ユニーファイナンスでお金借りる!借り方・返し方・審査申込み方法

名古屋に本店のあるユニーファイナンスは、安心できる消費者金融業者なのか?取り扱っているローンはどんな特徴なのか?金利や限度額、審査申込み方法、お金を借りる方法など、詳しく解説します。


ユニーファイナンスってどんな消費者金融業者?

ユニーファイナンスは東海地方を中心に営業している消費者金融です。営業所は有人店舗が名古屋市中村区に1店舗あるほか、契約機を設置している無人店舗は名古屋市、春日井市、北名古屋市、四日市市に合計5店舗展開しています。

現在の消費者金融ユニーファイナンスとして営業を開始したのは昭和60年(1985年)ですが、会社自体は昭和46年(1971年)にスタートしています。

名古屋ではもうおなじみの貸金業者と言っても良いでしょう。

正式な消費者金融として登録された後、3年ごとに行われる情報更新回数もすでに2桁に乗っています。老舗的存在の、安心してお金を借りることができる消費者金融だと言えるでしょう。

<ユニーファイナンス 会社情報>

商号 株式会社ユニーファイナンス
本店所在地 名古屋市中村区名駅4-26-7 名駅UFビル2F
代表電話番号 052-586-0448(フリーダイヤル0120-2929-80)
設立 昭和60年9月(会社創業 昭和46年1月)
登録番号 東海財務局長(11)第00086号
日本貸金業協会会員 第003412号
営業時間 平日9:00~19:00/土・日・祝日10:00~19:00(無人店舗も同じ)
加盟信用情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)

 

<ユニーファイナンス無人店舗>

金山無人店 名古屋市中区金山4-6-22 金山コスモビル3F
土古無人店 名古屋市港区川西通4-99-2
春日井無人店 春日井市大和通1-18-1
西春無人店 北名古屋市中之郷神明46-1
生桑無人店 四日市市生桑町川原崎297-1

 

ユニーファイナンス 本店へのアクセスは?

ユニーファイナンスの本店(有人店舗)は名古屋駅からほど近く、南東方向に徒歩5~6分の広小路通り沿いにあります。

店舗は名駅UFビルの2階にありますが、ビルの屋上に掲げられている大きな看板がかなり目立つので、迷うことはないのではないでしょうか。

無人店舗についても、金山店は金山駅、土古店は名古屋競馬場前駅のすぐ近くで、その他の店舗も消費者金融の無人店舗が並ぶ、車で出かけやすい立地になっています。

ユニーファイナンスのローン内容

ユニーファイナンスでは「無担保ローン」「不動産担保ローン」「事業者ローン」の3つの商品を扱っています。

当記事では主に無担保ローンの内容について掲載していますが、この項では無担保ローンだけでなく、不動産担保ローンと事業者ローンの内容についても簡単にご紹介します。

ユニーファイナンス「無担保ローン」

ユニーファイナンスの無担保ローンは使途に縛りのない自由度の高いローンです。

店舗でカードを発行すれば即日融資が可能!

融資の上限は300万円です(ただし総量規制の適用を受けるため、年収の3分の1を超えて借りることはできません)。

特筆すべきなのは、中小消費者金融では比較的珍しい「極度額方式」を採用しているということでしょう。

つまり、審査によって限度額が決められ、その範囲内であれば繰り返しお金を借りることができます。

また「FITカード」と呼ばれるキャッシングカードを利用すればさらに利便性が高まります。

お金を借りるときや返すときには、ユニーファイナンスが提携している消費者金融プロミスのATMが利用できます。

プロミスATMは全国47都道府県をカバーしていますし、ほとんどのコーナーが土日祝日にかかわらず深夜0時まで稼働しているので大変便利です。

中小消費者金融でこのようなサービスを行っているところはあまり多くありません。また、最高金利が17.95%までに抑えられているため、スペックとしては大手消費者金融と比べても遜色ないものだと言えるでしょう。

<ユニーファイナンス 無担保ローン概要>

融資金額 1万円~300万円
実質年率 12.00%~17.95%
遅延利率 20.00%以下
返済方式 借入残高スライドリボルビング※期日前の返済の一部もしくは全部、弁済も可能
返済期間 最終借入日から最長7年5ヶ月
返済回数 1~82回
担保・連帯保証人 原則不要、ただし専業主婦(主夫)の場合は配偶者の同意が必要

 

ユニーファイナンス「不動産担保ローン」

ユニーファイナンス「不動産担保ローン」では、土地、建物を担保に3,000万円までの融資を受けられます。

不動産担保ローンは無担保ローンとは異なるフォームで申し込みます。午前中に申し込みを行えば、最短翌日には融資を受けることが可能というスピーディーさが魅力。

ただし、ユニーファイナンス「無担保ローン」にはなかった年齢制限が設けられている点に注意してください。

※不動産担保ローンは総量規制の適用外となるため、年収の3分の1以上の額でも融資を受けることができます。

<ユニーファイナンス 不動産担保ローン概要>

融資金額 100万円~3,000万円
実質年率 6.00%~14.00%
遅延利率 20.00%以下
返済方式 残高スライドリボルビング・元金均等分割・元利均等分割
返済期間 原則最長10年
返済回数 120回以内
貸付対象者 満23歳以上、満70歳未満の定期的な収入と返済能力のある方
担保 土地・建物(不動産)
連帯保証人 原則不要
契約費用 根抵当権設定費用(司法書士委任費用を含む)、印紙代(実費)
その他費用 審査に必要な書類(実費)、不動産鑑定士費用(不動産鑑定士を利用した場合、実費)

 

ユニーファイナンス「事業者ローン」

ユニーファイナンスの事業者ローンは自営業の方を対象としたローンです。

無担保、保証人不要で契約できる(ただし法人契約の場合には連帯保証人が必要)代わりに融資額が200万円以下となる「ビジネスローン」と、不動産等の担保、連帯保証人が必要で1000万円まで融資可能な「スーパービジネスローン」の2種類があります。

消費者金融の事業者ローンは銀行などに比べると金利は高くなってしまいますが、その分スピーディーに契約できるというメリットがあります。

ユニーファイナンスは審査申込後、利用可能かどうかすぐに回答。その後正午までに全ての必要書類を提出すれば、最短翌日には融資を受けられます。

ユニーファイナンス「事業者ローン」はビジネスチャンスを逃したくないときなど、いち早くお金を工面したいときには大いに助けになるローンだと言えるでしょう。

ユニーファイナンスの事業者ローンへの申し込みは、専用のフリーダイヤルが設けられています。

インターネットでも審査に申し込めますが、無担保ローンとはフォームが異なる点に注意してください。また、事業者ローンにも「満23歳以上、満70歳未満」という年齢制限があります。

<ユニーファイナンス 事業者ローン概要>

契約限度額または貸付金額 [ビジネスローン] ~200万円
[スーパービジネスローン] 100万円~1000万円
実質年率 12.00%~17.95%
遅延利率 20.00%以下
返済方式 残高スライドリボルビング・元金均等分割・元利均等分割方式※期日前の一部または全部の繰上げ弁済は可能
返済期間 [ビジネスローン] 原則3年以内
[スーパービジネスローン] 原則5年以内
返済回数 [ビジネスローン] 36回以内
[スーパービジネスローン] 60回以内
貸付対象者 自営業の方で満23歳以上、満70歳未満の定期的な収入と返済能力のある方
担保 [スーパービジネスローン] 土地・建物(不動産)・有価証券
連帯保証人 [ビジネスローン] 原則不要(ただし法人契約の場合は代表者が連帯保証人になります)
[スーパービジネスローン] 1名以上必要(要審査)
契約費用 印紙代(実費)
その他費用 審査に必要な書類(実費)

 

ユニーファイナンスへの審査申し込み方法

ここからは、ユニーファイナンスの無担保ローンについて、さらに詳しく見ていくことにしましょう。

ユニーファイナンスの無担保ローンへの審査申し込みはインターネット、電話、FAX、店舗窓口(有人店舗)、自動契約機(無人店舗)で受け付けています。審査に通った後は契約手続きを経て融資となりますが、店舗で契約する場合と郵送で契約する場合に分かれます。

郵送でユニーファイナンスと契約する場合には書類のやり取りが終わった後での振込になるため、融資までに時間がかかってしまいます。

即日融資を希望するなら店舗(有人店舗窓口または自動契約機)で契約しなければなりません(ただし新規でない場合には、平日14:00までに全ての手続が完了すれば、即日振込も可能です)。

審査にかかる時間は明らかになっていませんが、申し込みに不備がなければ1時間程度で完了することも少なくないようです。

審査と申し込みの概要

申込方法 インターネット、電話、FAX、店舗窓口(有人店舗)、自動契約機(無人店舗)
審査最短時間 不明
申込資格 ・満20歳以上の定期的な収入と返済能力のある方
・他社借入額が年収の3分の1を超えていない方
・固定電話のある方

 

ユニーファイナンスの無担保ローンは配偶者貸付にも対応しており、専業主婦(主夫)の方も申し込むことが可能です。

ただし配偶者の同意と書類の提出が必要で、配偶者の返済能力に対しても審査が行われます。

不動産担保ローンや事業者向けローンで設けられている年齢の上限が、無担保ローンには設定されていません。

その分やや間口が広いローンのようにも感じられますが、一方で固定電話が必要なことなど、必ずしも審査が甘いとは言えない状況も垣間見られます。

申し込みから審査、お金を借りるまでの流れ

ユニーファイナンスへの申し込みにはいくつかの方法がありますが、流れはだいたい同じです。ただし契約方法と融資方法で違いが出てくるので、その前後で分けてご紹介します。

申し込みから審査まで

●インターネットでの申し込み
1. 公式サイトから必要事項を入力して送信する
2. 電話による聞き取り調査を受ける
3. 必要書類をFAXする
4. 審査
5. 電話による在籍確認
6. 指定の方法で審査結果が伝えられる

●電話での申し込み
1. ユニーファイナンスに電話する(0120-2929-80)
2. 聞き取り調査を受ける
3. 必要書類をFAXする
4. 審査
5. 電話による在籍確認
6. 電話にて審査結果が伝えられる

●有人店舗窓口での申し込み
1. 必要書類を持って有人店舗に出かける
2. 店頭窓口で必要書類を提出、聞き取り調査を受ける
3. 審査
4. 電話による在籍確認
5. その場で審査結果が伝えられる

●無人店舗(自動契約機)での申し込み
1. 必要書類を持って無人店舗に出かける
2. 指示に従い必要事項を契約機に入力する
3. 電話による聞き取り調査
4. 自動契約機で必要書類を送信する
5. 審査
6. 電話による在籍確認
7. 電話等で審査結果が伝えられる

※ユニーファイナンスの審査回答時間は平日の8:30~19:00の間で、可決の場合はもちろん審査落ちの場合にも必ず連絡があります。

この時間内に回答がなければ、ほとんどの場合で翌営業日には連絡があるはずですが、もししばらく待っても回答のない場合には、直接電話して訊いてみたほうが良いでしょう。

契約からお金を借りるまで

●有人店舗窓口、無人店舗(自動契約機)で契約する場合
1. その場で契約を結び、FITカードを発行する
2. 店舗ATMでキャッシング、または振込融資を依頼する

●店舗に行かずに契約する場合
1. 自宅に契約書、FITカードが郵送される
2. 必要事項を記入し、ユニーファイナンスまで返送する
3. ユニーファイナンスが書類を確認次第、融資可能に
4. 振込を依頼、またはATMからお金を借りる

※FITカードはお近くのプロミスATMでも利用可能です。

ユニーファイナンスの必要書類

ユニーファイナンスの無担保ローンに申し込む場合には、本人であることを証明する身分証明書と収入を証明できる書類が必要になります。

▼本人確認書類(身分を証明できる書類の写し)
・運転免許証
・健康保険証

通常はこのどちらかを用意してください。パスポートなど上記以外の書類を身分証明書として使うには、2点以上が必要になります。

また、本人確認書類に記載されている住所が現在お住まいの住所と異なっている場合には、現住所が明記されている書類も併せて用意してください。

公共料金(水道、電気、ガス、固定電話、NHK)の領収書があれば十分です。

▼収入証明書類(年収の確認できる書類の写し)
・所得証明書(最新のもの)
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月) などのうち1点

収入証明書については特に、

・ユニーファイナンスの契約極度額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・ユニーファイナンスの契約極度額が50万円を超える場合

には、貸金業法により提出が義務付けられています。

ユニーファイナンスは在籍確認をする?

多くの消費者金融と同様、ユニーファイナンスでも電話による在籍確認は必ず行われています。

プライバシーの観点から、消費者金融からの電話であるとわからないよう、個人名での連絡になるのでその点は安心です。

在籍確認の電話は本人が出ても良いですし、出なくても差し支えありません。電話に出た方が「○○はただいま席を外しています」などといった応答をしても、その職場に在籍していることがわかるからです。

また、本人が出た場合には念のため、誕生日などの簡単な質問をされることがあります。電話は通常1分もかからずに終了します。

ユニーファイナンスでお金を借りる方法・増枠方法

ユニーファイナンスの無担保ローンはカードローンなので、融資可能な枠内でまだ余裕のある状況なら、いつでも好きなときにATMなどから追加でお金を借りることができます。

中小消費者金融が扱うフリーローンの多くは一旦お金を借りたら後は返すだけの一方通行なので、そちらと比べると全く別物とも言える使い勝手の良さが魅力。

お金を借りるたびにインターネットや電話で審査に申し込む必要はないので、いざというときにも大変便利です。

ただし限度額自体を増やしたい(増枠したい)ときには、改めて審査を受けることになります。

増枠が認められるためには、少なくとも半年程度は滞りなく借入・返済を続けて実績を積まなければなりません。

もしもその間に延滞を起こしていると、増枠が認められないどころか減額されてしまう可能性すらあるので、申し込みは控えたほうが良いでしょう。

延滞に関してはユニーファイナンスだけでなく他社の借り入れ分も含めて審査に影響しますので、十分に注意してください。

また延滞がなくても他社借入額が膨らんでいると、経済状態が悪化していると判断され、増枠審査に通らない可能性が大きくなります。

増枠を狙うのであれば、他社での借り入れをいたずらに増やすことがないように気をつけましょう。

ユニーファイナンスへの返済方法

ユニーファイナンスへの返済方法には

・指定口座への振込
・有人店舗で現金での支払い
・プロミスATMで入金

の3通りがあります。

その都度ご自身の都合の良い方法で返済すれば良いのですが、ユニーファイナンスの店舗で直接返済する以外は手数料がかかってしまうのが残念なところです。

返済方式は「借入残高スライドリボルビング方式」と呼ばれる方法で、これは最新の借り入れ直後の金額に合わせて、一定となる月々の返済額が決められる方式です。

ユニーファイナンスではこの額を最低返済額として、それ以上の額であればいくら返済しても良いという自由返済方式を取っています。余裕のあるときには多めに返済することで、完済までの期間を短縮することが可能です。

もしも利用中に再度お金を借りた場合には、月々の最低返済額が設定し直されます。

残高が増えた場合には月々の最低返済額も増えることになりますが、その分完済まで長期化するのを防ぐことができます。

自分の限度を超えるようなお金の借り方をしたり返済に無理をしない限りは、きわめて合理的な返済方法だと言えるでしょう。

ユニーファイナンスでお金を借りるのにオススメな方は?

口コミを調査すると、債務整理歴のある方や多重債務者でもユニーファイナンスでお金を借りられたとの声がいくつも見つかります。

本人に収入のない専業主婦(主夫)でもお金を借りられる「配偶者貸付」が可能であると謳っていることなどを考えても、大手消費者金融と比べれば審査が柔軟であるのは確かです。

とは言え、融資条件が利用者にとって有利な商品であればあるほど審査は厳しくなるのも事実です。

ユニーファイナンスの無担保ローンの上限金利は17.95%。10万円未満の融資でもこの利率で借りられるのは、中小消費者金融では好条件ですし、カードが持てる分、利便性にも優れています。

ここから想像できるように、ユニーファイナンスの審査は他の中小消費者金融と比べると、決して甘いということにはなりません。

属性が良くない場合、契約できるのはあくまでも現在の収支状況に問題がないと判断されたケースに限られます。

配偶者貸付にしても審査を通過する確率は低いと言われ、通ってもかなり控えめの額にとどまります。

中小消費者金融の中ではことさら「甘い」部類には入らず、決して誰でも借りられるわけではないというのが実際のところです。

これらのことから、ユニーファイナンスをお勧めできるのは、「大手消費者金融ではすでに借りているけれど、中小消費者金融ではお金を借りていない」という方になるでしょう。

ユニーファイナンスの会社概要ページを読むと、その企業理念から地域密着型の意識が強く伝わってきます。

ここ数年、無人店舗をいくつか閉鎖しているユニーファイナンスですが、インターネットからの申し込みを重視しながらも、地域に根ざした営業をという基本姿勢はこれからもそれほど変わらないのではないかと考えられます。

全国に対応しているとは言っても、ユニーファイナンスは、やはり東海地区にお住まいの方に対してより手厚い対応が期待できる消費者金融です。

このページの先頭へ