常陽銀行カードローンでお金で借りる!キャッシュピットの特徴

茨城県に本店を置く地方銀行「常陽銀行」では、「CASHPIT(キャッシュピット)」というカードローンを提供しています。

口座開設不要・来店不要・ATM手数料いつでも無料という利便性の高いカードローンになっているため、常陽銀行の営業エリア内にお住まいの方にはお勧めです。

ここでは、常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の金利・限度額・申し込み方法・借り入れ方法・返済方法・メリット・デメリットなどについて詳しく解説します。


常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の特徴

キャッシュピットの限度額は300万円と低めで、金利も一般的な数字とはなっていますが、口座開設不要で、審査が早いという利点があります。

早ければ、申し込みから2日で振り込み融資を受けることもできてしまいます。

ローンカードも比較的早い段階で到着するので、急ぎの方にお勧めしたいカードローンです。

金利 年2.5%~14.8%
利用限度額 300万円
申込資格 ・20歳以上75歳未満で、安定した収入がある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
・自宅か勤務先住所が常陽銀行の営業エリア内(茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都)である方。
・外国人の場合は永住許可を受けている方。
(パート、アルバイト、年金受給者の方も可)
資金使途 自由(事業性資金、投機性資金は除く)
契約期間 3年ごとに自動更新
返済方法 ①ATMから返済
②指定口座へ振り込みによる返済
担保・保証人 不要
保証会社 アコム(株)
入会金・年会費 無料
審査スピード 最短2営業日で回答
口座開設 不要
公式サイト こちら

 

常陽銀行「キャッシュピット」の金利

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の金利は、利用限度額によって以下のように設定されます。

利用限度額 金利
1万円以上~100万円未満 年14.8%
100万円以上~200万円以下 年12.0%
200万円超~300万円未満 年9.8%
300万円 年2.5%~8.8%

 
銀行カードローンとしては、平均的な金利ですね。他の地銀カードローンと比較してみましょう。

銀行・商品名 金利(実質年利) 限度額
横浜銀行 カードローン 1.9%~14.6% 1,000万円
千葉銀行 カードローン 1.7%~14.8% 800万円
京葉銀行カードローン「そっけつくん」 5.0%~14.0% 30万~300万円
南都銀行カードローン「E-PACK」 年4.0%~14.0% 10万円~1,000万円
武蔵野銀行カードローン「スマートネクスト」 年4.5%~年14.8% 10万円~500万円
西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」 年13.0%~14.95% 10万円~300万円
広島銀行マイライフプラス(カード型) 年2.475%~13.475% 10万円以上500万円以内
北洋銀行カードローン スーパーアルカ 年1.9%~14.7% 10万円~1,000万円
青森銀行カードローン「Aキャッシング」 年2.4%~14.5% 10万円~1,000万円
山形銀行カードローン 年4.5%~14.6% 10万円~500万円
荘内銀行「カードローン1000」 年3.5%~13.5% 10万円~1,000万円
第四銀行「カードローン解決スピーディー」 年4.0%~14.8% 10万円~500万円
七十七銀行「77スマートネクスト」 年4.9%~14.8% 10万円~500万円
もみじ銀行カードローン「マイカードもみじ君」 年4.5%~14.5% 30万円~300万円
山口銀行カードローン「マイカードやまぐち君」 年4.50%~14.50% 30万~300万円
山梨中央銀行カードローン「waku waku エブリ」 年5.0%~13.5% 10万円~300万円
群馬銀行 ナイスサポートカード 年2.8%~14.5% 1万円以上800万円以内
熊本銀行(くまぎん)「カードローン」 年3.0%~14.5% 10万円~1,000万円
肥後銀行「WEBカードローン」 年4.5%~14.0% 10万円以上500万円以内
百五銀行「百五マイカードDREAM」 年3.8%~14.7% 10万円~500万円

 

常陽銀行「キャッシュピット」の利用は口座開設が不要

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」は、常陽銀行の口座を持っていなくても申し込み可能ですし、新たに開設する必要もありません。

口座がないため、自動引き落とし返済はできませんが、ATMや振り込みで返済できますし、口座を増やしたくないという方にも助かりますね。

ただし契約完了後、ローンカード受け取り前の振り込み融資を希望する場合は、常陽銀行の口座開設が必要となってしまいます。

振込先は、常陽銀行の普通預金口座のみとなっているからです。(他行の口座は指定できません)

ローンカードは契約完了後1~2営業日程度で自宅に届く予定となっているため、それほど待たなくてもATMからの借り入れを開始できるかとは思いますが、急ぎの場合は契約前に口座も開設しておき、契約完了後すぐに振り込み融資をしてもらえるよう準備しておいた方がいいかもしれませんね。

常陽銀行「キャッシュピット」の審査時間は?即日融資は可能?

常陽銀行カードローン キャッシュピットの審査に必要な日数について、常陽銀行へ電話で確認したところ、「即日融資はできませんが、最短だと申し込みから2営業日でご融資することができます」とのことでした。

急ぎ(最短2営業日)でお金を借りたい場合には

急ぎでお金を借りたい場合は、以下のような条件をクリアする必要があります。

・常陽銀行の口座を開設しておくこと。(キャッシュピットの利用に口座は不要ですが、振り込み融資を希望する場合は、振込先が常陽銀行の口座になるため、開設が必要です)・契約完了後の振り込み融資を希望しておくこと。
・申し込み内容に不備がないこと。
・郵送以外の方法で申し込み手続きをすること。(郵送は書類のやり取りに時間がかかります)
・必要書類はすぐに提出すること。
・審査完了後の連絡をすぐに受けられること。
・申し込み内容や審査状況に問題がないこと。

これらの条件をクリアし、審査結果の連絡を受けた後そのまま契約を済ますと、常陽銀行の口座へ必要額を振り込んでもらうことができます。

最短だと申し込みから2営業日程度で契約が完了するので、早ければその日のうちにお金を借りることもできるでしょう。

1週間以内にお金を借りるには

最短2営業日でお金を借りられるというのは魅力的ですが、口座を持っていない方にとっては「口座開設の必要あり」というのは少しハードルが高いかもしれませんね。

もし、契約完了後さらに1~2営業日後の融資でも大丈夫であれば、振り込み融資を希望せず、そのままカードが自宅に郵送されてくるまで待つといいでしょう。

他行のカードローンの場合、ローンカード郵送に1~2週間程度かかる傾向にあるのですが、常陽銀行の場合は「契約完了後、1~2営業日程度でお届け」となっているからです。

この点について、「1~2営業日で発送なのか、1~2営業日で自宅に届くのか、どちらですか?」と常陽銀行に電話で確認したところ、次のような回答をいただきました。

「郵便事情により前後する場合がございますが、ご契約手続き完了後、早ければ1~2営業日でお手元にカードが届く予定です」

平日中であれば、契約完了後1~2日程度待てばすぐにカードを受け取ることができますね。

口座を開設する必要もないので安心です。

ただしこの場合も、口座開設は不要ですが、急ぎでお金を借りたい場合と同じ様な条件(申込内容に不備なし、郵送以外の申し込み、審査状況に問題なし、など)をクリアする必要があります。

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の審査申し込み方法・流れ

常陽銀行「キャッシュピット」の審査申し込み~契約の流れ

①申し込み(インターネット、郵送、FAX、電話)
②事前審査結果の連絡(メール、電話)
③必要書類の提出(アップロード、FAX、郵送)
④正式申し込み(郵送、FAX)
⑤正式審査
⑥審査承認後、契約内容確認
⑦契約完了後、希望すると即日振り込み可能(常陽銀行の口座を持っている方のみ)
⑧契約完了後、1~2営業日程度でカード到着
⑨カード受け取り次第、ATMから借り入れスタート

常陽銀行「キャッシュピット」の審査申し込み方法

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の事前審査申し込みは、「WEB」「FAX」「郵送」「電話」等の方法で行うことができます。

事前審査に通過した後、正式申し込みをする必要があるのですが、この場合は、「WEB」「FAX」「郵送」のいずれかで行うことになります。

いずれも自宅で手続きを完結させることができるので、常陽銀行へ来店できない方でも安心です。

①WEBで「キャッシュピット」の審査に申し込む

常陽銀行ホームページの、カードローン「キャッシュピット」のページを開きましょう。

「かんたんお申込み」と言う緑色のボタンをクリックすると、申し込み手続きに入ることができます。

まずは以下のような規定や同意書をよく読み同意する必要があります。

同意すると申し込みフォームに進むことができるので、不備のないよう必要事項を入力し送信しましょう。

<注意事項>
・個人情報利用等に関する同意書
・常陽キャッシュピット契約規定
・保証委託約款

WEBで申し込むと、そのまま契約手続きまでをWEB上で完結させることができます。

②郵送、FAXで「キャッシュピット」の審査に申し込む

キャッシュピットの利用申込書に、必要事項を記入し、本人確認書類等と一緒に常陽銀行へ送りましょう。

申込書が銀行に到着すると、審査が開始されます。

郵送の場合は書類が到着するまでに時間がかかってしまうので、急ぎの場合はFAXの方がいいですね。

利用申込書は、常陽銀行ホームページからダウンロードすることができますし、電話で請求して自宅か勤務先へ送ってもらうことも出来ます。

利用申込書ダウンロード

③電話で「キャッシュピット」の審査に申し込む

電話で申し込み手続きをすることも出来ます。キャッシュピットの電話窓口は土日祝日関係なく営業しているので、平日に電話できない方でも安心です。

電話では問い合わせも受け付けているので、不安なことがあれば、まず電話で常陽銀行のスタッフに相談してみるといいでしょう。

また、電話で資料請求をすることもできますので、キャッシュピットの詳しい資料や利用申込書が欲しい場合も電話をしてみるといいでしょう。

<電話受付時間>
カードローン専用問い合わせ窓口(新規申し込み受付):0120-56-8160
平日、土日、祝日:9時~21時
※12月31日~1月3日は不可

常陽銀行「キャッシュピット」の必要書類

①本人確認書類(現住所の記載がある確認書類を1つ用意)
・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
など。

②収入証明書類(50万円を超える利用限度額での契約を希望している場合、収入証明書類が1つ必要)

・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書 
・納税証明書
など

③外国籍の方の場合
・在留カード
・特別永住者証明書

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」でお金を借りる方法

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」でお金を借りる場合、「ATMから出金」「振り込み」の2種類の方法があります。

ただし振り込みは初回限定の方法となるため、基本的な借り入れ方法はATMからの出金となります。

①カードを使ってATMからお金を借りる

契約完了後、早ければ1~2日程度でローンカードが自宅に郵送されてきます。

カードを受け取ると、常陽銀行や全国のコンビニATMなどから自由にお金を引き出すことができるようになります。

またカードローン利用時はATM手数料もATM時間外手数料も無料なので、手数料を気にせずいつでも何度でも借りることができます。

ATM借り入れの条件

ATM利用手数料 無料
ATM時間外利用手数料 無料
1日当たりの引出限度額 50万円
借入単位 1,000円単位~
利用可能ATM 常陽銀行、E-net、セブン銀行、ローソン銀行

 

ATM借り入れ可能時間

・常陽銀行(手数料無料)

平日、土日、祝日 8時~21時

 
 

・E-net、セブン銀行、ローソン銀行(手数料無料)

平日 7時~23時
土日、祝日 8時~21時

 
店舗・ATMの案内

②振り込みでお金を借りる

契約完了後、ローンカードを郵送で受け取る前にお金を借りたい場合は、希望すると振込みで融資してもらうことができます。

ただし、この場合は常陽銀行の口座が必要です。

振り込み融資を希望する場合は、契約時までに口座を開設しておきましょう。

<振込融資の条件>
振込先の口座:常陽銀行の普通預金口座
振込のタイミング:契約日
振込限度額:利用限度額の範囲内
振込手数料:無料
振込回数:初回の1度のみ

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の返済方法

常陽銀行「キャッシュピット」の返済方法

「35日ごと返済」か、「毎月指定日返済」かを選択した後は、期日までに必要額を入金していくだけです。

自動引き落とし返済はできませんが、「ATM」や「振り込み」などの方法で入金(返済)していくことができます。

①ATMから返済

ローンカードを使って、常陽銀行や提携のATMから毎月必要額を入金していきましょう。ATM手数料はいつでも無料なので、時間を気にせず利用することができます。

ATM利用手数料 無料
ATM時間外利用手数料 無料
硬貨の取扱い 不可
利用可能ATM 常陽銀行、E-net、セブン銀行、ローソン銀行
ATM利用可能時間 ATM借り入れ可能時間と同じ。

 

②振り込みで返済

常陽銀行が指定した口座へ振り込む形で返済していくことも出来ます。ただし、この場合は振り込み手続きをする銀行で振り込み手数料を支払う必要があります。

手数料が気になる場合は、手数料無料のATM返済にした方がお得ですね。

常陽銀行「キャッシュピット」の返済期日

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の約定返済日は、以下の2種類のうちから選択することができます。

①35日ごと返済

35日ごとに返済日がやってくる方式になります。

前回返済した日から35日以内であればいつ返済してもいいので、返済期日を早めていくなど、自分なりに調整可能です。

ただし返済日が一定ではないので、期日をしっかり管理しておかないとうっかり返済し忘れてしまうことも考えられるので注意も必要です。

・初回の返済日:借り入れ日の翌日から35日以内
・2回目以降の返済日:約定返済をした日の翌日から35日以内

②毎月指定日返済

毎月同じ日に返済をしていく方式で、返済期日は6日以外であれば希望日を自由に指定することができます。(契約時に決定)

給料日の翌日など、返済しやすい日に設定しておくと安心ですね。

自由に調整していくことはできませんが、期日は毎月変わらないので、返済計画が立てやすくなります。

常陽銀行「キャッシュピット」の約定返済額

常陽銀行「キャッシュピット」の約定返済額は、借り入れ残高と利用限度額により決定します。

下記の金額は最小返済額となっています。余裕がある月は最小返済額以上の返済が可能です。

また、一括で返済することも出来ます。

一括返済の場合は、キャッシュピット受付センターかインターネットで残高を確認し、必要額を入金するといいでしょう。

借入残高 利用限度額 100万円以上300万円以下の場合 利用限度額 100万円未満の場合
10万円以下 2,000円 3,000円
10万円超~20万円以下 4,000円 6,000円
20万円超~30万円以下 6,000円 9,000円
30万円超~ 借入残高が10万円増えるたびに2,000円追加 借入残高が10万円増えるたびに3,000円追加

 

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」でお金を借りるメリット・デメリット

<キャッシュピットでお金を借りるメリット>
・常陽銀行ATM・コンビニATMの手数料、時間外手数料も365日無料
・口座開設不要
・契約まで来店不要(郵送、FAX、WEBで手続き可能)
・契約完了後、ローンカード受け取り前の振り込み融資可能
・最短で2営業日での融資可能
・カード郵送がスピーディー(契約完了後、1~2営業日程度で到着)

<キャッシュピットでお金を借りるデメリット>
・利用可能地域限定(茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都)
・振り込み融資を希望する場合は、口座開設が必要
・自動引き落とし返済は不可
・専業主婦・専業主夫の申し込みは不可(常陽銀行に電話確認したところ、パートやアルバイト、年金など、何かしらの収入がないと申し込みいただけません、とのことでした)・自動融資機能なし

常陽ベストカードプレミアでお金を借りる

低金利のカードローンを希望している場合は、「常陽ベストカードプレミア」もお勧めです。

口座開設が必要になりますし、申し込みから借り入れまで3週間前後かかってしまうため、キャッシュピットよりも時間も手間もかかりますが、長い目で見ると、金利が低い分キャッシュピットよりもベストカードプレミアの方が支払う利息を減らすことができお得です。

急ぎではない場合はコチラも検討してみるといいでしょう。

金利(変動金利) 年5.975%~11.5%
利用限度額 10万円以上~500万円以内(10万円、30万円、50万円、100万円、150万円、200万円、300万円、400万円、500万円のコースから選択可能)
申込資格 ・満20歳以上60歳未満で、安定した収入がある方。
・保証会社の保証が受けられる方。
・自宅か勤務先住所が常陽銀行の営業エリア内(茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都)である方。
・外国人の場合は永住許可を受けている方。
資金使途 自由(事業性資金は除く)
融資期間 1年ごとに自動更新
返済方法 毎月5日(休業日の場合は翌営業日)に返済用口座から自動引き落とし
担保・保証人 不要
保証会社 常陽信用保証(株)※保証料は常陽銀行が負担
入会金・年会費 無料
審査スピード 申し込みからカード受け取りまで、最短で2~3週間
口座開設 必要
公式サイト こちら

 

キャッシュピットより低金利

常陽銀行カードローンの「常陽ベストカードプレミア」の上限金利は、キャッシュピットよりも低くなっています。

また、常陽銀行で住宅ローンを利用している場合は、極度額に関係なく5.975%の金利が適用されることになるためお得です。

極度額 金利
10万円以上~50万円以内 年11.5%
100万円以上~200万円以内 年9.9%
300万円以上~500万円以内 年5.975%

 

常陽ベストカードプレミアは口座開設が必要

キャッシュピットと違い、常陽ベストカードプレミアを利用するためには口座開設が必要です。

ただし、口座を持つことで、以下のようなサービスを受けることができます。

①口座からの自動引き落とし返済・・・毎月口座から約定返済分を自動的に引き落としてもらうことができます。返済分をATMから入金するという作業が不要になるので便利です。

②オートチャージサービス・・・公共料金等の引き落としの際、口座が残高不足だと、不足分を自動的に融資してくれるサービスです。延滞を防ぐことができるので、安心です。(オートチャージの対象項目:電気料金、電話料金、NHK料金、水道料金、ガス料金、学校関連費用、常陽カード(DC)、JOYO CARD Plus)

ATM手数料は必要

常陽銀行のATMを利用する場合は手数料無料ですが、コンビニのATMを利用する場合、入金も出金もATM利用手数料が必要になります。

キャッシュピットはいつでも手数料無料なので、コンビニATMを利用していく予定がある場合は、キャッシュピットの方がお得ですね。

<ATM利用可能時間>

▼常陽銀行(手数料無料)
平日、土日、祝日:8時~21時

▼コンビニATM(手数料有料)
平日:7時~23時
土日、祝日:8時~21時

このページの先頭へ