みちのく銀行でお金借りる!カードローン「トモカ」の特徴

青森県に本店を置く地方銀行の「みちのく銀行」は、「家庭の銀行」をスローガンとし、地域住民に密着したサービスに力を入れています。

そんな「みちのく銀行」では手軽に利用できるカードローン「トモカ」を提供しています。

みちのく銀行カードローン「トモカ」でお金を借りられる方は、青森県、北海道、秋田県、岩手県、宮城県にお住いの方と限られてしまいますが、店頭申し込みはもちろんのこと、WEBからの申し込みも可能な「WEBカードローン トモカ」も用意されているので、いつでも気軽に申し込みができます。

今回は、みちのく銀行の「カードローントモカ」「WEBカードローン トモカ」の金利や借り入れ限度額、審査申し込み方法、お金を借りる方法、返済方法、トモカでお金借りるメリット・デメリットなどを解説します。


<メニュー>

みちのく銀行「カードローン トモカ」の特徴

みちのく銀行では、店頭申し込みの「カードローン トモカ」と、WEB申し込みの「WEBカードローン トモカ」という、2種類のカードローンを用意しています。

審査申し込み方法(店頭かWEBか)の他、限度額や申し込み条件なども異なりますが、カードローンとしての基本的な内容は同じになっているので、ここでは2種類をまとめて紹介していきます。

みちのく銀行カードローン「トモカ」の基本情報

金利 年4.9%~14.0%(保証料込)
利用限度額 10万円~500万円(10万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円の中から選択
※WEBカードローン トモカは300万円まで
※パート、アルバイト、専業主婦の場合は10万円まで
申込資格 青森県、北海道、秋田県、岩手県、宮城県内にお住いの方で、保証会社の保証を受けられる方。さらに、利用限度額ごとに以下の基準を満たしている方。
<利用限度額が10万円~100万円の場合>
・申し込み時の年齢が満20歳以上満64歳以下の方。
・安定した収入のある方。
※限度額10万円までであれば、パート、アルバイト、専業主婦も可。

<利用限度額が200万円~500万円の場合>※WEB完結の場合は300万円まで
・申し込み時の年齢が満20歳以上59歳以下の方。
・安定した収入のある方。
※パート、アルバイト、専業主婦の方は対象外。

資金使途 自由(事業性資金は不可)
担保・保証人 不要
保証会社 (株)オリエントコーポレーション
入会金・年会費 無料
審査スピード 申し込みから審査回答まで約1週間程度。契約後カード発行まで1週間~10日程度。
口座開設 必要
公式サイト WEBカードローン トモカカードローン トモカ

 

みちのく銀行カードローン「トモカ」の金利

みちのく銀行カードローン「トモカ」の金利は、利用限度額により以下のように決定します。

カードローントモカも、WEBカードローントモカも金利は同じになりますが、WEBカードローントモカの場合は限度額は300万円までとなります。

利用限度額 固定金利
10万円 年14.0%
30万円 年12.0%
50万円・100万円 年10.0%
200万円・300万円・500万円 年4.9%

 

トモカでお金を借りるためには口座開設が必須

トモカでお金を借りるためには「みちのく銀行」の普通預金口座が必要です。

トモカの返済は普通預金口座からの自動引き落としとなるからです。

みちのく銀行に電話をかけて、口座開設はどのタイミングで行うべきなのか確認したところ、「カードローントモカは、口座を持っていなければ申し込みができません」とのことでした。

つまり、トモカの申し込みと同時か、申し込みする前に口座開設の手続きをしなければならないそうなのです。

審査に通過できるかどうかを確認してから契約時までに口座を開設すればいいというわけではないので、審査結果がどうなるかわからなくても、トモカを利用したい場合はまず口座開設の手続きから始めなければなりません。

みちのく銀行の口座開設の申し込みはインターネットから行うこともできますが、ネットから申し込むと書類を郵送でやり取することになるため、口座開設までに2週間程度かかってしまいます。

急ぎの場合は、みちのく銀行に来店すれば、その場で口座を開設し、通帳を発行してもらうことが出来ます。

みちのく銀行「トモカ」の審査時間は?即日融資は可能?

みちのく銀行「カードローン トモカ」「WEBカードローン トモカ」では即日融資はできません。

審査にかかる時間について、みちのく銀行に電話で確認したところ、申し込んでから審査結果回答までに約1週間かかるとのことでした。

ゴールデンウィークなどの長期休業を挟むと、審査結果回答までに3~4週間程度かかることもあるそうです。

さらに審査結果回答後、契約書類のやり取りがあります。

契約書類のやり取を郵送で行うとさらに時間がかかってしまいますね。

契約完了後はカードが発行され、みちのく銀行から自宅へ郵送されてくるのですが、契約からカード発行までにも1週間程度かかってしまうそうです。

そのため、みちのく銀行「トモカ」の場合、申し込みからカード発行まで、少なくても2週間以上はかかることになります。

もし審査が順調に進まなかったり、口座開設や契約を郵送で行うと、実際に申し込んでからお金を借りるまでに1カ月程度かかってしまうこともありそうです。

ただしすでに口座を持っているという方は、WEBで申し込みから契約までの手続きを完了させることが出来ます。

するとWEB契約が完了してから2営業日後から、ローンカードがまだ手元に届いていなくても、キャッシュカードでお金を借りることが出来るようになります。

即日融資が希望の方や、急いでお金を借りたい方は「お金借りる窓口TOPページ」をご覧ください。

みちのく銀行カードローン「トモカ」の審査申し込み方法・流れ

トモカの審査申し込み~契約の流れ

みちのく銀行カードローン トモカの申し込みからお金を借りるまでの基本的な流れは、以下の通りとなります。

<店頭窓口申し込みの場合>

①申し込み、口座開設(店頭窓口)
②必要書類の提出
③審査開始
④みちのく銀行から審査結果の連絡
⑤契約(郵送)
⑥ローンカード・キャッシュカード発行、郵送
⑦カード受け取り次第、ATMから借り入れ開始

<WEB申し込みの場合>

①インターネットから簡単申し込み
②みちのく銀行から、申し込み専用のページと、アップロード専用のページがメールで届く
③申し込み専用ページに必要事項を入力し、送信
④アップロード専用ページから本人確認書類等をアップロード
⑤審査開始
⑥みちのく銀行から審査結果の連絡(メール)
⑦契約の意思確認(電話)
⑧メールで契約専用サイトのURLが届く
⑨契約内容を確認し、同意
⑩同意ボタンをクリックした後、2営業日以降からキャッシュカードで借り入れ開始
⑪ローンカード発行、郵送
⑫ローンカード届き次第、ローンカードからの借り入れも開始

みちのく銀行カードローン「トモカ」の審査申し込み方法

みちのく銀行カードローン トモカの審査申し込み方法は、「WEBで申し込み(WEBカードローン トモカ)」「店頭窓口で申し込み(カードローン トモカ)」の2種類となっています。

みちのく銀行カードローンは、電話の申し込みできないので注意しましょう。

①インターネットで「WEBカードローントモカ」の審査に申し込む

インターネットで審査に申し込みをするためには、以下のような条件をクリアする必要があります。

・運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類が提出できること。
・みちのく銀行の普通預金口座と、普通預金キャッシュカードを持っていること。
・限度額は300万円以内であること。
・届け出の住所が現住所と同一であること。
・みちのく銀行の他のカードローンを利用していないこと。

これらの条件をクリアできる場合、WEBで申し込みから契約までの全ての手続きを完了させることが出来ます。

みちのく銀行への来店の手間も省けるので便利ですね。

WEBで申し込む場合は、みちのく銀行WEBカードローンのホームページの「ネットでかんたん!お申込み」というボタンをクリックして進みましょう。

ただし、条件を一つでもクリアできないと、店頭申し込みになってしまいます。

②店頭窓口で「カードローン トモカ」の審査に申し込む

みちのく銀行の普通預金口座を持っていない方や、顔写真付きの本人確認書類を提出できない方、300万円以上の借り入れを希望している方などはWEB申し込みができないので、みちのく銀行店頭窓口で申し込み手続きをすることになります。

みちのく銀行へ来店するとその場で口座開設の手続きもできるので、口座を持っていない場合は印鑑と本人確認書類を持参し、カードローン申し込みと同時に口座開設の申し込みもしておくといいでしょう。

みちのく銀行カードローン トモカの必要書類

みちのく銀行カードローンの審査の際に必要な書類は、本人確認書類になります。また、借り入れ額に応じて、収入証明書類も必要になることがあります。

みちのく銀行の店頭窓口で申し込む場合は必要書類を持参して来店しましょう。

WEB申し込みの場合は、簡単申し込みをした後、みちのく銀行からアップロード専用ページがメールで届きますので、その専用ページから必要書類をアップロードして提出しましょう。

①返済用口座の通帳と印鑑(店頭申し込みの場合)
返済用口座として、みちのく銀行の普通預金口座が必要になります。口座を持っている方は、普通預金口座の通帳と届け印を用意しましょう。

②本人確認書類
有効期限内で、現住所が記載されている以下のような本人確認書類が1つ必要になります。

<店頭申し込みの場合>
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード
・住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)
など。

<WEB申し込みの場合>
・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
など、氏名・住所・生年月日・顔写真付きのものをご用意ください。

③収入証明書類
50万円を超える借入額を希望している場合、以下のような収入証明書類が1つ必要になります。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書 その1、その2
・確定申告書 第1表、第2表

④健康保険証(店頭申し込みの場合)
借り入れ希望額が500万円の場合、健康保険証が必要になります。

トモカのローンカード受け取り方法は郵送のみ

契約完了後、1週間~10日程度で、みちのく銀行からローンカードが自宅に郵送されてきます。

元々、みちのく銀行の普通預金口座を持っていて、キャッシュカードが手元にある場合は、契約完了して2営業日後からキャッシュカードを使ってお金を借りることが出来ますが、普通預金口座とキャッシュカードを持っていない方は、カードが届くまで待ちましょう。

ただし、口座開設とカードローンの申し込みを同時に行った場合、ローンカードよりもキャッシュカードの方が早く到着する傾向にあるそうです。

この場合は、ローンカードが届く前でもキャッシュカードでお金を借りることが出来るようになります。

みちのく銀行カードローン「トモカ」でお金を借りる方法

みちのく銀行カードローン「トモカ」でお金を借りる方法は、「ATMでお金を借りる」「自動融資でお金を借りる」の2種類です。

①カードを使ってATMからお金を借りる

みちのく銀行カードローン「トモカ」の契約が完了すると、その2営業日以降からキャッシュカードを使ってお金を借りることが出来るようになります。

また、ローンカードを郵送で受け取ると、ローンカードを使ってお金を借りることもできるようになります。

みちのく銀行ATMだけではなく、コンビニのATMからもお金を借りることもできるので便利です。

ATM借り入れの条件

ATM利用手数料 みちのく銀行・北海道銀行・東北銀行・北都銀行・荘内銀行・青い森信用金庫は無料。ローソン銀行・セブン銀行は月3回まで無料。ゆうちょ銀行・イオン銀行は有料。
ATM時間外利用手数料 有料
1日当たりの引出限度額 100万円まで
借入単位 1,000円単位~
提携ATM みちのく銀行、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、北海道銀行、東北銀行、北都銀行、荘内銀行、青い森信用金庫

 

ATMの借入可能時間

▼みちのく銀行

平日、土日、祝日 8時~21時
手数料無料となる時間 平日の7時~18時

 
 

▼ローソン銀行・セブン銀行

月曜 7時~24時
火曜~金曜 24時間
土曜 0時~21時
日曜 7時~21時
手数料無料となる時間 平日の7時~18時(利用回数と合わせて月3回まで無料)

 
 

▼ゆうちょ銀行 ※手数料有料

平日 7時~21時
土日、祝日 7時~20時

 
 

▼イオン銀行 ※手数料有料

平日、土日、祝日 8時~21時

 
 

▼北海道銀行、北都銀行、青い森信用金庫

平日、土日、祝日 8時~21時
手数料無料となる時間 8時45分~18時

 
 

▼東北銀行

平日、土日、祝日 8時~21時
手数料無料となる時間 平日の8時45分~18時、土曜の9時~14時

 
 

▼荘内銀行

平日、土日、祝日 8時~21時
手数料無料となる時間 平日の9時~18時

 
みちのく銀行店舗・ATM

②自動融資でお金を借りる

みちのく銀行「トモカ」の返済用口座から公共料金等の引き落としがある場合、口座が残高不足だと引き落としができませんね。

しかし、そんな時トモカの契約をしていると、不足分をトモカ専用口座から自動的に出金し、返済用口座へ入金(自動融資)してくれますので、うっかり入金し忘れた時でも安心です。

自動融資の対象となる引き落としは以下のようなものになります。

・電気、ガス、水道など、公共料金の請求
・クレジットカードの請求
・固定資産税や自動車税など、税金の引き落とし
・生命保険や損害保険など、保険料の支払い
・その他の口座振替(家賃、会費など)
・トモカ以外の融資の返済

みちのく銀行カードローン トモカの返済方法

みちのく銀行カードローン トモカの返済方法は、「自動引き落とし返済」「ATM返済」の2種類です。

ただし毎月の約定返済は、みちのく銀行の普通預金口座からの自動引き落としのみとなります。

①自動引き落としで返済

カードローン トモカの約定返済分は、みちのく銀行の普通預金口座からの自動引き落としされます。

毎月、返済期日までに必要額を入金しておきましょう。

もし入金を忘れてしまうと、返済が完了するまで新たな借り入れができなくなりますし、自動融資サービスも利用できなくなってしまうので注意が必要です。

入金可能時間 約定返済日の前日
返済期日 毎月5日(休業日の場合は翌営業日)

 

②ATMから返済

お金に余裕がある時に、みちのく銀行やコンビニのATMから、ローンカードまたはキャッシュカードを使って任意返済をしていくこともできます。

ATM返済の条件

ATM利用手数料 無料
ATM時間外利用手数料 無料
硬貨の取扱い 不可
提携ATM みちのく銀行、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行

 

ATM返済可能時間等は「こちら」をご覧ください。

みちのく銀行 トモカの約定返済額

前月5日の最終貸し越し残高に応じて、以下のように約定返済額が決定します。

前月5日の貸越残高 約定返済額
5,000円未満 当座貸越残高全額
5,000円以上~30万円未満 5,000円
30万円以上~50万円未満 10,000円
50万円以上~100万円未満 20,000円
100万円以上~200万円未満 30,000円
200万円以上~300万円未満 40,000円
300万円以上~500万円未満 50,000円
500万円以上 60,000円

 

みちのく銀行カードローン トモカでお金を借りるメリット

①WEBから24時間365日申し込み可能

ある一定条件をクリアする必要がありますが、WEBから24時間365日「WEBカードローン トモカ」の申し込みが可能となります。

WEB完結だと、みちのく銀行に来店せずに全ての手続きをWEB上で完了させることが出来るのでとても便利です。

②自動融資サービスあり

「カードローントモカ」にも、「WEBカードローントモカ」にも、自動融資サービスがついています。

クレジットカードや公共料金の引き落としの際、口座が残高不足でも、自動融資サービスがついていると、自動的に不足分を融資してくれるので安心です。

③インターネットで口座開設

みちのく銀行普通預金口座の開設は来店しなくても、インターネットから申し込み手続きができるようになっています。

インターネットで申し込んだ後、みちのく銀行から送られてくるURLに必要事項を入力し送信するだけで申し込み手続きが完了です。

後はみちのく銀行から郵送されてくる書類に必要事項を記入し、本人確認書類と一緒に送付しましょう。

ただし、郵送でのやり取りとなってしまうため、来店する場合よりも口座開設に時間がかかってしまいます。

基本的には全ての書類がみちのく銀行に到着してから、1~2週間後にキャッシュカードが送られて来ることになっているため、急いでも口座開設には1週間以上かかってしまうことが予想されます。

急ぎの場合は来店した方がいいでしょう。

来店すると、印鑑と本人確認書類があれば、申し込んだその日のうちに通帳を発行してもらうことが出来ます。

みちのく銀行インターネット口座開設

④みちのく銀行は土日、祝日も営業

みちのく銀行は土日や祝日も休まず営業している支店がありますので、平日だけではなく、土日や祝日の店頭申し込みも可能となっているのです。

仕事などで平日の昼間の来店は難しい方も、店頭でカードローンを申し込めるので助かりますね。

⑤ATM手数料無料

お金を借りる場合、平日の通常時間帯であれば、みちのく銀行・北海道銀行・東北銀行・北都銀行・荘内銀行・青い森信用金庫のATMの手数料が無料になります。

また、返済の場合は、みちのく銀行、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMの手数料が無料になりますし、夜間や早朝、土日祝日などの時間外も手数料はかからないので安心です。

みちのく銀行カードローンでお金を借りるデメリット

①利用できる地域が限定されている

みちのく銀行カードローン「トモカ」は、日本全国から申し込みができるわけではありません。

みちのく銀行は地方銀行になるため、営業範囲内である青森県、北海道、秋田県、岩手県、宮城県内にお住いの方しか利用できないのです。

②トモカは申込方法が少ない

WEBから24時間申し込みが可能なのは嬉しいのですが、みちのく銀行に口座を持っていて、さらに顔写真付きの本人確認書類を持っていないとWEB申し込みをすることが出来ません。

もしWEB申し込みができないと、電話や郵送での申し込みができないので、みちのく銀行の店頭申し込みしか方法は残されていないのです。

③トモカ申し込み時までに口座開設必要

トモカでお金を借りるためには口座を開設しなければなりません。

また口座開設は、カードローントモカの契約時ではなく、審査申し込み時までに行わなければならないのです。

口座開設後、審査に無事通過でき、カードローンを利用出来るようになればいいのですが、もしせっかく口座を開設したのにカードローン審査に落ちてしまったとなると、口座は無駄になってしまいますね。

この場合、不要となった口座は自動的に無効になるのであれば安心ですが、みちのく銀行に確認してみたところ、「口座開設後、カードローンがご利用になれなず、口座も不要となってしまった場合は、口座の解約手続きをしていただくことになります」とのことでした。

審査に通過できるかどうかわからない状態でも、みちのく銀行の口座を開設しなければならないというのは、少し不安ですね。

④カード受け取り前に振り込み融資は不可

他行では、カードローンの契約が完了すると、カードを実際に受け取る前に振り込みやインターネットバンキングなどでお金を借りることが出来る場合があります。

しかし、みちのく銀行のトモカでは、カード受け取り前に振り込み等でお金を借りることが出来ません。


このページの先頭へ