は「年4.0%~14.5%」ですが、契約の極度額によって、以下のように借入利率が決定します。

借入利率は変動金利となっているため、金融情勢によって変動することがあります。

契約極度額 借り入れ利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

※三井住友銀行の住宅ローンを利用している方は、金利が引き下げとなる場合があります。

キャッシュカード一体型・ローン専用カードを2種類から選べる

三井住友銀行カードローンの場合、ローン専用のカードにするか、キャッシュカード一体型にするかを選択することができます。

キャッシュカード一体型は普通預金口座を持っている方しか選択できないので、カードローンだけの利用の場合はローン専用型になってしまいますが、普通預金口座を持っている場合はキャッシュカード一体型かローン専用型かを選択できます。

キャッシュカード一体型とローン専用型の違い

①内緒でお金を借りたい方にピッタリのキャッシュカード一体型

キャッシュカード一体型だと、カードを誰かに見られても、カードローンでお金を借りていることは誰にも知られることはありません。

もちろんローン専用カードも、キャッシュカードのような見た目となっているため、借り入れをしていることがバレづらですが、絶対に内緒でお金を借りたい方はキャッシュカードと一体型の方が安心です。

②借入・返済できるATMが違う

利用出来るATMはローン専用型のカードの方が多くなります。コンビニや三井住友銀行以外のATMを利用したい場合は、ローン専用型の方が便利ですね。

<キャッシュカード一体型が利用できるATM>
・三井住友銀行のATM
・ローソンATM
・セブン銀行ATM
・E-net

<ローン専用型が利用できるATM>
・三井住友銀行のATM
・ローソンATM
・セブン銀行ATM
・E-net
・ゆうちょ銀行
・提携金融機関ATM(借り入れや残高照会のみ。返済は不可。また、利用手数料・時間外手数料が必要)

③融資までのスピードが違う

キャッシュカード一体型だと、すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っていてキャッシュカードも発行している場合は、そのカードを使ってすぐに借り入れができるので、スムーズです。

新たにカードを発行してもらう必要がないため、カードを受け取りに店舗へ行かなくてもいいですし、郵送でカードが届くまで待つ必要もありません。

三井住友銀行カードローン 審査申し込み方法・契約までの流れ

三井住友銀行カードローン 審査申し込み~契約の流れ

三井住友銀行カードローンの審査申し込みから借り入れまでの基本的な流れは以下の通りとなっています。

①カードローンの申し込み(WEB、電話、ローン契約機、店頭窓口で申し込み)
②本人確認書類の提出(WEB、郵送、ローン契約機で提出)
③三井住友銀行の審査
④審査結果の連絡(最短で、申し込み日の翌営業日)
⑤ローン専用カードの発行、受け取り(キャッシュカードを持っている場合は、キャッシュカードで借り入れ開始)
⑥カードローン利用開始

三井住友銀行のローン契約機で審査の申し込みをする場合は、審査完了前にその場でカードが発行されます。

しかし、カード受け取り後すぐにお金を借りられるわけではありません。後日、三井住友銀行から審査結果の連絡が来てから、カードローンの利用開始になります。

本審査の結果については最短で申し込み日の翌営業日の連絡となります。

ただし、三井住友銀行カードローンプラザに電話で確認したところ、最短は申し込み日の翌営業日ではありますが、それは全ての手続きが順調に進んだ場合に限るそうです。

店舗の混雑状況や審査内容などにより、基本的には2~3営業日程度かかってしまうことが多いとのことでした。

さらに土日を挟むと、審査にもっと時間がかかってしまうので、急いでお金を借りたい方はなるべく早めの申し込みが大切です。

カードは郵送でも受け取ることができますが、急ぎの場合は三井住友銀行ローン契約機でカードを受け取るといいでしょう。

※融資を急いでいる方は、プロミスアコムのように即日融資可能な消費者金融に申し込むことをおすすめします。

三井住友銀行カードローン 4種類の審査申し込み方法は

①WEBで三井住友銀行カードローンに申し込む

三井住友銀行カードローンのホームページから、スマホ・パソコンを使ってWEB申し込みが可能です。「口座をお持ちの方」「口座をお持ちでない方」のボタンがあるので、当てはまる方をクリックして進んでいきましょう。

必要書類もWEBから提出することができます。

審査結果は最短翌営業日に連絡が来るので、早い場合は申し込みの翌営業日からお金を借りることができます。

ただし、キャッシュカードを持っていない場合は郵送か三井住友銀行のローン契約機でカードを受け取る必要があります。

郵送だと時間がかかってしまうため、急いでお金を借りたい方はローン契約機へ行くといいでしょう。

キャッシュカードがすでに手元にある方は、キャッシュカードがローンカード代わりとなるため、審査が完了し結果を受け取るとすぐに借り入れをスタートさせることができるでしょう。

②ローン契約機で三井住友銀行カードローンに申し込む

三井住友銀行内のATMコーナーに設置されている「ローン契約機」から、以下の手続きを行うことができます。

・カードローンの申し込み
・ローン専用カードの発行、受け取り
・契約極度額の変更

三井住友銀行のローン契約機で審査申し込み手続きをする場合は、本人確認書類等の必要書類を持参しましょう。

ローン契約の営業時間、審査結果の連絡時間は「平日・土曜・日曜:9時~21時」になります。

ローン契約機の案内

③三井住友銀行の店頭窓口で審査に申し込む

ローン契約機の操作が不安だという場合は、三井住友銀行の店頭窓口で審査のも申し込み手続きが行えます。

ただし平日9時~15時の、三井住友銀行の窓口が開いている間しか受け付けてもらえません。手続きに時間がかかることも想定し、14時ごろまでには「本人確認書類等の必要書類」を持参して来店するようにしましょう。

④電話で三井住友銀行カードローンに申し込む

三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)へ電話をかけて申し込みすることも可能です。

この場合の本人確認書類提出は郵送かWEB、もしくは来店できるのであれば、ローン契約機からとなります。

電話の申し込み受付時間は、1月1日を除き「9時~21時(平日、土日)」となっています。通話料も無料です。

三井住友銀行カードローン 必要書類

審査の際には、本人確認書類が必要になります。(すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っていて、手元にあるキャッシュカードをローンカードとして利用していく場合は本人確認書類不要となります)

また、借り入れ額に応じて、収入証明書も必要になることがあります。

必要書類は、WEBでアップロードしたり、郵送やFAX、ローン契約機などで提出することができます。

①本人確認書類
顔写真がついていて、現住所が記載されている以下のような本人確認書類が1つ必要になります。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード(顔写真つき)

健康保険証を提出する場合は、カードローンプラザに問い合わせましょう。

②収入証明書類
50万円を超える借入額を希望している場合は、以下のような収入が確認できる書類の提出が必要になります。

・給与明細書
・確定申告書
・源泉徴収票
・納税証明書
・住民税の課税証明書

など

カード受け取り方法は2種類

①ローン契約機でカードを受け取る

ローン契約機で申し込みからカード受け取りまでを行うことができますし、インターネットや電話で申し込みをして、カード受け取りだけをローン契約機で行うこともできます。

ローン契約機を利用すると、郵送してもらうよりも早い段階でカードを手にすることができるので、スピーディーな借り入れとなるでしょう。

②郵送でカードを受け取る

郵送でカードを受け取ることもできます。

郵送の場合、カード受け取りまで時間がかかってしまいますが、申し込みからカード受け取りまでの手続きを全て自宅にいながら行うことができるので便利です。

三井住友銀行でお金を借りる方法

①ATMからお金を借りる

以下のATMからお金を借りることができます。また提携金融機関のATM以外は、ATM利用手数料も時間外手数料も全て無料となります。

・三井住友銀行のATM
・ローソンATM
・セブン銀行ATM
・E-net
・ゆうちょ銀行
・提携金融機関ATM(利用手数料、時間外手数料必要)

※普通預金口座のキャッシュカードを利用する場合は、ゆうちょ銀行と提携金融機関のATMの利用はできません。ゆうちょ銀行や提携金融機関のATMを利用したい場合は、ローン専用カードを発行してもらいましょう。

店舗・ATM検索

②振り込みキャッシングでお金を借りる

普通預金口座を開設した場合は、SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング)を利用して、三井住友銀行の普通預金口座へ振り込み融資をしてもらうことが可能です。

SMBCダイレクトを利用すると、普通預金口座への振り込み手数料は無料です。

また、三井住友銀行に普通預金口座を持っていない方は、カードローン口座から他行へ振り込み手続きをすることもできます。(インターネット不可なのでATMで手続きする必要があります)

③三井住友銀行の自動融資でお金を借りる

三井住友銀行カードローンでは、希望すると自動融資サービスを付けることができます。

自動融資サービスがあると、クレジットカードや公共料金等の引き落としの際に残高不足でも、自動的にカードローン口座から融資してもらえます。

※以下の場合は、自動融資サービスの対象外となります。

・カードローンの約定返済
・約定返済日の口座振替
・支払い可能残高以上の引き出し
・返済用預金口座から積立定期への振り替え
・投資自動積立の自動引き落とし
・国際キャッシュカードサービス、ジェイデビットサービス利用時の残高不足

三井住友銀行の自動融資サービスを利用するためには、店頭窓口やローン契約機で手続きをしましょう。

三井住友銀行カードローンの返済方法

①ATMで三井住友銀行へ返済する

以下のATMから返済が可能となります。また、返済の場合もATM利用手数料、時間外手数料は無料となります。

・三井住友銀行のATM
・提携しているコンビニのATM(ローソンATM、セブン銀行ATM、E-net)
・ゆうちょ銀行のATM

※ただし、ローン専用カードではなく、普通預金のキャッシュカードで返済する場合は、ゆうちょ銀行ATMは利用できません。

②振り込みで三井住友銀行へ返済する

金融機関から振り込みで返済することも可能です。ただし、利用する金融機関によっては振り込み手数料がかかってしまいます。

もし三井住友銀行の普通預金口座を持っている場合は、インターネットバンキングのSMBCダイレクトを利用した振り込み返済も可能となります。

この場合の振り込み手数料は無料です。

③口座振替で三井住友銀行へ返済する

三井住友銀行の普通預金口座を元々持っている方や、普通預金口座を新たに開設する場合は、口座振替による返済も可能になります。

返済方法を口座振替に指定すると、カードローン返済用の預金口座から自動的に引き落としとなるので便利です。

三井住友銀行カードローンの返済期日

毎月必ず支払わなければならない「約定返済」の期日は、5日・15日・25日・末日の中から選択し決めることができます。給料日の翌日など、都合のよい日を返済期日にしておくといいでしょう。

また約定返済とは別で「臨時返済」をすることも可能です。

臨時返済は、三井住友銀行や提携のATMからもできますし、SMBCダイレクトを利用したり、振り込みによって返済することもできます。

臨時返済に期日はないので、お金に余裕があり、自分の都合のいい時に返済していくといいでしょう。ただし、利息金額以上の入金が必要です。

三井住友銀行カードローンの約定返済額

当座貸し越し金額 約定返済金額
1円~1,999円 借入残高全額
2千円~10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超60万円以下 11,000円
60万円超70万円以下 12,000円
70万円超80万円以下 13,000円
80万円超90万円以下 14,000円
90万円超100万円以下 15,000円
100万円超110万円以下 16,000円
110万円超120万円以下 17,000円
120万円超130万円以下 18,000円
130万円超140万円以下 19,000円
140万円超150万円以下 20,000円
150万円超160万円以下 21,000円
160万円超170万円以下 22,000円
170万円超180万円以下 23,000円
180万円超190万円以下 24,000円
190万円超200万円以下 25,000円
200万円超210万円以下 26,000円
210万円超220万円以下 27,000円
220万円超230万円以下 28,000円
230万円超240万円以下 29,000円
240万円超250万円以下 30,000円
250万円超260万円以下 31,000円
260万円超270万円以下 32,000円
270万円超280万円以下 33,000円
280万円超290万円以下 34,000円
290万円超300万円以下 35,000円
300万円超350万円以下 40,000円
350万円超400万円以下 45,000円
400万円超450万円以下 50,000円
450万円超500万円以下 55,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円
700万円超800万円以下 70,000円

 

三井住友銀行カードローンでお金借りるメリット・デメリット

三井住友銀行カードローンでお金借りるメリット

①口座開設不要でカードローンを利用できる

三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくてもカードローンでお金を借りることができます。

みずほ銀行などは、カードローンを利用するためには必ず普通預金口座を開設しなければならないので、みずほ銀行と比べると利便性は高いですね。

ただし、普通預金口座があると、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を利用して、カードローンの利用状況を確認したり、振り込みによる借り入れや返済が手数料無料で簡単にできるようになります。

また、口座からの自動引き落とし返済もできるようになるので、普通預金口座を持っている方が三井住友銀行カードローンは利用しやすくなります。

②キャッシュカードがローンカードに

ローン専用のカードが発行されるため普通預金口座の開設は不要なのですが、元々、三井住友銀行の普通預金口座を持っていてキャッシュカードも持っている場合、新たにローン専用カードを発行してもらわなくても、手持ちのキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるようになります。

カードを受け取りに行ったり、郵送してもらう必要がないのでスピーディーな借り入れが可能となります。

③手数料無料でお金を借りられる

三井住友銀行のカードローンを利用する場合、三井住友銀行ATMやコンビニのATM、ゆうちょ銀行ATMの利用手数料、時間外手数料が無料となります。

回数を気にせず何度でも借り入れと返済を繰り返すことができますね。

また、普通預金口座を持っている場合はSMBCダイレクトからの振り込み手数料も無料となります。

④来店不要でカードローンの契約が可能

インターネットや電話から審査に申し込み、必要書類もWEBから提出し、郵送でカードを受け取ると、三井住友銀行に来店せずに、カードローンの契約を完了させることができます。

⑤三井住友銀行にはローン契約機がある

大手消費者金融では、当たり前のように自動の契約機を設置していますが、銀行でローン契約機を設置しているところは少ないですね。

そのため、三井住友銀行カードローンのためのローン契約機は貴重と言えるでしょう。

⑥プロミスの自動契約機も利用可能

プロミスの自動契約機で、三井住友銀行カードローンのカードを発行してもらうことができます。

三井住友銀行のローン契約機の営業時間は9時~21時となっていますが、プロミスの自動契約機は9時~22時まで営業しているので、夜遅くなっても安心ですね。

三井住友銀行カードローンでお金借りるデメリット

①三井住友銀行カードローンは即日融資不可

三井住友銀行のカードローンの申し込みをすると、審査結果が出るのは最短でも翌営業日と言われています。基本的には2~3営業日程度かかることが多いそうです。

土日を挟むと審査結果が出るのが申し込んだ日の5日後になることもあるため、少し時間がかかりますね。

もちろん、即日融資はできません。

また、キャッシュカードを持っていない場合で、カード受け取り方法を郵送にすると、借り入れ開始までさらに時間がかかってしまいます。

急ぎの場合は、プロミスSMBCモビットなど、即日融資が可能な消費者金融に申し込みをするといいでしょう。

②普通預金口座がないと利用サービスが減る

三井住友銀行の普通預金口座がなくても、カードローンの契約をしてお金を借りることが可能ですが、普通預金口座があると使える以下のようなサービスが利用できません。

・普通預金口座からの自動引き落とし返済
・インターネットバンキングを利用した申し込み、借り入れ、返済、利用状況の確認

このページの先頭へ