「いつも」のフリーローンでお金を借りる!借り方・返し方・審査申込み方法

今回、当ページで取り上げるのは「いつも」というちょっと変わった名前の消費者金融です。

「いつも」は、地方に本社を置く、規模としてはそれほど大きくない消費者金融なのですが、地元・高知では「まるまるさんかくしかく、いつも!」というキャッチフレーズでテレビCMを放映している、よく知られた消費者金融です。

全国的な知名度はまだなくても、ローン内容がとても充実しているという「いつも」。具体的にどういったサービスを行っているのかを掘り下げて調べてみました。

ここでは、高知の消費者金融「いつも」はどんな貸金業者なのか?金利や借入限度額、審査について、お金を借りる方法などについて詳しく解説していきます。

中小消費者金融、街金で良い借入先はないかな?とお探しの方、ぜひ参考になさってください。


「いつも」ってどんな消費者金融会社?

誰もが知っているようなアコムやプロミスならいざ知らず、中小消費者金融でお金を借りようとする際、「聞いたことのない業者だけどヤミ金なのでは?」「お金を借りても大丈夫なのかな?」と不安を感じるケースは少なくないことでしょう。

例えば今回取り上げる貸金業者「いつも」についても、よく知らない、初めて聞いたという方が多いのではないでしょうか。

消費者金融いつもが設立されたのは1996年12月のことで、2014年9月に株式会社K・ライズホールディングスに吸収合併される形で現在に至っています。

いつもの登録番号が(2)という若い数字であるのは、こうした経緯が関係しているからで、もちろんヤミ金などではなく、実際には20年以上の実績がある正規の登録業者です。

いつもは接客が丁寧なことでも知られていますが、中小消費者金融、いわゆる街金は雑な接客をする業者が少なくなく、強面のスタッフが高圧的な態度を取ったり説教をしたりといったところも珍しくありません。

貸したお金を確実に回収するためにあえてこうした態度で接客を行っている貸金業者もあるようですが、利用する側としては不安を感じてしまうもの。

その点いつもでは大手消費者金融と変わらない柔らかな接客が評判なので、安心してお金を借りることができます。

<いつも 会社情報>

商号 株式会社K・ライズホールディングス
所在地 高知県高知市杉井流5-18 三井ビル
代表電話番号 088-880-0088
設立 1993年2月8日
登録番号 高知県知事(2)第01519号
日本貸金業協会会員 第005847号
加盟信用情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)
営業時間 平日9:30~18:00(電話は24時間オペレーター対応)
公式サイト 126.co.jp

 

いつものローン内容

いつもには次の4つのローンが用意されています。

・フリーローン
・貸金業法に基づくおまとめローン
・ビジネスローン
・不動産担保ローン

当ページでは最も汎用性の高い「いつも」のフリーローンについて主にお伝えしていきますが、この項ではその他の商品(おまとめローン、ビジネスローン、不動産担保ローン)の概要も併せてご紹介します。

いつものフリーローン

いつものメイン商品となるのがこの「フリーローン」で、中小消費者金融のサービスとしては珍しくカードの発行があり、決められた範囲内であればいつでも自由にキャッシングできるローンです。

中小消費者金融のほとんどで扱っているのは、最初に融資を受けたらあとは返済していくだけの一方通行的なローンです。

しかし、いつものフリーローンは、大手消費者金融が扱うものと同タイプで、契約した範囲内であれば何度でもお金の出し入れが可能です。

必要なときに再度審査を受けることなくさっと借りられ、返済すればまたその分の利用枠が復活します。

お財布代わりに使える、大変利便性の高いローンなのです。

いつものフリーローンは、全国どこからでも申し込めて、即日融資も可能。

また初めてお金を借りる方を対象に、最長60日間が無利息となるサービスも行っています。

この無利息サービスは、返済が長期にわたる方にとっても有り難いものですが、短期で返す方にとっては全くのゼロ円で利用できるチャンスでもあり、大変お得です。

大手消費者金融にも無利息サービスはありますが、ほとんどが最長30日間。いつもではその倍の期間を無利息にしていることになります。

難点を挙げるとすれば利用できるのが50万円までという少額にとどまっているところでしょうが、足りない分を少しだけ借りたいという方には、いつものフリーローンは非常に使い勝手の良い商品だと言えるでしょう。

また、いつものフリーローンの金利は上限が18.0%。中小消費者金融の場合、10万円未満の融資だと20.0%となることが多いため、こちらに関しても大手消費者金融並みの好スペックです。

中小消費者金融・街金 金利 限度額
プラン 15.0%~20.0% 1万円~50万円
アスト 14.9285%~17.9215% 5万円~100万円
北海道キャネット 15.0%~20.0% 5万円~300万円
スペース 8.0%~18.0% 500万円
スピリッツ 15.0%~20.0% 5万円~50万円
マイフィナンシア 14.95%~17.95% 1万円~100万円未満
セントラル 4.8%~18.0% 1万~300万円(1,000円単位)
フタバ 14.959%~17.950% 10万円~50万円(最高200万円)
キャレント 1~500万円 7.8%~18.0%
アロー 15.00%~19.94% 200万円まで
エイワ 17.9507%~19.9436% 1万~50万円
フクホー 7.3%~20.0% 5万円~200万円(新規の方は最高50万円)
スカイオフィス 15.0%~20.0% 1万円~50万円
ダイレクトワン 4.9%~20.0% 1万円~300万円

 

なお、いつもには「レディースローン」と銘打った商品はありませんが、女性スタッフが完全対応する女性専用ダイヤルがあります。

もちろん60日間無利息サービスやスピーディーな審査など、フリーローンと同じ条件で借りられるので、男性スタッフとは話しにくいという女性はこちらを利用すると良いでしょう。

<いつも フリーローン概要>

内容 使途自由、極度方式のフリーローン
契約額 1万円~50万円
実質年率 7.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
返済方式 借入金額スライドリボルビング方式
返済期間 最長5年
返済回数 最長60回
申込資格 ・年齢20歳以上、65歳以下の方
・本人に安定した収入のある方
担保・保証人 原則として不要

 

いつものフリーローンは専業主婦でも借りられる?

消費者金融の中には収入の全くない専業主婦、主夫の方でもお金を借りられるところがありますが、いつもは配偶者貸付に対応しておらず、自身に安定した収入がない方は利用できません。

これは学生、フリーターの方も同様で、利用できる年齢も65歳までです。好条件となるローンだけあって、中小消費者金融の中では利用資格が比較的厳しい部類に入ると言えるでしょう。

いつもの貸金業法に基づくおまとめローン

いつものおまとめローンは複数あるローンを一本化することで月々の返済にかかる負担を軽減する商品です。

これまで月に何度も来ていた返済日が1日だけになるため、管理が楽になり、心理的なプレッシャーを軽くすることが可能で、借入額がまとまることで金利が下がる可能性もあります。

おまとめローンは総量規制の例外となるため、年収の3分の1を超える額でも借りることができます。

ただし融資可能額は借り換え対象になるローン残高の範囲内(他社との契約条件を確認可能な書類の提出を求められます)ですので少し多めに借りて生活費の足しにしたり、後で追加融資を受けたりといったことはできません。

<いつも 貸金業法に基づくおまとめローン概要>

資金使途 貸金業法に基づく貸金業者債務の借換え
契約額 1万円~300万円
実質年率 5.8%~18.0%
遅延利率 20.0%
返済方式 元利均等返済方式
返済期間 最長10年
返済回数 1回~120回
申込資格 ・年齢20歳以上、65歳以下の方
・本人に安定した収入のある方
担保・保証人 不要
必要書類 ・原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
・本人確認書類
・源泉徴収票等収入を証明する書類

 

いつものビジネスローン

いつものビジネスローンは法人事業者だけでなく個人事業主にも対応するローンで、使途は新規開業資金、急な運転資金など様々です。

消費者金融ならではのスピーディーな審査で、ビジネスチャンスを逃しません。

<いつも ビジネスローン概要>

内容 個人・法人事業者向けローン
契約額 [個人事業者] 1万円~200万円
[法人事業者] 1万円~300万円
実質年率 [個人事業者] 8.0%~18.0%
[法人事業者] 7.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
返済方式 元利均等返済方式
返済期間 最長10年
担保 不要
保証人 [個人事業者] 原則として不要
[法人事業者] 代表者の連帯保証が必要
必要書類 [個人事業者] 本人確認書類、確定申告書(青・白)、事業内容確認書(いつも所定)
[法人事業者] 代表者の本人確認書類、決算書2期分、商業登記簿謄本

 

いつもの不動産担保ローン

いつもでは不動産担保ローンも取り扱っています。

いつもの不動産ローンは最大1億円まで対応で、こちらも消費者金融ならではのスピーディーな融資が魅力で、大口の資金を急いで調達したい方には利用しやすい商品です。

いつもの不動産担保ローンの申し込みはインターネット、または電話で受け付けています。

<いつも 不動産担保ローン概要>

内容 不動産担保ローン
契約額 1万円~1億円
実質年率 4.8%~15.0%
遅延利率 20.0%
返済方式 元利均等返済方式
返済期間 1年~最長30年
返済回数 1回~360回
申込資格 ・年齢20歳以上、65歳以下の方
・本人に安定した収入のある方
担保・保証人 原則として不要
必要書類 ▼登記識別情報(登記済権利証書)・登記事項証明書(全部事項)・公図
▼運転免許証・健康保険証・印鑑証明書・実印・給料明細又は所得証明書

 

いつも「フリーローン」の審査申し込み方法

いつもの審査申込方法は以下です。

・インターネット(パソコン、スマートフォン、ケータイ)
・電話(フリーダイヤル、女性専用電話あり)
・店頭窓口

インターネットでは24時間いつでも申し込めますが、いつもの営業時間は平日の9:30~18:00の間なので、受付や審査が行われるのはこの時間内になります。

いつものフリーローンは即日融資は可能?

いつもでは申し込んだその日のうちに融資を受けることも可能です。必ずしも店舗まで行く必要はなく、審査がスムーズに進めば30分程度で終了し、申し込みから振込までが最短45分のスピード融資です。

ただし振込融資の場合には即日融資の締め切り時間が設けられており、14:00以降の申し込みだと翌営業日の振込となってしまいます。

審査や手続きに時間がかかる可能性もあるので、いつもで即日融資を希望するなら午前中の申し込みがお勧めです。

また、いつもの店舗にはATMが設置されており、いつもATMは年中無休で22:00まで稼働しているため、お近くにお住まいの方ならそこでキャッシングするという選択肢もあるでしょう。

ただしそのためにはカードの発行が必要となるため、即日カードを受け取るためにはいつもの営業時間内に店頭まで足を運ばなければなりません。

いつもの店舗は平日18:00まで営業しています。事前にインターネットや電話で申し込み、審査結果が出てからお出かけになると無駄がありません。

いつも「フリーローン」申し込みから審査、融資までの流れ

ここではいつもの利用法として最も一般的と考えられるインターネットキャッシングの流れをご紹介します。

1.いつも公式サイトの申し込みフォームに必要事項を入力し送信
2.審査
3.電話にて審査結果を通知、内容確認
4.電話による職場への在籍確認
5.セブンイレブンのマルチコピー機でプリント契約書類をプリントアウト
6.必要事項を記入した契約書類とともに必要書類を提出
7.振込融資実行
8.カード送付

セブンイレブンのマルチコピー機でその日のうちに契約書類を入手できるのが大きなポイントでしょう。

いつもへの必要書類の提出はパソコンやスマホなどでのアップロード、Eメールに添付、郵送、店舗への持参などのうちから都合の良い方法が選べます。

※契約書類をプリントアウトする際には、セブンイレブンのマルチコピー機のメニューで「プリント」→「ネットプリント」を選択し、予約番号を入力してください。

電話による在籍確認は必須?

消費者金融で契約する際には必ず在籍確認が行われます。在籍確認は消費者金融から職場に直接電話があり、申し込む方本人が実際にそこに勤めているのかどうかを確かめるというもの。

と言っても「いつもです」「消費者金融です」「○○さんは本当にそこにお勤めですか?」などという電話があるのではなく、友人知人を装って個人名でかけて来られます。

本人が電話に出た場合には住所や生年月日といった簡単な質問をされて、在籍確認は終了といったケースが多いのですが、たとえ本人が出られない場合でも、「ただいま席を外しています」「本日は休んでおります」などの返答で在籍を確認することが可能です。

もちろんその場合にも、電話に出た方に用件を伝えるようなことはありませんので安心してください(たとえ用件を尋ねられても、慣れているのでうまくごまかしてくれます)。

この在籍確認をどうしても避けたい方のために、中には書類提出などで便宜を図る消費者金融もありますが、いつもでは電話による在籍確認を必ず行っています。

いつものフリーローンは、好条件となる商品であるだけに、お金を貸す側としても審査には万全を期するということなのでしょう。

いつもの審査は甘い?

中小消費者金融の審査は甘いというイメージがありますが、その中でいつもは比較的厳しめ。

一説によると、いつもは大手消費者金融並みの審査基準を設けているとも言われています。

例えば申し込み年齢は65歳まで、またアルバイトをされている方の中でもフリーターや学生の方には厳しい判断をくだされるケースが多いようです。

過去に債務整理を行った方に対して門前払いされるということはありませんが、数ヶ月以内に立て続けに消費者金融数社に申し込む「申し込みブラック」の方には厳しく、また、現在他社に滞納のある方はまず通りません。

いつもに提出する必要書類

いつものフリーローンを申し込む場合には、必ず「本人確認書類」と、条件により「収入証明書類」が必要になります。

※他の商品の必要書類については「いつもの商品内容」の各商品解説の項をご覧ください。

【本人確認書類】
・運転免許証
・健康保険証またはパスポート(運転免許証をお持ちでない方)

※外国籍の方は併せて「外国人登録証明書」が必要です。

※上記書類に記載されている住所と現住所が異なる方は、現住所が記載されている下記のいずれかの書類も併せて必要となります。発行日から6ヶ月以内の書類のコピーをご用意ください。

・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

【収入証明書類】
収入証明書類が必要となるのは次のどちらかの条件に該当する場合です。
・希望する借入額が50万円を超える方
・希望する借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方

※この他、いつもが必要であると判断した場合にも提出を求められることがあります。

収入証明書類としては次の書類のうち1点を用意してください。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月)
・所得証明書(市町村発行で最新のもの)

いつもでお金を借りる方法

いつもでお金を借りる方法は、

・インターネットサイトで振込融資手続き(パソコン、スマートフォン、ケータイ対応)
・電話(0120-889-126/オペレーター対応)で振込融資を依頼
・店舗ATMからカードを使って引き出し

という3パターンがあります。

いつもでは、インターネット、電話での依頼には24時間対応! またインターネットで手続きした場合には、24時間365日、最短1分程度で登録口座に振り込まれます。これは他の中小消費者金融ではなかなか見られないサービスです。

いつもの店舗ATMの稼働時間は8:00~22:00(年中無休)で、ATMは高知市にあるいつもの店舗に設置されているものしか利用できないため、お近くにお住まいでもない限りほとんど利用する機会がなさそうなのが残念なところです。

いつもの返済方法

いつもへの返済方法には

・インターネットバンキング(パソコン、スマートフォン、ケータイ対応)
・銀行振込
・いつもATMで入金
・店頭窓口で現金払い

の4通りがあります。

インターネットバンキングは四国銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行からだと24時間リアルタイム返済が可能で、夜間でも当日付で返済できるので大変便利です。

ただ、多くの人が利用するであろう銀行振込では、いつもの場合、その都度手数料がかかってしまうのが残念なところです。

また、いつもでは、自動引落による返済にも対応していません。

いつもの約定返済日

月1回となるいつもへの返済日(返済期日)は、契約時にご自身で決めることができます。特に決まりはなく、都合の良い日を指定すれば良いので、給料日の少し後くらいの日を選ぶと無理が出にくいでしょう。

いつもの返済方式と約定返済額

いつもへの返済額は借入金額スライドリボルビング方式で決定されます。これは最新の借入直後の残高によって最低返済額(元金分と利息分との合計)が決定されるというもので、その次にお金を借りるまで、ずっと一定の額が続きます。

借入直後残高に対する最低返済額は次のようになっています。

借入直後残高 最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円以下 8,000円
20万円超~30万円以下 12,000円
30万円超~40万円以下 15,000円
40万円超~50万円以下 18,000円

 

上記の額で返済を続けることもできますが、完済までに長くかかればそれだけ支払利息も膨らんでしまいます。余裕のあるときには無理のない範囲で、この額に上乗せして返済していくと良いでしょう。

いつもでお金を借りるのにオススメな方は?

中小消費者金融でのキャッシングと言うと、「少額を高金利で借りる」「一度借りたら後はひたすら返すだけ」「再度お金を借りるには再審査が必要」といった商品がほとんどなのですが、いつものフリーローンはそれとは一線を画しています。

大手消費者金融の商品と比べて明らかに劣るのは、

・高額融資には対応していない
・提携ATMがない
・自動引落での返済に対応していない

という3点でしょうか。

しかしATMを利用しない方、高額融資は必要ない方には特に問題は感じられないかもしれませんし、最大60日間無利息サービスのように大手を上回るサービスも行っています。

何より、即日融資に対応しているのが、いつもの良い点です。

好スペックであるがゆえの審査の厳しさは気になるところですが、大手消費者金融を利用中の方が2社目として考えるには、「いつも」はぴったりの貸金業者だと言えそうです。

このページの先頭へ