西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」でお金を借りる

西日本シティ銀行では利用する方や目的に合わせて、以下のようなカードローンを用意しています。

・NCBキャッシュエース
・キレイのトビラ(女性専用カードローン)
・NCBカードローンV-CLASS(年収400万円以上、住宅ローン利用している方向けのカードローン)
・NCB EZ教育カードローン(学生の保護者の方のためのカードローン)
・学生奨学カードローン(学生のためのカードローン)

どのカードローンも、3~4営業日程度で審査が完了するため、急ぎの方にもお勧めです。

ここでは、西日本シティ銀行の一般的なカードローン「NCBキャッシュエース」の、金利や借入限度額、審査申し込み方法、お金を借りる方法、返済方法、NCBキャッシュエースでお金を借りるメリット、デメリットなどを解説します。


<メニュー>

西日本シティ銀行カードローン「NCBキャッシュエース」の特徴

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」基本情報

金利(固定金利) 年13.0%~14.95%(保証料込)
利用限度額 10万円~300万円(専業主婦は50万円まで)
申込資格 ・満20歳以上69歳以下で、安定した収入がある方。
・取扱店の近くに現住所か勤務先がある方。(岡山県、広島県、山口県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)
・保証会社の保証が受けられる方。
(パート、アルバイト、専業主婦、新入社員、年金生活者も可。学生は不可)
資金使途 原則自由(事業性資金は除く)
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料
審査結果 3~4営業日程度で審査完了。申し込みから融資まで1週間程度。
公式サイト こちら

 

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の金利

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の金利は、契約額によって以下のように決定します。

契約額 金利
100万円未満 年14.95%
100万円以上 年14.0%
200万円以上 年13.0%

 

他の銀行カードローンとの比較

銀行 金利 限度額
京葉銀行カードローン 年5.0%~14.0% 30万~300万円
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~14.6% 10万円~500万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 10万円~800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン 年3.5%~12.475% 10万円~800万円
ソニー銀行カードローン 年2.50%~13.80% 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 最高800万円
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 10万円~800万円
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6% 10万円~1,000万円
京葉銀行カードローン「そっけつくん」 年5.0%~14.0% 30万~300万円
千葉銀行カードローン 年1.7%~14.8% 10万円~800万円
筑波銀行カードローン 年4.8%~14.6% 10万円~500万円
南都銀行カードローン 年4.0%~14.0% 10万円~1,000万円
もみじ銀行カードローン「マイカードもみじ君」 年4.5%~14.5% 30万~300万円

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の金利は、他の銀行カードローンに比べてやや高めですね。

西日本シティ「NCBキャッシュエース」の利用は口座開設が必須

NCBキャッシュエースを利用する場合、西日本シティ銀行の普通預金口座が必要になります。

お金を借りる場合は、普通預金口座のキャッシュカードや通帳を使いますし、返済は普通預金口座からの自動引き落としとなるからです。

西日本シティ銀行の口座を持っていない方は、カードローン契約時までに来店し口座開設の手続きを済ませましょう。

西日本シティ銀行の店頭窓口でカードローンの申し込みと同時に口座開設をすることもできるのですが、万が一審査に通過できないとせっかく口座開設をしても無駄になってしまいます。

ですから、まずはインターネットや電話でNCBキャッシュエースの申し込みを済ませ、審査結果と融資条件を聞いてから来店し、ローンの契約と同時に口座開設手続きをするといいでしょう。

すでに西日本シティ銀行の口座を持っているという場合は、来店不要のWEB完結も可能となりますし、カードが届くまで待たなくても手持ちのキャッシュカードですぐにお金を借りることが出来るので、とてもスピーディーな流れとなります。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の審査時間は?即日融資は可能?

比較的早い段階で借り入れが可能となるNCBキャッシュエースではありますが、やはり銀行カードローンとなるため、即日融資はできません。

即日融資を希望する方は「お金借りる窓口 - 即日でお金を借りたい方へ」をご覧ください。

審査に申し込んでから実際にお金を借りるまでどれくらいかかるのか、西日本シティ銀行に確認してみたところ、基本的には審査に3~4営業日、融資までは1週間程度必要になるとのことでした。

しかし、西日本シティ銀行の口座を持っていない方はその後口座開設のために来店する必要があるため、いつ来店できるかによって融資可能となる日が変わってきます。

ただし、NCBキャッシュエースは、キャッシュカードでお金を借りることが出来ますし、西日本シティ銀行のATMであれば通帳でも借りることが出来ます。

そのため、キャッシュカードをすでに持っている方は契約完了後すぐにATMから出金出来ますし、キャッシュカードを持っていない方でも、口座開設をしてその場で通帳を発行してもらうと、通帳を使ってATMからお金を借りることが出来ます。

カードが郵送されてくるのを待つ必要がないのでスピーディーな借り入れが可能となるのです。

西日本シティ銀行銀行カードローン「NCBキャッシュエース」審査申し込み方法・お金を借りるまでの流れ

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」審査申し込み~契約の流れ

NCBキャッシュエースの申し込みからお金を借りるまでの基本的な流れは以下の通りとなります。

①申し込み(パソコン、スマートフォン、電話)
②西日本シティ銀行の審査開始
③本人確認、在籍確認の電話
④審査結果の連絡
⑤契約(WEB、郵送、来店)※口座を持っていない方はこの時までに口座開設
⑥カード(キャッシュカード)発行、郵送
※すでに口座を持っている方は、キャッシュカードや通帳を使ってATMからの借り入れ開始。
⑦カード受け取り次第、カードを使った借り入れ開始(通帳からの借り入れも可能)

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」審査申し込み方法

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の審査申し込み方法は、「WEBで申し込み」「電話で申し込み」「店頭申し込み」の3種類あります。

①WEBでNCBキャッシュエースの審査に申し込む

NCBキャッシュエースは、WEBから24時間365日申し込みが可能です。パソコンやスマートフォンを使って自宅で手続きができるので便利ですね。

NCBキャッシュエースのホームページの「口座をお持ちの方のお申込みはこちら」か「口座をお持ちでない方のお申込みはこちら」のいずれかを選択すると申し込みフォームに進むことが出来ます。

必要事項を入力し、申し込みしましょう。

ただし、西日本シティ銀行に口座を持っていない場合は口座開設のための来店が必要となりますし、契約書類については郵送やFAX等でやり取りする必要もあります。WEB完結とはならないので注意しましょう。

WEBだけで申し込みから契約までを完結させたい場合は、以下のような条件をクリアする必要があります。

<NCBキャッシュエースWEB完結申し込みの条件>

・西日本シティ銀行の普通預金口座を持っていること。(キャッシュカード発行済みであること)

・福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、山口県、広島県、岡山県に住んでいる方。

・申し込み時点で、西日本シティ銀行の別のカードローン契約がない方。

これらの条件をクリアできる場合、WEBで完結できる「NCBキャッシュエース(WEB)」の申し込みが可能となります。

②電話でNCBキャッシュエース審査に申し込む

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」は、電話での申し込みも受け付けています。

パソコンやスマートフォンの操作が不慣れな場合は助かりますね。担当のオペレーターの方に質問や相談をしながら手続きを進めることが出来るので安心です。

<電話受付時間>

ローンコールデスク(0120-714-919)

平日:9時~20時
土日:10時~17時

休業日:12月31日~1月3日、5月3日~5月5日、祝日、振替休日

③店頭でNCBキャッシュエース審査に申し込む

西日本シティ銀行へ来店できる方は、店頭窓口でNCBキャッシュエースの申し込みをすることもできます。(東京支店と大阪支店を除く)

店頭窓口では口座開設の手続きも同時にできるので、1度に済ませたい場合は窓口が便利です。

ただし審査結果はその場ではわからないので、1度帰宅し、審査結果の連絡を待たなければなりません。

そのため、インターネットや電話で申し込み手続きを済ませ、審査に通過できてから西日本シティ銀行へ来店した方がスムーズな流れとなるでしょう。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の審査に必要な書類

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の審査の際に必要な書類は、本人確認書類になります。また、借り入れ額に応じて、収入証明書も必要になることがあります。

本人確認書類や収入証明書類はWEBでアップロードしたり、郵送や来店などの方法で提出することができます。

①通帳・届け印(口座がない場合は新規作成)

②本人確認書類

有効期限内で、現住所が記載されている以下のような本人確認書類が1つ必要になります。

・運転免許証
・個人番号カード
・写真付き住民基本台帳カード

※上記のいずれも用意できない場合は、パスポートや健康保険証と一緒に住民票の写しが必要になります。

③収入証明書類
借入希望額が50万円を超える場合、以下のような収入を証明する書類が必要になります。
・所得証明書
・源泉徴収票
・住民税課税決定通知書
・税務署発行の直近の納税証明書 その1・その2(個人事業主の場合)

西日本シティ銀行のローンカード受け取り方法は郵送のみ

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の利用のためには、西日本シティ銀行の普通預金口座を開設する必要があります。

普通預金口座を開設すると、キャッシュカードが発行されるのですが、このキャッシュカードがローンカード代わりとなるのです。

キャッシュカードは口座開設をした後、郵送されてきます。

西日本シティ銀行の店頭窓口で受け取ることはできないので、郵送されてくるのを待ちましょう。

西日本シティ銀行カードローン「NCBキャッシュエース」でお金を借りる方法

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」でお金を借りる方法は、「ATMからお金を借りる」「自動立替機能を利用」の2種類です。

①カードや通帳を使ってATMからお金を借りる

西日本シティ銀行のATMや提携のコンビニATMなどからお金を借りることが出来ます。

ATMの画面で「カードローン」を選択し、キャッシュカードやオールインワンカード(クレジット機能が付いたキャッシュカード)、通帳のいずれかを使ってお金を借りましょう。

また、預金口座の「引き出し」を選択して普通預金口座の方から必要な金額を借りることもできます。

預金口座から引き出す場合は、出金額から預金残高を差し引いた額をカードローンから借り入れする形になります。

ATM借り入れの条件

利用可能時間帯 7時~23時
ATM利用手数料 西日本シティ銀行ATMの場合、8時45分~18時は無料。その他は有料。
ATM時間外利用手数料 有料
1日当たりの引出限度額 磁気ストライプカードの場合50万円まで、生体認証カードの場合100万円まで。
借入単位 西日本シティ銀行で平日の8時45分~18時は1円単位~。その他は1,000円単位~。
提携ATM 西日本シティ銀行、ローソン銀行、E-net、セブン銀行、ゆうちょ銀行

 

ATM借り入れ可能時間

▼西日本シティ銀行

平日 7時~23時
土日、祝日 8時~21時
手数料無料となる時間 平日の8時45分~18時

 
 

▼ローソン銀行・セブン銀行・E-net

月曜 7時~24時
火曜~土曜 24時間
日曜、祝日 0時~21時

 
 

▼ゆうちょ銀行

平日、土曜 0時5分~23時55分
日曜、祝日 0時5分~21時

 
店舗・ATMナビ

②自動立替機能でお金を借りる

NCBキャッシュエースには、公共料金やクレジットカードの引き落としがある際に口座が残高不足でも、不足分を自動的にカードローン口座から立替する機能がついています。

うっかり入金し忘れた時や、別の引き落としがあり残高不足になってしまった時なども安心ですね。

ただし、西日本シティ銀行からの借り入れの返済金に対しては自動立替はしてもらえないので注意しましょう。

西日本シティ銀行カードローン「NCBキャッシュエース」の返済方法

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の返済方法は「自動引き落とし返済」「ATM返済」の2種類です。

ただし、毎月の約定返済は普通預金口座からの自動引き落としのみで、繰り上げ返済はATMから行うことができます。

①自動引き落としで返済

NCBキャッシュエースの返済分は、毎月期日(10日)に西日本シティ銀行の普通預金口座からの自動引き落としとなります。

返済額を入金しておくだけで自動的に返済が完了するので安心ですが、期日までの入金を忘れないようにしましょう。

<返済条件>

入金可能時間 期日の前日まで
返済期日 毎月10日(休業日の場合は翌営業日)

 

②ATMから返済

西日本シティ銀行のATMや提携のATMから繰り上げ返済を行うことが出来ます。

約定返済額の他に余裕があるときに繰り上げ返済をしていくと、早い段階で完済することが出来るため、支払う利息分も減らすことが出来お得です。

ATM返済の条件

ATM利用手数料 西日本シティ銀行の場合、無料。その他は有料。
ATM時間外利用手数料 西日本シティ銀行の場合、時間外、土日祝日も無料。その他は有料。
硬貨の取扱い 西日本シティ銀行のATMで、平日8時45分~18時の間は硬貨の取り扱い可能。その他は1,000円単位~。
提携ATM 西日本シティ銀行、ローソン銀行、E-net、セブン銀行、ゆうちょ銀行

 
店舗・ATMナビ

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の約定返済額

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の返済額は、返済日の前日の利用残高に応じて、以下のように決定します。

返済日前日の利用残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円超50万円以下 1万円
50万円超150万円以下 2万円
150万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円

 

西日本シティ銀行カードローン「NCBキャッシュエース」でお金を借りるメリット

①24時間365日WEB申し込み可能、来店不要

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」は、24時間365日、WEBから申し込みをすることが出来ます。

また、西日本シティ銀行の口座をすでに持っている場合は、WEBだけで契約までの全ての手続きを完結させることもできます。この場合は来店不要となるため、便利ですね。

②自動立替機能つき

公共料金やクレジットカードの引き落としの際に口座が残高不足でも、NCBキャッシュエースであれば自動立替機能がついているため、不足分を自動的に融資してくれます。

③専業主婦、新入社員、年金受給者もお金を借りられる

通常のカードローンは、勤続年数が1年以上の安定した収入がある方が申し込み対象となるものがほとんどですが、NCBキャッシュエースは収入のない専業主婦や年金受給者でも、勤続年数が1年未満の新入社員でも申し込むことができます。

④土日でも西日本シティ銀行へ来店可能

仕事などの都合で、なかなか平日の昼間に銀行に来店できないという方も多いと思います。

しかし、西日本シティ銀行の場合、土日も営業している「ローン営業室」があるので、来店し窓口で相談や手続きができるのは嬉しいですね。

<ローン営業室の営業時間>

平日 9時~17時
土日 10時~17時
休業日 12月31日~1月3日、5月3日~5月5日、平日の祝日、振替休日

ローン営業室の案内

⑤女性のためのカードローンあり

西日本シティ銀行のカードローンの中には、女性専用の「キレイのトビラ」というカードローンもあります。

基本的な内容は、NCBキャッシュエースと変わりないのですが、金利が若干低めになっているため、女性でも利用しやすくなっています。

また、こちらも3~4営業日程度で審査が完了しますし、審査に問題がなければ1週間程度での借り入れ開始も可能となります。

ただし、パート、アルバイト、専業主婦、年金生活者はお金を借りることが出来ません。このような方はNCBキャッシュエースを選択しましょう。

<キレイのトビラの金利>
キレイのトビラの金利は、契約額によって以下のように決定します。

契約額 固定金利
100万円未満 年12.95%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円以内 年11.0%

 

「キレイのトビラ」についての詳しい内容についてはこちらをご確認ください。

⑥キャッシュカードや通帳でお金を借りることができる

通常、カードローンの申し込みをすると、ローン専用カードが発行されますね。

しかし、NCBキャッシュエースの場合は、キャッシュカードがそのままローンカードになります。

また、カードが手元になくても、通帳を使ってATMからお金を借りることもできるようになっています。(西日本シティ銀行に電話で確認済み)

西日本シティ銀行カードローン「NCBキャッシュエース」でお金を借りるデメリット

①口座開設が必要

NCBキャッシュエースを利用するためには、西日本シティ銀行の普通預金口座を開設する必要があります。

借入には普通預金口座のキャッシュカードを使いますし、返済は普通預金口座からの自動引き落としとなるからです。

口座を開設しなくても利用できる銀行カードローンもあるので、口座をあまり増やしたくないという方は「少し面倒」と感じるかもしれませんね。

②即日融資不可

他の銀行と同様、NCBキャッシュエースでも即日融資はできません。しかし、審査は3~4営業日程度で完了するので、早い段階での借り入れは可能です。

③利用可能地域が限定

NCBキャッシュエースは、勤務先か現住所が取扱店の近くでなければ利用することができません。

取扱店は岡山県、広島県、山口県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県と限られてしまうため、利用できる方の幅は狭まってしまいますね。

④インターネットバンキングを利用した借り入れは不可

西日本シティ銀行では、インターネットで様々な手続きができるインターネットバンキング「NCBダイレクト」が用意されています。

しかし、このNCBダイレクトを利用したカードローンの借り入れはできません。

西日本シティ銀行「NCBカードローンV-CLASS」

西日本シティ銀行では、年収400万円以上で、住宅ローンを利用している方のためのお得なカードローン「NCBカードローンV-CLASS」も用意しています。

とても低金利になりますし、利用限度額も1,000万円と高額になるため、住宅ローンを利用している方や、住宅ローンの契約を検討している方にはお勧めしたいローンになります。

NCBカードローンV-CLASSの基本情報

金利(変動金利) 年3.0%~7.1%(保証料込)
利用限度額 50万円以上1,000万円以内
申込資格 ・満20歳以上満64歳以下の方。
・現住所か勤務先が西日本シティ銀行の営業エリア内である方。
・保証会社の保証が受けられる方。
・以下のいずれかに該当する方。
前年度税込み年収が400万円以上の給与所得者か会社代表者の方。
住宅ローンの契約をしている方、もしくは新たに住宅ローンを契約する方。
資金使途 原則自由(事業性資金は除く)
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料
審査結果 3~4営業日で審査完了
公式サイト こちら

 

NCBカードローンV-CLASSは低金利

NCBカードローンV-CLASSは、契約額に応じて、以下のように返済額が決定します。

変動金利となっているため、短期プライムレートが変動すると借り入れ金利も変動していくのですが、2019年4月現在では最大でも年7.1%なので、NCBキャッシュエースに比べるととても低金利ですね。

契約額 金利
500万円以下 年7.1%
500万円超600万円以下 年6.0%
600万円超700万円以下 年5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%
800万円超 年3.0%

 

NCBカードローンV-CLASSの返済額は5,000円~

毎月10日に西日本シティ銀行の普通預金口座から自動引き落としとなります。

返済額は返済日前日の利用残高に応じて、以下のように決定します。

利用残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円超50万円以下 1万円
50万円超150万円以下 2万円
150万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 6万円
400万円超500万円以下 7万円
500万円超600万円以下 8万円
600万円超700万円以下 9万円
700万円超800万円以下 10万円
800万円超900万円以下 11万円
900万円超1,000万円以下 12万円

 

学生の保護者のための「NCB EZ教育カードローン」

西日本シティ銀行では、中学、高校、短大、大学、専門専修学校、予備校に在学中か進学予定のお子さんをお持ちの保護者のための「NCB EZ教育カードローン」も用意されています。

在学期間中であれば、利用限度額の範囲内で何度でも入出金が可能なので、必要に応じて借りていくことが出来ますね。※卒業予定年月日の翌月以降は返済のみとなります。

NCB EZ教育カードローンの基本情報

金利 年4.8%(保証料込み)
利用限度額 10万円以上500万円以内
申し込み資格 ・満20歳以上満60歳以下の安定した収入がある方。
・中学、高校、短大、大学、専門専修学校、予備校に在学もしくは進学予定の子がいる保護者の方。
・現住所か勤務先が西日本シティ銀行の営業エリア内にある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
(パート、アルバイト、年金生活者は不可)
資金使途 教育に関する資金
担保・保証人 不要
入会金・年会費 無料
審査結果 3~4営業日で審査完了
公式サイト こちら

 

NCB EZ教育カードローンは低金利

保証料込みで年4.8%と、NCBカードローンV-CLASSよりも低金利になっています。

通常のカードローン「NCBキャッシュエース」は上限が年14.95%となっているため、10%以上低くなりますね。

また、借りたい金額が決まっている場合は、EZ教育カードローンよりも低金利となるEZ教育ローンもお勧めです。(※教育カードローンは利用限度額の範囲内で何度も入出金が可能となりますが、教育ローンの場合は必要額を先に借り、その後は返済のみとなっていきます)

どちらか一方に決められないという場合は、両方同時申し込みも可能となっています。同時に申し込むと教育ローンの金利割引の対象となるのでさらにお得です。

EZ教育ローンの金利は以下のようになります。

<EZ教育ローンの金利>

変動金利 年2.4%(割引後金利 年1.7%)
固定金利 年2.9%(割引後金利 年2.2%)

※給与振り込みか住宅ローンを利用すると、通常金利から0.4%割引となります。また、カードローン・オールインワン・NCBダイレクトの利用でそれぞれ0.1%の割引が実現します。

全て利用すると最大で0.7%割引となるため、とてもお得です。

利用限度額の範囲内で何度でもお金を借りられる

EZ教育カードローンは、その名の通り「カードローン」となるため、利用限度額の範囲内であれば、何度でもお金を借りることが可能になります。

必要に応じてお金を借り、余裕が出来たら返済していくことが出来るので便利ですね。

学生でも申し込める「NCB学生奨学ローン」

未成年の学生(親権者の同意が必要)でも申し込みが可能となる学生専用のカードローンとなります。

授業料や教材費など学校生活に必要な物を購入する際に活用できるので安心ですね。

また、在学中は返済負担が軽くなっていて、元金の返済は卒業してからとなるため、社会人になってから少しずつ返済していくことが出来ます。

NCB学生奨学ローンの基本情報

金利(固定金利) 年2.0%(保証料込)※卒業後は短期プライムレート+2.825%(変動金利)
利用限度額 10万円以上100万円以内
申し込み資格 ・満18歳以上満30歳以下の方。
・短大・大学・大学院・専門専修学校(学校法人・公的機関であること)に在学、もしくは進学される方。
・現住所が西日本シティ銀行の営業エリア内であること。
・NCBダイレクトの契約ができる方。
・保証会社の保証が受けられる方。
※未成年の場合は親権者の同意が必要です。
資金使途 学生生活に必要な資金
担保 不要
保証人 必要。以下の条件を満たす方を連帯保証人とすること。
・満20歳以上満60歳以下の方
・年収が基準以上であること。
給与所得:勤続年数1年以上、前年度税込年収200万円以上
会社代表者:勤続年数2年以上、前年度税込年収200万円以上
個人事業主:営業2年以上、前年度所得200万円以上
入会金・年会費 無料
審査結果 3~4営業日程度で審査完了。
公式サイト こちら

 

NCB学生奨学ローンは未成年でも申し込み可能

18歳以上で親権者の同意が得られると、未成年でも申し込みすることが出来るローンになります。

ただし、NCB学生奨学ローンは、窓口申し込み商品となるため、申し込むためには学生本人と連帯保証人が来店しなければなりません。

NCB学生奨学ローンは在学期間中の返済負担が軽い

返済分は西日本シティ銀行の普通預金口座から自動引き落としとなります。

在学期間中は以下のように利息のみの支払いになるため、月々の返済負担がとても軽く安心です。

<在学期間中の返済額>

前回約定日から今回約定日前日までの平均残高 返済額
10万円 167円
30万円 500円
50万円 834円
100万円 1,667円

 

<卒業後の返済額>
卒業すると、元金も含めた返済が開始します。

卒業後(卒業予定年月以降最初に到来する6月もしくは12月)の約定返済日時点の利用残高によって、以下のように返済額が決定します。

利用残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円

 

このページの先頭へ