北都銀行でお金を借りる「スピードカードローンNeo」審査申込概要

秋田県の地方銀行「北都銀行」では「スピードカードローンNeo」「スーパーアシスト カードローンプラン」「カードローン1000」と3つのカードローンを用意しています。

ただし、これらのうち北都銀行の口座がなくてもお金を借りられるのは「スピードカードローンNeo」のみとなります。

他の2つのカードローンは、北都銀行に口座がある方が対象で、さらに契約時の来店が必須となっています。

比較的誰でも申し込みができ利用しやすいのは、スピードカードローンNeoでしょう。

そこで、ここでは北都銀行「スピードカードローンNeo」の金利や借り入れ限度額、審査申し込み方法、お金を借りる方法、返済方法、「スピードカードローンNeo」でお金を借りるメリット、デメリットなどを中心に解説したいと思います。


北都銀行「スピードカードローンNeo」の特徴

金利 年4.5%~14.6%(保証料込)
借入限度額 10万円~500万円(10万円、20万円、30万円、40万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、350万円、400万円、450万円、500万円)
※パート、アルバイト、専業主婦の場合は50万円まで、年金受給者の場合は20万円まで、学生の方は10万円まで。
申し込み資格 ・満20歳以上、70歳未満の方。
・本人もしくは配偶者に安定した収入がある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
借りたお金の使い道 自由(事業性資金、投機性資金は不可)
担保・保証人 不要(新生フィナンシャル株式会社が保証)
入会金・年会費 無料
審査スピード 仮審査の結果は最短で翌営業日に連絡。申し込みから約2週間でカード受け取り。
口座開設 不要(口座開設必要なタイプもあり)
公式サイト こちら

 

スピードカードローンNeoの金利

北都銀行「スピードカードローンNeo」の金利は、契約した極度額により、以下のように決定します。

契約額 金利
200万円以下 14.60%
200万円超~300万円以下 12.00%
300万円超~400万円以下 6.00%
400万円超~500万円以下 4.50%

 
他の銀行カードローンと比べると、平均的な金利水準をなっています。

銀行 金利 限度額
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~14.6% 10万円~500万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 10万円~800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン 年3.5%~12.475% 10万円~800万円
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 年2.5%~18.0% 最高1,000万円
新生銀行「スマートカードローンプラス」 年4.5%~14.8% 1~500万円
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 年2.2%~17.5% 10万円~800万円
ソニー銀行カードローン 年2.50%~13.80% 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 最高800万円
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 10万円~800万円
東京スター銀行「スターカードローン」 年1.8%~14.6% 10万円以上1,000万円以下
肥後銀行「WEBカードローン」 年4.5%~14.0% 10万円以上500万円以内
北海道銀行カードローン「ラピッド」 年1.9%~14.95% 1万円~800万円
琉球銀行「しあわせのカードローン」 年5.0%~13.5% 10万円~500万円
栃木銀行カードローン 年1.9%~14.5% 10万円以上800万円以内
八十二銀行「はちにのかん太くんカード」 年5.5%~14.5% 1万円以上500万円以内
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6% 10万円~1,000万円
京葉銀行カードローン「そっけつくん」 年5.0%~14.0% 30万~300万円
千葉銀行カードローン 年1.7%~14.8% 10万円~800万円
京葉銀行カードローン 年5.0%~14.0% 30万~300万円
筑波銀行カードローン 年4.8%~14.6% 10万円~500万円
南都銀行カードローン 年4.0%~14.0% 10万円~1,000万円
もみじ銀行カードローン「マイカードもみじ君」 年4.5%~14.5% 30万~300万円
西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」 年13.0%~14.95% 10万円~300万円
北洋銀行「スーパーアルカ」 年1.9%~14.7% 10万円~1,000万円
熊本銀行「カードローン」 年3.0%~14.5% 10万円~1,000万円

 

スピードカードローンNeoは口座開設が必要なタイプと不要なタイプがある

北都銀行に電話で確認したところ、ホームページには記載されていないのですが、スピードカードローンNeoには以下のような2種類のタイプが用意されていると言うことがわかりました。

①口座開設不要、来店不要、返済方法は「ATMから入金」のみ

②口座開設必要、来店必要、返済方法は「ATMから入金」と「北都銀行の口座からの自動引き落とし」

一般的なのは①の「口座も来店も不要なタイプ」で、今回ここでご紹介するのも①についてになります。

しかし①を選択すると、口座開設不要で、北都銀行に来店もせずに手続きを完結させられるのはいいのですが、返済方法はATMからの入金のみとなり、口座からの自動引き落とし返済はできないのです。

①の口座なしタイプを申し込んでおき、利用している途中で口座を開設し、後から自動引き落とし返済を希望するということもできません。

返済用口座の後付けはできないそうなのです。

自動引き落とし返済を希望する場合は、「②口座も来店も必要なタイプ」を選択し、北都銀行の口座を開設し契約のために窓口まで来店しなければなりません。

北都銀行の口座開設の有無、来店の有無、返済方法についてしっかりと考え、どちらのカードローンで申し込みをするか検討する必要があります。

スピードカードローンNeoの審査時間は?即日融資は可能?

北都銀行「スピードカードローンNeo」の審査にかかる時間について、北都銀行に電話で確認したところ、「仮審査の結果は、早ければ翌営業日には連絡できます」とのことでした。

時間がかかったとしても、2~3営業日以内には連絡が来るそうです。

スピードカードローンNeoは、北都銀行で用意しているカードローンの中でも比較的手続きがスピーディーになっているため、審査にもそれほど時間がかからないそうです。

仮審査が終了すると、必要書類を提出し本審査に進むことになるのですが、必要書類をすぐに提出できれば、本審査もそれほど時間はかからないとのことでした。

本審査と契約が終了すると、カードが郵送されてきます。カードの郵送には1週間~10日程度かかるそうです。

ですから、審査や郵送に必要な時間を考慮すると、カードを使ってお金を借りる場合は申し込みから2週間程度で可能になるでしょう。(審査状況にもよるので、もっと日数がかかってしまうこともあります)

ただし急ぎの場合は連絡をすると、カード受け取り前に振り込みで融資してもらうことができます。

カード受け取り前の振り込み融資を希望すると、本審査と契約が完了次第お金を借りることができるので、申し込みから1週間以内でお金を借りることができますね。

振り込み先は他行の口座でも可能なので、普段使っている口座に手数料分を差し引いて振り込んでもらうことができます。

急いでお金を借りたい方、即日でお金を借りたい方は「お金借りる窓口」をご覧ください。

北都銀行「スピードカードローンNeo」の審査申し込み方法・流れ

スピードカードローンNeoの審査申し込み~契約の流れ

北都銀行「スピードカードローンNeo」の申し込みからお金を借りるまでの基本的な流れは、以下の通りとなります。

①申し込み(WEB、電話、店頭、FAX)
②仮審査開始
③仮審査結果の連絡(電話、メール)
④本申し込み、本審査、契約(WEB、来店)
⑤指定口座へ振込み融資(急ぎの場合のみ)
⑥カード発行、発送
⑦カード受け取り次第、ATMから借り入れ開始

<審査結果の連絡時間>
平日の9時~17時

スピードカードローンNeoの審査申し込み方法

北都銀行「スピードカードローンNeo」の申し込み方法には「WEB申し込み」「電話申し込み」「店頭申し込み」「FAX申し込み」の4種類の方法が用意されています。

①WEBで「スピードカードローンNeo」の審査に申し込む

北都銀行ホームページのスピードカードローンNeoのページを開いてみましょう。

「WEBお申込み」のボタンがあるのでクリックすると申し込みフォームに進むことができますので、必要事項を入力し、北都銀行へ送信しましょう。

②電話で「スピードカードローンNeo」の審査に申し込む

電話でスピードカードローンNeoの申し込みをすることもできます。ただし、電話申し込みは平日のみとなってしまうので注意しましょう。

<電話受付時間>
フリーダイヤル:0120-019-198
受付時間:平日の9時~17時

③北都銀行店頭窓口で「スピードカードローンNeo」の審査に申し込む

北都銀行窓口へ必要書類を持参し来店すれば、その場でスピードカードローンNeoの申し込み手続きをすることができます。

ただし審査結果についてはその場で知ることができないので、後日、北都銀行から連絡が来るのを待ちましょう。

北都銀行へ来店しても審査や手続きがスピーディーになるということはないので、店舗が近くにある方や、来店が面倒ではない方にお勧めの方法です。

④FAXで「スピードカードローンNeo」の審査に申し込む

仮審査申込書に必要事項を記入してFAXで申し込み手続きをすることもできます。仮審査申込書は、北都銀行ホームページからダウンロード可能です。

北都銀行「スピードカードローンNeo」の必要書類

北都銀行「スピードカードローンNeo」の必要書類は、本人確認書類になります。また、借り入れ額や審査状況に応じて、収入証明書類も必要になることがあります。

必要書類は来店し提出することもできますし、WEBで契約できる方はアップロードして提出することもできます。

①本人確認書類
有効期限内で、現住所が記載されている以下のような本人確認書類が1つ必要になります。

・運転免許証(表裏のコピー)
・パスポート
・健康保険証

など。

②収入証明書類
50万円を超える借入額を希望している場合、以下のような前年度分の収入証明書類が1つ必要になります。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・課税証明書
・所得証明書

北都銀行「スピードカードローンNeo」でお金を借りる方法

北都銀行「スピードカードローンNeo」でお金を借りる方法は、「ATMでお金を借りる」「振り込みでお金を借りる」の2種類です。

①カードを使ってATMからお金を借りる

契約完了後、北都銀行からローンカードが自宅へ郵送されてきますので、カード受け取り次第、北都銀行や提携のATMからお金を借りることができるようになります。

ATM借り入れの条件

ATM利用手数料 北都銀行のATMは無料、それ以外は有料。
ATM時間外利用手数料 有料
1日当たりの引出限度額 利用限度額の範囲内
借入単位 1,000円~
提携ATM 北都銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット

 

ATM借り入れ可能時間

・北都銀行

平日 8時~21時
土日、祝日 9時~20時(店舗により異なる)
手数料無料となる時間 平日の8時45分~18時

 
 

・ゆうちょ銀行(手数料有料)

平日 8時~21時
土日、祝日 9時~20時

※12月31日~1月3日は祝日扱い。
 
 

・セブン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット(手数料有料)

平日、土日、祝日 7時~23時

※ハッピーマンデー前日の21時~23時までは利用不可。
※12月31日~1月3日は祝日扱い。
 
 
CD・ATMコーナーの案内
ATM提携サービス
ゆうちょ銀行 ATM提携サービス

②振り込みでお金を借りる

急ぎの場合は、契約完了後、ローンカードを郵送で受け取る前に振り込みで融資してもらうことができます。

ローンカードの郵送には1週間~10日程度かかるので、その前にお金を借りることができると助かりますね。

<振込借入の条件>

振込先 他行口座も可能
振込手数料 有料(手数料を差し引いて振り込み)
振込融資可能回数 初回の1度きり

 

北都銀行「スピードカードローンNeo」の返済方法

北都銀行「スピードカードローンNeo」の口座なしを選択した場合の返済方法は、「ATMからの入金」のみとなります。

※口座開設、来店必要のスピードカードローンNeoを希望した場合は、北都銀行の口座を返済用口座として自動引き落とし返済が可能となります。

口座開設が必要なタイプの申し込みは、北都銀行店頭窓口で行うことになるので、返済方法など詳しい内容については窓口で相談してみるといいでしょう。

ATMから返済

ローンカードを使って、北都銀行や提携しているコンビニのATMから返済していくことができます。

もちろん約定返済分をATMから入金することも可能ですし、お金に余裕があるときの任意返済もATMから行っていくことができます。

スピードカードローンNeoの約定返済額

北都銀行「スピードカードローンNeo」の返済期日は毎月10日(休業日の場合は翌営業日)になっており、毎月の約定返済額は、前月末日の借り入れ残高によって以下のように決定します。

前月末日の借入残高 約定返済額
2,000円未満 借り入れ残高と利息
2,000円以上~10万円以下 2,000円
10万円超~30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~150万円以下 30,000円
150万円超~200万円以下 40,000円
200万円超~500万円以下 50,000円

 

北都銀行「スピードカードローンNeo」でお金を借りるメリット・デメリット

「スピードカードローンNeo」でお金を借りるメリット

①口座不要、来店不要

北都銀行「スピードカードローンNeo」は口座を持たなくてもお金を借りることができます。そのため、北都銀行窓口で口座開設手続きをする必要もありません。

※「口座開設必要・来店必須・自動引き落とし返済可能」のスピードカードローンNeoを選択する場合は、北都銀行で来店し申し込み手続きを行い、口座を開設する必要があります。

②土日も営業している店舗がある

以下の店舗の場合、土日でも営業しているため、ローンの相談なども可能となっています。

通常、銀行は平日の昼間にしか窓口が開いていないため不便ですが、このように夕方や土日も営業している店舗があると安心ですね。

・本荘石脇支店(毎日:10時~18時まで営業)
・大館東支店(平日・土曜:9時~17時まで営業)
・泉支店(平日:10時~18時、土日・祝日:10時~17時まで営業)
・横手西支店(平日:9時~17時、土日・祝日:10時~17時まで営業)
・御所野支店(毎日:10時~18時まで営業)
・大曲プラザ支店(毎日:10時~18時まで営業)

北都銀行土日営業店舗

③専業主婦、パート、アルバイトもお金を借りられる

北都銀行「スピードカードローンNeo」は、パートやアルバイトの方はもちろんのこと、専業主婦の方でもお金を借りることが可能となっています。

ただし、専業主婦の場合、審査状況によっては、夫の収入証明書類等の提出が必要となることがあります。

「スピードカードローンNeo」でお金を借りるデメリット

①自動引き落とし返済ができない

口座なし、来店不要のスピードカードローンNeoを選択すると、口座からの自動引き落とし返済をしてもらうことができません。

返済するためには、期日までにATMへ行き、入金する必要があるのです。

コンビニのATMも利用できるため、ATMを探すのに苦労はしないと思うのですが、返済期日を自分でしっかりと管理する必要がありますね。

②振り込み融資は1回のみ

北都銀行「スピードカードローンNeo」では、急いでお金を借りたい場合だけ、カードを受け取る前に振り込みで融資してもらうことができます。

このサービスはとても嬉しいのですが、手数料が差し引かれて入金されることになりますし、振り込んでもらえるのは初回の1度きりとなります。

カードを受け取った後は、ATMからの借入のみとなるのです。

他行では、振り込みかATM借り入れか選択可能なタイプのカードローンも多く用意されているため、比較すると少し残念ですね。

③ATM手数料がかかる

北都銀行のATMの場合、平日の通常時間帯に利用すると手数料は不要ですが、時間外の利用は手数料がかかります。

また、コンビニやゆうちょ銀行のATMも利用できるのは嬉しいのですが、借り入れ時はATM手数料が必要になります。

借り入れも返済も、時間外もATM手数料は無料という銀行カードローンもあるため、手数料を省きたい場合はそのような銀行カードローンを選択した方がお得ですね。

北都銀行 その他のカードローン

北都銀行では、スピードカードローンNeoの他に、「カードローン1000」「スーパーアシスト カードローンプラン」も用意しています。

どちらのカードローンも、も秋田県にお住まいで、北都銀行に口座を持っている方を対象のため、お金を借りるためには口座開設が必須となりますが、スピードカードローンNeoに比べると低金利になっているため、支払う利息を抑えたい場合はこちらのカードローンも検討してみるといいでしょう。

北都銀行「カードローン1000」でお金を借りる

金利(固定金利) 年3.5%~13.5%(保証料込)
利用限度額 10万円~1,000万円(10万円、30万円、50万円、100万円、150万円、200万円、300万円、400万円、500万円、600万円、700万円、800万円、900万円、1,000万円)※主婦の場合は上限50万円。
申し込み資格 ・満20歳以上満70歳未満の方で、安定した収入がある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
・北都銀行で他のカードローンの契約をしていない方。
(主婦、パート、アルバイトも可。学生は不可)
資金使途 自由(事業性資金、投機性資金、転貸資金は不可)
担保・保証人 不要(オリックス・クレジット株式会社が保証)
入会金・年会費 無料
審査結果 仮審査の結果は、申し込みから2~3営業日程度で連絡。
口座開設 必要
公式サイト こちら

 

①スピードカードローンNeoより低金利

北都銀行「スピードカードローンNeo」の金利は年4.5%~14.6%の範囲内となっていますが、カードローン1000の場合は3.5%~13.5%です。

下限も上限も、スピードカードローンNeoより低金利となっていますね。

どれくらいの金利が適用されるかは、審査状況と借入限度額に応じて以下のように決定します。

借入限度額 借入利率
50万円以下 年13.5%
100万円以上150万円以下 年11.8%
200万円 年9.8%
300万円 年7.8%
400万円以上600万円以下 年5.8%
700万円以上1,000万円以下 年3.5%

 

②約定返済は自動引き落とし

北都銀行「カードローン1000」の場合、約定返済分は、毎月10日(休業日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落としとなり、返済額は以下のように前月の末日の借入残高によって決定します。

前月末日の借入残高 約定返済額
30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 40,000円
300万円超~500万円以下 50,000円
500万円超~1,000万円以下 60,000円

 

③口座開設必要、来店必須

北都銀行「カードローン1000」は、スピードカードローンNeoより低金利なのは嬉しいのですが、口座の開設が必要になります。

返済は口座からの自動引き落としとなるからです。

口座開設のためには北都銀行へ来店する必要がありますし、カードローン1000の場合は口座を元々持っていたとしても、契約のために来店しなければならないのです。

そのため、スピードカードローンNeoのようにWEB上で全ての手続きを完結させるというわけにはいきません。

④フリーローンもあり

北都銀行には、フリーローン1000という商品も用意されています。

カードローン1000の場合は、利用枠を設けてその範囲内で何度も入手金を繰り返す仕組みとなっていますが、フリーローンの場合は、最初に必要額を一括で融資してもらい、後は返済するのみという方式になります。

あらかじめ必要額がわかっている場合は、フリーローンを利用してみてもいいですね。

<フリーローン1000の基本情報>

金利(固定金利) 年3.5%~13.5%(保証料込)
利用限度額 10万円~1,000万円(主婦の場合は上限50万円)
申し込み資格 ・申し込み時の年齢が満20歳以上、完済時の年齢が満76歳未満の方。
・安定した収入があり、保証会社の保証が受けられる方。
(主婦、パート、アルバイトも可。学生は不可)
資金使途 自由(事業性資金、投機性資金、転貸資金は不可)
担保・保証人 不要(オリックス・クレジット株式会社が保証)
入会金・年会費 無料
口座開設 必要
公式サイト こちら

 
  

北都銀行「スーパーアシスト(カードローンプラン)」でお金を借りる

金利(固定金利) 年6.50%~14.60%(保証料込)
利用限度額 10万円~500万円(10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円、500万円)※主婦の場合は10万円まで、パートやアルバイトの場合は30万円まで
申込資格 ・申し込み時の年齢が満20歳以上、完済時の年齢が満70歳未満の方。
・安定した収入がある方。
資金使途 自由(事業性資金は不可)
担保・保証人 不要(株式会社オリエントコーポレーションが保証)
入会金・年会費 無料
審査スピード 仮審査の結果は、申し込み後2~3営業日程度で連絡。
口座開設 必要
公式サイト こちら

 

「北都銀行ローン スーパーアシスト」には、カードローンプランの他、以下のようなプランも用意されています。

マイカープラン 変動金利:2.650%~6.650%
フリープラン 固定金利:6.500%~14.600%
学資プラン 変動金利:2.650%~6.650%
リフォームプラン 変動金利:2.900%~6.900%

 


このページの先頭へ