アルバイト・パートがお金借りる!日雇いは借りられる?

アルバイト・パート、そして日雇いでもお金を借りる方法はあるのでしょうか?

お金を借りる方法として真っ先に思いつくのは、消費者金融などのカードローンだと思います。

この記事では、アルバイト・パート・日雇いはカードローンを利用してお金を借りられるのか?また、他にどんな方法でお金を借りることができるのかを解説します。


アルバイトがお金借りる カードローンを利用できる?

アルバイトをしているということは、毎月1回確実に収入があるということになりますよね。

こういった安定した収入がある場合は、カードローンでお金を借りることができます。

実際、消費者金融大手のアコムの公式サイトには「20歳以上であればアルバイトでもOK!」と記載されています。

アルバイトの方でも消費者金融でお金を借りている人はたくさんいるので、もし審査落ちしてしまった場合は、「アルバイトだから」ということではなく、他に原因があるということになります。

パートがお金借りる カードローンを利用できる?

パートの方も毎月定期的な収入があることになるので、消費者金融の利用条件を満たしていることになります。

20歳以上の方であれば、主婦の方でもカードローンでお金を借りることができます。ただし、パートしていない専業主婦の方は基本的にカードローンでお金を借りることはできません。

パートをしていない専業主婦の方は、配偶者貸付を行っている消費者金融や銀行等でお金を借りることを検討してください。

ちなみに大手消費者金融のアコムプロミスSMBCモビットアイフルレイクALSAは配偶者貸付を行っていないので、パートをしていない専業主婦の方はお金を借りることはできません。

日雇いバイトはカードローンでお金を借りられる?

日雇いはアルバイト・パートと違ってカードローンでお金を借りるのが難しくなります。

日雇いバイトは収入が不安定

日雇いバイトで働いている方の中には、収入が不安定で次に収入があるのがいつになるかわからないという方もいらっしゃると思います。

カードローンの利用は「安定した収入があること」というのが最低条件になるので、日雇いはこの条件をクリアしていないと審査で判断される可能性が高いです。

日雇いバイトは在籍確認が取れないことがある

カードローンの審査では電話による在籍確認が行われます。通常は自分の勤務先に電話がかかってくることになるのですが、日雇いバイトの方の場合は勤め先に固定電話がないこともあるでしょう。

登録している事務所に在籍確認の電話をかけることも可能ですが、この場合、電話に出る担当の方に自分あてに電話がくることを伝えておかないと「そのような者はうちにはおりませんが・・・」などと言われてしまうこともあります。

お願いできれば問題ありませんが、なかなか依頼しにくいのではないでしょうか?

条件を満たしていれば日雇いバイトでもお金を借りることもできる

日雇いの方がカードローンでお金借りることが難しい理由を見てきましたが、逆に考えるとこれらの条件を満たしていれば借り入れできることになります。

働き方としては日雇いでも、派遣会社などに登録をしていて途切れることなく仕事・収入がある方もいると思います。こういう場合は、安定した収入があることになりますし、審査時に「仕事は日雇いです」と馬鹿正直に言わずに「派遣です」と言っても嘘にはなりません。

また、派遣で働いている場合、在籍確認の電話は派遣先ではなく派遣元にかけるのが普通のことなので、派遣会社に「自分あてに電話がかかってきます。自分は派遣先にいるので出られませんがよろしくお願いします」と伝えておけば問題ありません。

あくまでも「日雇いだからダメ」ということではなく、カードローンの利用条件を満たしていないとお金を借りられないという話なので、働き方次第で申し込みも可能です。

日雇いの人がお金借りるには?

たとえばアコムの利用条件は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方」となっています。

つまり、20歳で安定した収入と返済能力があればアコムの審査を受けることができるんです。真からの日雇いで、その日暮しのような生活をしている場合は、まず収入の安定を目指しましょう。

在籍確認については自分が電話に出るのが難しい場合は、電話に出そうな人にお願いしておくと良いでしょう。在籍確認の電話に本人が出られないという状況はよくあることなので、カードローン会社の人も不審に思うことはありません。

在籍確認は申告した勤務先に勤めていることを確認するためのものなので、電話ではなく書類審査にしてもらえる可能性もあります。

この場合は、会社が発行している社会保険証や給料明細などを提出します。

そもそも在籍確認がないカードローンもあるのですが、一般的なカードローンよりも利用条件が厳しいので日雇いでは厳しいでしょう。

いずれの場合も、まずは収入の安定化を目指す必要があります。

アルバイト・パートはいくら借りられるの?

アルバイト・パートの人でも、誰でもお金を借りられるというわけではありません。

まず、勤続年数は長ければ長い方が有利になりますが、最低でも1年以上あることが望ましいです。

扶養の範囲でパートをしている女性もいらっしゃるかと思いますが、年収が高ければ高いほど限度額が上がる可能性があります。

消費者金融の限度額は総量規制によって「年収の3分の1以下」となっています。

年収が130万円のパートの方の場合は、その3分の1の約43万円が限度額となりますが、180万円の年収がある方は60万円までの借り入れが可能なのです。

年収を目安にすれば自分の限度額の上限がわかるということになります。

アルバイト・パートにオススメのカードローン一覧

アルバイト・パートの方は、多くの消費者金融や銀行カードローンでお金を借りられるのですが、その中でもアルバイト・パートだからこそオススメしたいカードローンを紹介します。

アルバイト・パートにオススメ その1「プロミス」

 

限度額 500万円
金利(実質年利) 4.5%~17.8%
即日融資 可能

プロミスも「主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。」と明記しているカードローンです。

アルバイト・パートさんがプロミスに申し込むならWeb完結がオススメですよ。

プロミスのWeb完結でお金を借りる

プロミスWeb完結の申し込み方法はネットのみ

プロミスWeb完結の申し込みはパソコン・スマホなどネットから行います。審査にかかる時間は最短30分なので即日融資にも対応しています。

お金の借り方もスマート!

借り入れは、ネットで借り入れ依頼を行うと、いつも自分で使っている口座に入金してもらうことができます。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行。三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座があれば、24時間振込依頼が可能で、振込手数料無料で10秒程度で入金してもらえます。

クレジットカードの引き落としなどで口座にお金を入れておきたいときにも簡単ですし、現金が必要な時は自分のキャッシュカードを使ってATMから現金を引き出せるので、カードローンを利用していることは誰にもバレないはずですよ。

返済は口座引き落とし

返済は毎月5日、15日、25日、末日の中からいずれか一定の日に口座引き落としで行われるので銀行やATMに行く必要すらありません。返済用口座に入金しておけば返済をし忘れる心配もありませんね。

プロミスのWEB完結はネット振込・返済が基本なので、ローンカードの発行がありません。財布にローンカードを入れておいて、バイト帰りの飲み会などでお財布を開いた時にローンカードがバイト仲間に見られてしまってお金を借りているのがバレたというケースは多いものです。

ローンカードを持ち歩かなくても自分のキャッシュカードでお金を引き出せるというメリットは大きいですよ。

プロミスには女性専用の「レディースキャッシング」もありますが、限度額や金利は通常のプロミスカードローンと変わらないので、特に女性にオススメというわけではありません。

ただ、女性オペレーターが対応してくれる女性専用ダイヤルは、相談事があるときに安心して電話できますよ。

初めてプロミスを利用する方なら30日間無利息サービスを利用できるところもオススメポイントです。

アルバイト・パートにオススメ その2「アコム」

 

限度額 800万円
金利(実質年利) 3.0%~18.0%
即日融資 可能

初めてのカードローンといえばアコムというイメージが強い方も多いのではないでしょうか。アコムは老舗の消費者金融なので、アルバイト・パートさんの審査もスピーディに行ってくれます。

審査結果は最短30分で出ますので即日融資にも強いですよ。

また、初めてアコムを利用する方は契約日の翌日から30日間金利がゼロになる30日間無利息サービスが適用されます。

申し込みはネットからできますが、自宅に郵便物が送られてくると困る場合は、契約手続きを無人契約機で行いましょう。その場で契約書とローンカードを発行できるので、郵便物を回避できます。

アコムにはクレジットカードもあるけど?

アコムには即日発行可能なクレジットカード「アコムACマスターカード」があります。

クレジットカードは発行までに時間がかかることが多いのですが、アコムの「ACマスターカード」は即日発行が可能です。

銀行が発行しているクレカと比べると審査に通りやすいことから検討しているアルバイト・パートの方も多いと思いますが、返済が原則リボ払いになることを覚えておきましょう。

ACマスターカードは前月21日から当月20日の利用がワンサイクルとなります。この期間に利用した金額を当月21日から翌月6日に返済すれば手数料はかからないのですが、7日以降の返済になるとリボ払いになり、毎月14.6%の利息をつけて返済することになります。

当月21日から翌月6日に返済をするということは、実質1回払いということになります。しかも自分で入金する必要があるので、他のクレジットカードと比べると面倒に感じます。

ACマスターカードは、銀行発行のクレカやハイスペックのクレカと比べると審査が緩く即日発行ができるという、アルバイト・パートに嬉しいメリットはあるものの、長く使い続けるのは向いていないので気をつけてくださいね。

アルバイト・パートにオススメ その3「バンクイック」

アルバイト・パートでもお金を借りられる三菱UFJ銀行バンクイック

限度額 500万円
金利(実質年利) 1.8%~14.6%
即日融資 不可。早くても翌営業日

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は銀行カードローンになりますが、安定した収入があればアルバイト・パートでもお金を借りることが可能です。

バンクイックは限度額に合わせて金利が決まっていますので、アルバイト・パートの方でしたら10万円以上100万円以下になると思うのですが、この場合の金利は「年13.6%~14.6%」になります。

初回は高い方の金利が設定されやすいので、14.6%かそれに近い数字となるでしょう。

アコムの上限金利は18%、プロミスは17.8%なので、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの方がかなり低金利でお金を借りることができますね。

銀行カードローンは金利が低いことが大きなメリットになります。

バンクイックなら毎月2,000円からの返済でもOK

バンクイックの毎月の返済額は金利と借り入れ残高によって変わってきます。
金利が8.1%超の場合の毎月の最小返済額はこうなります。

借り入れ残高 最小返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超 10万円増すごとに2,000円の追加

 
10万円以下の借り入れなら毎月2,000円の返済で大丈夫なのです。バンクイックならアルバイト・パートの方でも無理のない返済が可能なのではないでしょうか?

アルバイト・パートにオススメ その4「三井住友銀行カードローン」

アルバイト・パートでもお金を借りられる三井住友銀行カードローン

限度額 800万円
金利(実質年利) 4.0%~14.5%
即日融資 不可・最短翌営業日

三井住友銀行カードローンもアルバイト・パートの利用OKのカードローンです。限度額100万円以下の場合、金利が12.0%~14.5%なので、やはり低金利ですよ。

毎月の返済額もお財布に優しいのでアルバイト・パート方も助かる

三井住友銀行カードローンの最低返済額の設定はこうなっています。

借り入れ残高 約定返済額
2,000円未満 2,000円を上限として元金と利息の合計
2,000円以上50万円以下 10万円以下の場合2,000円
以後10万円増すごとに2,000円追加
50万円超300万円以下 60万円以下の場合11,000円
以後10万円増すごとに1,000円追加
300万円超500万円以下 350万円以下の場合40,000円
以後50万円増すごとに5,000円追加
500万円超800万円以下 600万円以下の場合60,000円
以後100万円増すごとに5,000円追加

 

借入額が2,000円以上50万円以下の場合は、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックと同じです。

借り入れ残高 約定返済額
10万円未満 2,000円
10万円以上20万円未満 4,000円
20万円以上30万円未満 6,000円
30万円以上40万円未満 8,000円
40万円以上50万円未満 10,000円

 
低金利で返済もしやすいので、アルバイト・パートの方も毎月のお給料の中から無理なく返していけそうじゃないですか?

三井住友銀行口座があればローンカードの発行がない

三井住友銀行口座を持っていれば、いつも使っているキャッシュカードを使ってお金を借りることができるので、新たにローンカードを作る必要がありません。

借り入れは三井住友銀行のSMBCダイレクトで振込依頼をすれば口座に入金してもらうこともできますし、キャッシュカードを使ってATMから出金して借りることもできます。

いずれの場合も自分の口座や自分のいつものキャッシュカードを使うことになるので、お金を借りていることがバレにくいですよ。

銀行カードローンは自分が使っている銀行を選ぶと良い理由とは?

銀行カードローンは普段から自分が使っている銀行で申し込むと良いと言われています。

例えばアルバイト・パートの給与振込口座を三菱UFJ銀行にしているならバンクイックを選ぶべき、という感じです。

なぜそう言われているのかというと、銀行側が普段のお金の流れがわかるので「この人は安定した収入がある」とか「クレジットカードの返済もきちんと行ってる」ということがわかるからです。

どこまで配慮してもらえるのかは銀行次第となりますが、アルバイト・パートさんが銀行カードローンを選ぶひとつの目安にしてみてください。

アルバイト・パート・日雇いがカードローン以外でお金を借りる方法

ここからは、アルバイト・パート、それから日雇いの方がカードローン以外でお金を借りる方法を解説します。

バイト先、パート先で給料の前借りを頼む

遊びに使うお金などは不可ですが、労働基準法では緊急時などに給料の前借りを請求することができるとされています。

労働基準法第25条では、労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならないと定められています。

厚生労働省 労働基準法第25条(非常時払)について より引用

緊急時や出産などの際には勤務先に給料の前借りを請求することが可能で、会社には支払い義務があるということですね。

給料の前借りができる金額は、すでに働いた分のみとなります。

例えば月末締めの会社でアルバイト・パートをしているとして、10日の朝に前借りを希望した場合1日から9日分までのお給料分を請求できることになります。

前給制度を採用しているアルバイト・パート先もある

たとえばマクドナルドは前給制度を採用しています。

前給制度
前給制度とは、本来翌月15日に支払われる今月分の給料の一部を、今月末日までに受け取れる便利なシステムです。最短で翌日の振込ができます。

マクドナルド「アルバイト情報 クルーだけの特典」より引用

こういった職場でしたら、アルバイト・パートでも給料の前借り申請がしやすいのではないでしょうか?お勤め先も前給制度を採用しているかもしれませんよ。

その他、パート・アルバイトがお金を借りる方法

パート・アルバイト勤務の方が、カードローン以外でお金を借りる方法としては、親や兄弟など知り合いからお金を借りる方法や、すでに持っているクレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる方法や、質屋で物を預けてお金を借りる方法など、様々です。

それぞれ、メリット・デメリットがありますので、詳しくは以下をご覧ください。

借りるだけじゃない!節約するという方法も

お金が足りない時にカードローンでお金を借りるのは最後の手段となります。慢性的にお金に困ってしまう場合は、お金を使いすぎていないか確認してみましょう。

外食が多いなら自炊に切り替えてみる、スマホを格安SIMに変える、スマホの通信はキャリアと契約していて家のネットは固定回線を引いているなら、ネット環境をwi-fiルータに一本化するなどの方法もあります。

アルバイト・パートを増やすのは大変ですが、節約なら身近なところから始められます。

どうしてもお金を借りる必要がある場合も、決して借りすぎることがないように気をつけてくださいね。


このページの先頭へ