山形銀行でお金を借りる!カードローン口座レス型・口座あり型の特徴

山形県山形市に本店を構え、県内シェアトップを誇る山形銀行は、地域とともに成長発展することを企業理念に掲げ、お客さま本位の経営を続けてきました。

使えば使うほどお得になるポイントくらぶ・休日も相談できる住宅ローンプラザなど、山形銀行には利便性の高いサービスも多くあります。

その山形銀行でお金を借りたい人のため、カードローンの詳細や活用方法、お金を借りるメリット・デメリットをまとめました。カードローン以外のローン商品ラインナップや上手な使い分け方法も、合わせて紹介いたします。


山形銀行カードローン基本情報

山形銀行カードローンは、決められた限度額の範囲であれば、好きな時に好きな金額を借入できる商品です。レジャー費用や生活費の補填、家具の買い替え費用など、ビジネス以外の用途であれば、シーンを選ばずに活用できます。

限度額 10万円以上500万円以内 ※10万円単位。審査により決定。
貸付利率 年4.5%~14.6% ※限度額に応じて変動
融資期間 1年ごとに審査を経て自動更新。満70歳を超えてからの継続は不可。
担保・保証人 不要
保証会社 アコム株式会社
返済方法 【口座あり型】毎月3日に指定口座から自動引落し。【口座レス型】ATMからの入金
公式HP こちら

 

山形銀行カードローンの利用条件は、以下3点で、年収や勤続年数の制限はなく、門戸が広い商品といえます。

・契約時の年齢が満 20 歳以上満 70 歳未満であること
・アコムの保証を受けられること
・その他、山形銀行の定める基準を満たすこと

山形銀行カードローンは即日融資を受けられる?

山形銀行カードローンは、即日融資を受けられません。口座あり型を選択した場合は最短2営業日・口座レス型を選択した場合は審査結果の連絡から約10日が目安です。

いずれにしても、申込当日にお金を手にする方法はありません。どうしても借入を急ぐ事情があれば「即日融資可能」をうたう消費者金融を活用ください。

「即日融資は受けられないにしろ、なるべく早く借入したい」といった人は、申込時に相談しましょう。

山形銀行カードローン受付センターに電話をかけ、事情を話すと、優先的に処理してもらえることがあります。

カードローン受付センターの営業時間は、平日の9時から21時・土日祝の9時から18時です。年末年始を除き、土日であっても相談できます。

山形銀行カードローン 申込から融資までの流れ

山形銀行カードローンの申込方法は、口座レス型・口座あり型で異なります。

▼口座レス型 (山形銀行の口座がなく、開設も行わずにカードローンを使いたい人)
→インターネットからのみ申込可能。

▼口座あり型 (山形銀行の口座があって、キャッシュカードを持っている人)
→インターネット・電話・郵送・FAXからの申込可能。

ここでは、インターネット経由の申込を想定し、くわしい手順を紹介します。

1. 仮審査の申込
山形銀行のホームページからカードローンページを開き、申込をクリックします。口座レス型・口座あり型で申込ボタンが異なるため、間違えずに手続きしましょう。

表示される確認事項・条項に目を通し、必要事項を送信します。口座あり型の申込フォームでは口座情報入力が必要なので、通帳やキャッシュカードを手もとに用意し、申込を行いましょう。

2. 審査結果の連絡
申告情報をもとに保証会社・山形銀行が審査を行い、契約可否と条件を決定します。審査の中で、山形銀行カードローン受付センターからの在籍確認が必要です。在籍確認がとれてから、申告した連絡先へ審査結果が通知されます。

3. 振込融資(希望者のみ)
申込時に振込融資を希望すると、カードの受取を行う前・1回限りの借入を行えます。借入希望額をあらかじめ指定し、振込融資を受けてください。口座レス型を選択した場合には、このサービスを受けられません。

4. カードの受取
口座あり型・口座レス型のどちらを選択した場合にも、ローンカードが山形銀行から発送されます。カードの受取後は、自由に借入可能です。

山形銀行カードローンの必要書類

山形銀行カードローンを利用するためには、以下の書類が必要です。本人確認書類はすべての人・所得確認資料は、限度額50万円超を希望する人が提出します。

・本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード・身体障害者手帳・マイナンバーカードなど)
・所得確認資料(源泉徴収票・所得額証明書など)

在籍確認は省略できる?

山形銀行カードローンを利用するためには、在籍確認が必要です。原則的に省略はできず、会社に対する連絡を避けられません。山形銀行ホームページのよくある質問欄には、次のような記載が見つかりました。

Q在籍確認はありますか?
Aお勤めの方は、勤務先へご連絡させていただきます。ご連絡時は、銀行名または個人名にてご連絡いたします。

引用:http://www.yamagatabank.co.jp/individual/kariru/cardloan/

在籍確認に関しては、柔軟対応を期待できるカードローンとはいえません。会社に対する電話連絡に抵抗を感じる人は「省略可能」を売りとする消費者金融に相談しましょう。

山形銀行カードローンでお金を借りる方法

山形銀行カードローンでお金を借りる方法は、ATM・自動融資の2種類です。

後ほどくわしく紹介しますが、自動融資は一般的なカードローンの借り方とは異なるため、原則的にはATM経由の1択。普通預金口座があっても、2回目以降の振込融資は受けられません。

ATMからお金を借りる

ローンカードを持ってATMまで行き、出金する方法です。山形銀行ATMだけではなく、イーネット・ローソン・セブン-イレブンといったコンビニのATM、ゆうちょ銀行やイオン銀行、その他の提携金融機関ATMを利用できるため、借入場所には困りません。主なATMの取引可能時間帯と手数料は、次の表の通りです。

山形銀行 平日:8:00~9:00 108円 / 9:00~18:00 無料 / 18:00~21:00 108円
土・日・祝日:8:00~21:00 108円
イーネット(ファミリーマート)
ローソン銀行
セブン銀行(セブン-イレブン)
平日:7:00~9:00 216円 / 9:00~18:00 108円 / 18:00~24:00 216円
土・日・祝日:8:00~21:00 216円

※やまぎんポイントくらぶによる手数料割引サービスがあります。最大 月3回まで手数料無料で利用可能。

イオン銀行 平日:9:00~18:00 108円
その他の曜日・時間帯 216円
ゆうちょ銀行 平日:8:45~18:00 108円 その他の時間帯 216円
土:9:00~14:00 108円 その他の時間帯 216円
日・祝日:終日 216円

 

自動融資機能を使う

公共料金の支払いやクレジットカードの引落しにより、口座残高が不足した際、自動的にお金を貸すサービスです。「口座残高1万円にも関わらず、5万円の引落しがある」といった時、4万円の借入を自動的に行います。

すべての取引が自動融資の対象となるわけではなく、以下のものは除外です。

・本カードローンを含む当行借入金や代理貸のご返済金
・ご返済用預金口座でカードローン(「マイカード」、「財形カード」、「サポート」)をご利用の場合
・つみたて投信の購入代金や積立型定期預金の積立金
・自動送金サービスおよびネットバンクによる送金資金

引用: http://www.yamagatabank.co.jp/individual/kariru/cardloan/images/guide.pdf

難しい言葉が並んでいますが「ローンの返済や積立商品の引落し、お金が入っていないにも関わらず送金処理を行った時には、融資しません」といったニュアンスです。

「請求が来るのを忘れていた」といった時だけ自動融資がなされ、ほかの金融機関や公共料金に対する支払い遅延を予防できます。

山形銀行カードローンの返済方法

山形銀行カードローンの返済方法は、口座あり型・口座レス型で異なります。

口座あり型は、自動的に計算された返済金額が毎月3日に引落しされる方式・口座レス型は、毎月3日までにATMから入金する方式です。引落しや入金する金額(毎月の返済額)は、次の表に従います。

約定返済日前日の借入残高 約定返済額
2,000円以下 当該金額
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超60万円以下 12,000円
60万円超70万円以下 14,000円
70万円超80万円以下 16,000円
80万円超90万円以下 18,000円
90万円超100万円以下 20,000円
以降 10万円単位で +1,000円

 

また、口座あり型・口座レス型のどちらを選択した場合でも、ATMからの入金による臨時返済が可能です。臨時返済とは、お金の余裕のある月に上乗せ返済分を支払うことをいいます。

カードローンの貸付利率は預金金利より高いため、普通預金口座に入れるお金があれば、意識的な臨時返済がおすすめ。背伸びした金額を支払う必要はありませんが、早期完済目指し、計画的に進めましょう。

山形銀行カードローンでお金を借りるメリットは?

カードローンの特徴を正しく理解し、自分に合う商品を選ぶことが後悔しない借入の秘訣です。ほかの銀行や消費者金融と山形銀行カードローンを比較し、強みといえるポイント3つを紹介します。

消費者金融と比較して低金利

まず、消費者金融と比較し、貸付利率が低いことです。山形銀行カードローンの貸付利率は、以下の表に従って決定されます。限度額100万円未満であっても年14.6%で借入でき、消費者金融と比較すれば、かなり有利な条件です。

限度額 貸付利率
100万円未満 年14.6%
100万円~200万円未満 年12.0%
200万円~400万円未満 年8.0%
400万円~500万円未満 年7.0%
500万円 年4.5%

 
ただし、銀行カードローンの中で比較した場合には、平均的な水準です。山形県民も利用できる銀行のカードローンで、山形銀行よりも上限の低い商品は多くあります。

たとえば、イオン銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の貸付条件は、次の表のとおりです。

金融機関 貸付利率の上限
イオン銀行カードローン 年13.8%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
三井住友銀行カードローン 年14.5%

 
山形銀行カードローンだけが「目立って低金利」というわけではないことを理解し、有利な条件で契約できる商品を検討しましょう。

来店・口座開設不要で契約できる

地方銀行のカードローンの多くは、口座開設を利用条件に含めています。

本契約手続きのために店舗への訪問が必要な商品も多く、来店・口座開設不要を掲げる山形銀行は良心的。わずらわしい手続きを行うことなく、申込が可能です。

ただし「申込できる=審査に通る」というわけではありません。取引実績を重ね、人となりやお金との付き合い方が分かっている相手の方が「審査に有利」と考えられます。

山形銀行にこだわる理由がないようであれば、普段から使用している金融機関のカードローンを検討しましょう。

「どうしてもメインバンクには相談できない」といった事情がある場合にはじめて、山形銀行カードローンでお金を借りることをおすすめします。

ATMの手数料を無料にできるポイント特典

山形銀行カードローンには、ポイントサービス「やまぎんポイントくらぶ」のステージに応じ、ATM手数料無料にできる仕組みがあります。

第1ステージ
50ポイント以上
第2ステージ
70ポイント以上
第3ステージ
100ポイント以上
山形銀行ATM 時間外手数料 平日半額 平日無料 平日・土・日・祝日無料
コンビニATM(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行)利用手数料 - 利用時間・曜日を問わず、取引口座ごとに月1回まで無料 利用時間・曜日を問わず、取引口座ごとに月3回まで無料

 

ポイント付与対象には、給与振込もしくは年金自動受取・公共料金(電気・電話・ガス・水道・NHK)・カードローンの借入・カードローンの月末借入残高を有すること・ネットバンクの利用などが含まれます。

給与振込+カードローン契約+カードローン借入残高1万円以上+ネットバンクの利用だけで70ポイントをクリアでき、山形銀行ATMの時間外手数料平日無料・コンビニATMの利用手数料月1回無料といった特典を受けることが可能です。

※参考:やまぎんポイントくらぶ うれしい特典のご紹介

山形銀行カードローンでお金を借りるデメリットと注意点

次に、山形銀行カードローン契約前に知っておきたいデメリットや注意点を紹介します。申込後に「こんなはずでは」といった事態を防ぐため、目を通しておきましょう。

スピード融資は期待できない

カードローン契約の肝心要となる審査スピード。山形銀行カードローンは、銀行カードローンの中でやや遅めから平均的な水準です。

銀行のカードローン全体としてしっかりと審査を行う方向に動いているため、柔軟な対応は期待しにくい状況と考えられます。

山形銀行に関しても、同様です。

前述のように「急いで欲しい」という要望を伝えることで多少は融通が利く可能性もありますが、お金が必要な日までに1週間は余裕を持ちたいところ。

いざという時に備えてあらかじめカードローン契約を行い、必要な時だけ使用するといった使い方をおすすめします。

おまとめ利用はフリーローンがおすすめ

山形銀行では、おまとめ専用商品「<やまぎん>フリーローン おまとめコース」を扱っています。

固定金利4.9%~12.9%(やまぎんポイントくらぶステージに応じて、さらに金利優遇可能)とカードローンより低い貸付利率が適用され、圧倒的に有利です。

おまとめ目的でカードローンを検討している人であれば、フリーローンを優先しましょう。

フリーローン おまとめコースを利用した場合のメリットは、もう1点あります。

山形銀行からおまとめ前の金融機関へ直接振込がなされ、他の用途に使ってしまうリスクがないことです。

お金の管理が苦手な人がカードローンを契約すると、さらに借入が膨らみ、支払いに苦しむこととなりかねません。何のための借入かを考え、目的に応じた商品選びが大切です。

山形銀行 カードローン以外の無担保ローン一覧

山形銀行には、カードローン以外の借入商品が多くあります。主要商品の特徴と貸付条件、上手な活用方法を知り、目的に応じた商品選びに活用ください。

※貸付利率や条件はすべて2019年6月現在の数字です。

<やまぎん>フリーローン 自由コース

申込から融資までWEB完結手続きできる使途自由のローンです。ブライダル資金やメディカル資金など一定の用途に利用するお金は、この後に紹介する目的別コースがおすすめ。

自由コースは汎用性が高い分だけ貸付利率も高く、用途を事前に通知できない出費やいくらかかるかを把握できない支払いに検討できます。

限度額 10万円以上300万円以内
貸付利率 年3.9%・年6.9%・年9.9%のいずれか。審査により決定。
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社ジャックス
年齢条件 申込時に満20歳以上65歳未満・最終返済時に満76歳未満の人
勤続年数 基準なし
収入条件 安定した収入があること ※パート・アルバイトも可能
公式HP こちら

 

<やまぎん>フリーローン 目的別コース

山形銀行指定の使い道7種類に該当するお金を借入できるコースです。以下のうち、いずれかに該当する資金であれば、目的別コースを利用できます。

1)ブライダル資金(結婚費用全般)
2)メモリアル資金(冠婚葬祭、墓地・墓石、仏壇等の資金)
3)メディカル資金(歯の治療、先進治療の費用等医療関連資金)
4)スポーツ資金(スポーツ用品、自転車購入等の資金)
5)ホビー資金(模型購入等、趣味関連費用の資金)
6)リビング資金(家具、家電購入等住まい関連の資金)
7)トラベル資金(旅行関連の資金)

引用:http://www.yamagatabank.co.jp/individual/kariru/mutanpo/free/images/guide2.pdf

限度額 10万円以上300万円以内
貸付利率 年2.9%・年4.9%・年6.9%のいずれか。審査により決定。
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社ジャックス
年齢条件 申込時に満20歳以上65歳未満・最終返済時に満76歳未満の人
勤続年数 基準なし
収入条件 継続した収入があること ※パート・アルバイトも可能
公式HP こちら

 

<やまぎん>マイカーローン(WEB完結型)

山形銀行のキャッシュカード保有者が利用できるマイカーローンです。自動車(新車・中古車)の購入資金に活用できます。キャッシュカードを持っていても、車検費用や免許取得費に活用する場合には、WEB完結型を使えません。

限度額 10万円以上1,000万円以内
貸付利率 年1.85%~2.4%
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 不要
保証会社 やまぎんカードサービス株式会社または株式会社ジャックス
年齢条件 申込時に満20歳以上・最終返済時に満72歳未満の人
勤続年数 1年以上
収入条件 前年度税込年収150万円以上
公式HP こちら

 

<やまぎん>マイカーローン(来店型)

自動車やバイクの購入資金、車検や修理費用、免許取得費など、幅広い用途に利用できるマイカーローン。山形銀行のキャッシュカードがない人でも申込を行えます。

新卒者・内定者は見込み年収提示により利用可能。満20歳未満の人が申込を行う場合は、親権者の保証が条件です。

限度額 10万円以上1,000万円以内
貸付利率 年1.85%~2.4%
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 原則不要。満20歳未満の人は親権者1名の保証が必要。
保証会社 やまぎんカードサービス株式会社または株式会社ジャックス
年齢条件 申込時に満20歳以上・最終返済時に満72歳未満の人
勤続年数 原則1年以上
収入条件 原則は前年度税込年収150万円以上
公式HP こちら

 

<やまぎん>教育ローン(証書貸付型)

原則は、高校以上の学校に入学もしくは在学する子供の教育費(受験料や入学金、授業料など)に活用できるローンです。

国家資格取得目的の学校や通信講座に関する教育費であれば、本人でも契約できます。証書貸付型は、借入から2年以内に利用するお金が対象です。

たとえば、大学入学に合わせて教育ローンの申込を行った場合、入学金と1年・2年の授業料は借入できます。3年・4年の分は「入学時に4年分を一括で支払う」など、特定の事情がない限り、借入を行えません。

また、山形銀行の教育ローンは、団体信用生命保険への加入が条件です。健康状態に不安を感じる人は、事前の相談をおすすめします。

限度額 10万円以上1,000万円以内
貸付利率 年2.7%~4.6%
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 原則不要。借入条件によっては、保証会社宛の保証人が必要。
保証会社 山形銀行の指定する会社を利用
年齢条件 申込時に満20歳以上・最終返済時に満72歳未満の人
勤続年数 会社員は1年以上、自営業は営業年数3年以上
収入条件 前年度税込年収150万円以上
公式HP こちら

 


このページの先頭へ