アルコシステムでお金借りる!借り方・返し方・審査申込み方法

今では多くの消費者金融で行われている振込キャッシングですが、お金を借りるといえば昔は店舗で現金を直接受け取るというケースがほとんどでした。

しかし、それでは近くに店舗がなければお金を借りられませんね。また、営業時間内に店舗に行くのは難しい方も少なくないでしょう。

今回取り上げるアルコシステムは、他の貸金業者がまだ行っていなかった振込融資をいち早く取り入れた消費者金融です。

ここでは、アルコシステムはどんな消費者金融なのか?取り扱っているローンの金利や限度額、借り入れ条件はどうなのか?お金を借りるのに向いている方は?などなど、詳しく解説していきます。


アルコシステムってどんな消費者金融会社?

アルコシステムは兵庫県姫路市に営業所を構える消費者金融です。

1箇所のみでの営業ですので規模は大きくありませんが、設立は1983年とすでに40年近い歴史を持つ老舗的存在の貸金業者です。

現在、アルコシステムは申し込みをインターネットで一本化し、電話や店舗などでの申し込みは一切受けないという徹底ぶりです(問い合わせ、返済等は可能ですが)。

アルコシステムは、スピーディーな審査が特徴で、最短だと申し込んだその日の振込融資に対応しています。

<アルコシステム 会社情報>

商号 株式会社アルコシステム
所在地 兵庫県姫路市立町82番地
代表電話番号 079-288-7500
設立 1983年(昭和58年)12月
登録番号 兵庫県中播磨県民センター長(12)第50158号
日本貸金業協会会員 非加盟
加盟信用情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)
営業時間 平日9:00~18:00
休業日 土・日・祝日・年末年始及び夏期休業日

 

アクセス:山陽電鉄 山陽姫路駅から北へ徒歩3分、JR姫路駅から北へ徒歩6分。姫路グリーンホテル立町の隣、日本ビジネスビル内です。専用駐車場はありませんが、周辺に有料駐車場が多数あります。

日本貸金業協会には非加盟のアルコシステム

アルコシステムは正規の消費者金融として登録はされていますが、日本貸金業協会の会員にはなっていません。

日本貸金業協会は消費者金融をはじめとしたクレジットカード会社、信販会社、リース会社などの貸金業者全般が加盟する団体で、業界としては唯一となる自主規制機関。内閣総理大臣の認可により、2007年12月に設立されました。

設立目的は貸金業を適切に遵守すること、反社会的勢力の排除を徹底することなどで、貸金業法で定められるルールよりも一段厳しい規制を設けて指導、監督、監査を行っています。

規律違反に対しては罰則が設けられており、場合によっては罰金の支払いを求めることもあります。

勘違いされることも多いようですが、実は日本貸金業協会への加盟は義務ではありません。

貸金業者側からすれば会費等の支払いが発生したり営業に制約が出てきたりするため、必ずしもメリットばかりとはならないのでしょう。

アルコシステムが日本貸金業協会に加盟していない事情はわかりませんが、メリットとデメリットを天秤にかけたうえでの非加盟ということなのだと思います。

日本貸金業協会に加盟することで利用者側とすれば安心感が生まれますが、加盟していないからといってアルコシステムがヤミ金であったり怪しい業者であるというわけではありません。

アルコシステムは長年にわたって法的なトラブルを起こすことなく営業を続けています。アルコシステムでお金を借りることを検討している方は、ぜひこれらのことを頭の隅に置いたうえで検討するようにしてください。

アルコシステムのローン内容

アルコシステムのローンは証書貸付と呼ばれるタイプのものひとつだけです。これは大手消費者金融が扱っているカードローンとは異なるタイプのローンです。

大手消費者金融が扱うカードローンは極度方式と呼ばれるもので、例えば極度額が30万円となる契約を結べば、その範囲内で何度でもお金を借りることが可能で、返済すればその分また枠が空きます。

カードを利用したり振込を依頼すれば自由に融資を受けられますし、返済も自由度が高く、利便性の高さが魅力のローンです。

一方、アルコシステムが採用している証書貸付は、初めにお金を借りたらあとは契約に則って返済していくだけ。

いわば一方通行で、多くが追加返済、一括返済などは可能であるものの、決して自由度は高くありません。

ただその分、借金を安易に増やす危険性がないとも言え、計画的にお金を借りやすいという点は良いところだと考えることもできるでしょう。

とはいえ、金利が10万円未満の融資だと20.0%、10万円以上だと18.0%というのは貸金業法で定められた上限いっぱいの数字で、融資可能額も最高50万円まで。

これは小口、高金利となる典型的な街金タイプの商品です。内容的にはあまり見るべきところがなく、「お金さえ借りられれば細かい条件は気にしない」方が利用するローンであることには間違いありません。

ちなみにアルコシステムでは契約額が「99,000円」となるケースが多く見られます。

これは「10万円」になってしまうと法律上20.0%での融資が不可能となり、18.0%での契約になってしまうから。利用する側としては歯がゆいところですが、このあたりも中小消費者金融ではよく見られるパターンです。

<アルコシステム キャッシング概要>

融資額 50万円まで
実質年率 18.0%(貸付額が10万円未満の場合は20.0%)
遅延利率 20.0%
返済方式 元利均等方式
返済期間 最長5年
返済回数 最大60回
申込資格 ・満20歳以上の方
・健康保険に加入している方
・他社(銀行・信販系ローンやクレジットも含む)に延滞のない方
担保・保証人 不要

 

アルコシステムの審査は甘い?

一般的に高金利であればあるほど審査は甘くなると言われています。この「法則」から言えばアルコシステムは審査が甘いということになりそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

アルコシステムは申し込み条件は、大手消費者金融に比べるとやや緩めになっています。例えば年齢に上限は設けられていませんし、必ずしも自宅が固定電話である必要もありません。

また、過去に債務整理を行った方でも審査に通ったとの口コミは少なくなく、これらの状況からはアルコシステムの審査の柔軟さが垣間見えます。

しかしアルコシステムの場合、誰に対しても平均して柔軟な審査を行っているわけではなさそう。

アルコシステムは受付に関しては間口を広く取っていても、最初にかける”ふるい”の目が粗いようで、申し込むや否や即座にお断りメールが届いたといった口コミがかなり多く見つかります。

審査には独自の慎重さがあり、可決率は決して高くないようなのです。

いわゆるブラックと呼ばれる属性の方であっても現状で問題がなければ審査に通る可能性は十分にありますが、他に多くの件数の借入を抱えている方や、直近で数社に申し込みを行った「申し込みブラック」の方は慎重に申し込んだほうが良さそう。

また、安定した収入がないとみなされる自営業者の方に対しても慎重な審査が行われます。

他社に延滞がある方は申し込み自体ができませんので、アルコシステムでお金を借りたい方は状況を改善してから申し込むようにしてください。

この他、アルコシステムでは、無職の方や収入が年金のみの方もお金を借りることはできません。

専業主婦はアルコシステムで借りられるの?

一般的に収入がなければ返済能力がないとみなされ、お金を借りることはできませんが、総量規制の例外にあたる「配偶者貸付」を利用して専業主婦や主夫の方に融資を行っている消費者金融もいくつか存在します。

配偶者貸付とは「配偶者と本人の収入を合算し、その3分の1の額を夫婦2人で借りられる」というもの。例えば配偶者の年収が600万円、本人の年収がゼロの場合、

(600万円+0)÷3=200万円

となり、計算上では夫婦2人で200万円までなら借入可能ということになります。

アルコシステムでも専業主婦、主夫に対して門前払いはしておらず、申し込みは可能となっています。

しかし現実問題として、アルコシステムでは配偶者貸付を積極的に行っているわけではありません。

配偶者の属性がよっぽど良いケースなど融資を受けられる可能性はゼロではないでしょうが、そういう方々は恐らく借入先にアルコシステムを選ぶことは考えないでしょう(そもそも配偶者が直接大手消費者金融に申し込んだ方が良いわけですから……)。

中には家族には内緒でお金を借りたい方もいらっしゃるかもしれません。

しかし配偶者貸付を受けるためには、配偶者の同意書を提出する必要があります。配偶者の職場に在籍確認の電話がかかってくる可能性もあるため、内緒で借りるのは無理だと考えたほうが良さそうです。

アルコシステムは内緒で借りられる?家族バレしやすい?

配偶者貸付でない通常の借り入れの場合には、申し込みフォームの「配偶者のご承諾」欄で「内緒です」を選ぶことで家族に伝わらないよう配慮してもらえるようですが、それでも契約書のやりとり自体をなくすことはできません。家族に契約がわかってしまう可能性はないとは言えないでしょう。

アルコシステムからはダイレクトメールが届く場合がありますが、こちらは公式サイトから断ることができます。

利用者の紹介で謝礼がもらえる?!

アルコシステムでは利用者を紹介することで紹介料がもらえるというキャンペーンを行っています。

これは友人、知人(無職、自営業、専業主婦、年金受給、生活保護等を除く満20歳以上の方)がアルコシステムに新規で申し込みを行い、その方がお金を借りた金額によって登録している口座に現金が振り込まれるというもの。

キャンペーンは、

1. 申し込みフォームの「当社をお知りになったのは?」という設問で「紹介キャンペーン」を選択
2. 備考欄に紹介者のフルネーム、生年月日を入力する
3. 申込後、10日以内に新規契約する

という流れで受け付けとなります。

謝礼は利用金額によって違っており、5万円未満の場合には謝礼はもらえません。

15万円以上 1万円
5万円以上15万円未満 5,000円

 

アルコシステムへの審査申し込み方法

アルコシステムへの審査申し込みはWEBのみで受け付けています。電話など他の方法で申し込む選択肢がないため、入力の苦手な方には不便だと感じられるかもしれませんが、契約時に店舗に行く必要がないのは大変便利です。

申し込みから審査、融資までの流れ

アルコシステムへの申し込みの流れは概ね次の通りとなっています。

1. 本人確認書類、収入証明書類を手元に用意する
2. アルコシステムのサイトで申し込みフォームに必要事項を入力し、送信
3. 仮審査
4. アルコシステムから確認の電話がかかってくる(否決時はメール連絡)
5. 本審査
6. 職場に電話による在籍確認がある
7. 審査結果の連絡
8. 契約内容の確認
9. 振込融資の実施
10. アルコシステムより契約書類などが郵送される
11. 必要事項を記載し、必要書類とともに返送する

アルコシステムの申し込みフォームは質問事項が多く、本人と配偶者の月収(手取り)、年収(総支給額)や保険証、運転免許証の番号などを記載する欄もあるので、必要書類を揃えてから申し込みをスタートすることをお勧めします。

即日融資は可能?

アルコシステムでは審査にかかる最短時間を明らかにしていませんが、審査自体はスピーディーに行われ、順調に手続きが進めば即日融資が可能です。

ただし振込融資の性質上、金融機関の営業時間内(平日の15時まで)に振込依頼を終え、アルコシステム側が手続きを行わなければ当日にはお金が借りられないということになります。

平日、午前中のできるだけ早い時間帯にミスなく申し込みを済ませておくのはもちろんのこと、提出書類に不備のないようにする、電話での在籍確認をスムーズに終わらせるなどの点にも気をつけましょう。

他社に借入件数が多い方、金融事故を起こして信用情報に何らかの傷がある方は審査に時間がかかる傾向があるため、余裕を持ってアルコシステムに申し込むことをお勧めします。

電話による在籍確認は必須?

アルコシステムでは電話による職場への在籍確認を必ず行っています。

過去の金融事故に対しては比較的柔軟な審査を行っているアルコシステムですが、現在の状況が安定したものであるかはかなり重視されており、それを確認する方法として在籍確認は欠かすことができないからです。

消費者金融によっては電話の代わりに書類の提出で在籍を認めているところもありますが、アルコシステムではより確実性の高い、電話による確認を取っています。

電話は社名や消費者金融からであると名乗ることはなく、スタッフが個人名でかけてきます。プライバシーには十分配慮されますが、心配な方は電話を受ける方に「クレジットカードを作ったから確認の電話があるかもしれない」などと話を通しておくと良いでしょう。

電話には本人が出られなくても問題なく、。電話に出た方が「ただいま席を外しています」などの返答をした場合でも、その職場に在籍していることが確認できるからです。

アルコシステムに提出する必要書類

アルコシステムとの契約の際には「本人確認書類」と「収入証明書類」の2点が必要です。

本人確認書類は身分証明書となるものの写しで、

・運転免許証
・健康保険証

のどちらかを用意してください。

※上記書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、現住所が記載されている書類を併せて提出する必要があります。通常は公共料金(水道、電気、ガス、NHK、固定電話)の領収書を用意すればOKです。

収入証明書類は通常、

・給料明細書(直近2ヶ月)
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・所得証明書(最新のもの)

などのうち1点の写しが必要です。

これらの書類は契約時に提出を求められますが、申し込みフォームに記載する際にも本人確認書類の番号や手取り月収、年収の入力が必要なので、あらかじめ準備しておくとスムーズに申し込めます。

アルコシステムでお金を借りる方法

アルコシステムでお金を借りる方法は基本的に契約時の振込融資のみ。

返済中の追加融資や完済後の再融資は改めて公式サイトから申し込みし、審査を受ける必要があります。

再審査には当然のことながら、アルコシステムでの返済実績が重視されます。

スムーズに返済を重ねていた場合にはそれがプラスに働きますが、もし一度でも延滞があれば追加でお金を借りるのはかなり難しくなってしまいます。

アルコシステムは他の中小消費者金融と比べて追加融資に積極的だと言われていますが、他社に延滞がある場合にはもちろん審査には通りませんし、直近で他社からの借入額が大幅に増えている場合にも厳しい結果になる可能性があります。

なお、アルコシステムからはダイレクトメールが送られてくることがあります。

それを見るとつい「お金を貸してくれる気があるから送ってきたのかな?」と思ってしまいますが、だからといって追加融資を申し込んでも審査に通るとは限らないとのこと。

アルコシステムからのダイレクトメールの有無に限らず、冷静に判断したうえで追加融資の申し込みを行うようにしてください。

アルコシステムのお金の返し方

アルコシステムへのお金の返し方は次の2通りです。

・アルコシステムが指定する口座に振込する
・店舗に直接現金を持って行く

大手消費者金融のように自動引落での返済はできませんし、返済日を事前に知らせてくれるようなサービスもありません。

中小消費者金融としては平均的だとも言えますが、「ついうっかり」がないようにご自身でしっかり管理することが必要になります。

アルコシステムの返済日は?

アルコシステムでは特定の返済日(約定日)は設けておらず、月々の返済日は契約時にご自身で設定することができます。

いつでも都合の良い日を選べば良いのですが、無理のない返済を続けていくためには、給料日の2~3日後を指定するのが一般的です。

必ず約定日に返済しなければならないというわけではなく、日付を前倒して返済することもできます。

むしろ当日の振込は時間帯によっては翌日扱いになるケースも考えられるので、前日には振り込むようにした方が良いでしょう。

アルコシステムの返済方式は?

アルコシステムへ返済方式は元利均等方式です。元利均等方式とは月々の返済額(元金分+利息分)が同じになるもので、とてもわかりやすく、返済計画を立てやすいのが特徴です。

返済額のうち元金分が一定となる元金均等方式と比較すると、元利均等方式は完済までが長く、支払利息が多くなりがちです。

しかし元金均等方式のように初期段階の返済負担が大きくなるわけではないため、無理が出にくいというメリットもあります。

アルコシステムの約定返済額は?

アルコシステムでは99,000円までの融資なら最大36回、10万円以上(融資額が10万円になることはほぼないようなので、実質15万円以上)なら最大60回での返済が可能です。

99,000円の融資を受けたケースを見てみると、返済例は次のようになります(端数が最終回で調整されています。あくまでも目安としてご確認ください)。

返済回数 月々 総返済額
6回 17,475円 104,911円
12回 9,170円 110,102円
18回 6,411円 115,481円
24回 5,038円 120,995円
36回 3,679円 132,542円

 

アルコシステムでお金を借りるのにオススメな方は?

ご紹介してきたように、アルコシステムでは典型的な街金タイプの商品を取り扱っています。

率直に言うなら、金利面や融資額、利便性など内容から見ればわざわざアルコシステムを選ぶ理由が見当たりません。

ただし審査がスピーディーで、店舗に行くことなく即日の振込融資が可能であるという点は、お急ぎの方にはメリット大。

街金で言う「即日融資可能」は店舗での契約が必要だったり、審査完了後即日を意味するケースが少なくないため、全国どこからでも申し込んだその日に融資が受けられるアルコシステムのような中小消費者金融はやはり貴重です。

アルコシステムが大手消費者金融に比べると審査が柔軟であるのは言うまでもないところなので、他社に借り入れがある方、(現在は解消されているが)以前金融事故を起こしたことがある方など、大手では融資を受けにくい方にはお勧めできる消費者金融です。

このページの先頭へ