阿波銀行でお金を借りる!カードローンの特徴

徳島県のリーディングバンクとして堅実経営を続ける阿波銀行は、地元の人から「あわぎん」の愛称で親しまれ、創業120年以上の歴史があります。

阿波銀行は、世代を超えたおつきあい「永代取引」を企業理念に、地域社会の発展と個人の資産形成を助けてきました。

この記事では、阿波銀行でお金を借りたい人のため、「あわぎんスマートネクスト」「パワーアップカードローン」「あわぎんカードローンエース」の特徴と申込方法、お金の借り方・返し方、阿波銀行でお金を借りるメリット・デメリットを紹介します。


<メニュー>

阿波銀行のカードローン3種類

阿波銀行のカードローンは「あわぎんスマートネクスト」「パワーアップカードローン」「あわぎんカードローンエース」の3種類です。阿波銀行の各カードローンの基本情報と使い分けを以下で詳しく解説します。

あわぎんスマートネクスト 基本情報

あわぎんスマートネクストは、来店不要・スピード回答を特徴とするカードローンです。

申込時点では阿波銀行の口座がなくても問題はありませんが、利用開始までに開設を行う必要があります。

★こんな人におすすめ!
・できるだけ早くカードローン契約したい人
・ローン専用カードを使用し、ATMからキャッシングを行いたい人
限度額 30万円以上500万円以内
貸付利率 年4.7%~14.8%
融資期間 3年ごとに審査の上で自動更新
担保・保証人 不要
保証会社 エム・ユー信用保証株式会社
返済方法 毎月7日に指定口座から自動引落し
公式HP こちら

 

あわぎんスマートネクストの利用条件は、以下4点です。年収や勤続年数の具体的なボーダーラインは存在せず、難しい条件ではありません。

・満20歳以上満66歳未満の人
・継続安定した収入のある方
・保証会社(エム・ユー信用保証株式会社)の保証が受けられる人
・阿波銀行の営業地域内に居住もしくは勤務する人

パワーアップカードローン 基本情報

阿波銀行「パワーアップカードローン」は、ローンカードの発行を行わず、キャッシュカードにローン機能を付帯するタイプの商品です。

10万円、30万円、50万円と3種類から利用限度額が決まること・年14.4%の固定金利で貸し出すことを考えると、比較的カジュアルで、契約しやすいカードローンと考えられます。

★こんな人におすすめ!
・まとまった借入は避けたいが、いざという時のためにカードローンを使いたい人
・ローン専用カードを持たず、キャッシュカードでキャッシングしたい人
限度額 30万円、50万円、100万円の3コース
貸付利率 年14.4%
融資期間 満65歳まで3年ごとに自動更新
担保・保証人 不要
保証会社 三菱UFJニコス株式会社
返済方法 元金は随時返済・利息は半年ごとに貸越元金へ組み入れ
公式HP こちら

 

阿波銀行「パワーアップカードローン」の利用条件は、以下5点で、阿波銀行のカードローンを利用中の人、徳島県外に居住する人は、対象に含まれません。

・徳島県内に居住する人
・阿波銀行のカードローン契約者でない人
・満20歳以上満60歳未満の人
・本人もしくは配偶者に継続安定した収入のある方
・保証会社(三菱UFJニコス株式会社)の保証が受けられる人

あわぎんカードローンエース 基本情報

あわぎんカードローンエースは、阿波銀行で給与振込・公共料金の口座振替を行う人を対象とした商品です。

もともとの貸付利率設定も低いのですが、以下の条件に該当する人であれば、最大5%の優遇が可能で、最大優遇条件が適用された場合の貸付利率は年8.3%と、魅力的な水準です。

★こんな人におすすめ!
・阿波銀行口座に月5万円以上の給与振込
・阿波銀行口座で、住宅ローン、リフォームローン、ソーラーローンの引落しを行っている
限度額 50万円、100万円の2コース
貸付利率 年13.3%
融資期間 3年ごとに審査の上で自動更新
担保・保証人 不要
保証会社 阿波銀保証株式会社
返済方法 毎月7日に指定口座から自動引落し
公式HP こちら

 

あわぎんカードローンエースは利用条件が厳しく、事前の確認が不可欠です。以下5点の全てを満たす人でなければ、契約を行うことができません。

・申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満の人
・給与所得者である人
・保証会社(阿波銀保証株式会社)の保証が受けられる人
・阿波銀行に公共料金等の口座振替契約のある人
・勤続年数5年以上または居住年数3年以上の人

阿波銀行のカードローンは即日融資を受けられる?

阿波銀行のカードローンは、即日融資を受けることができません。

阿波銀行の問い合わせ窓口に電話をかけ、スマートネクストの手続きにかかる期間を確認したところ「審査結果が出るまでに2~3営業日」といった返答でした。

契約手続き全てを通すと、10日程度かかるケースも多く、「必要な期間はタイミングによっても変わるのですが、お急ぎということでしたら、なるべく早く手続き頂いた方が良いかと…」といったアドバイスを受けました。

阿波銀行に限らず、多くの銀行では即日融資ができないため、急ぎのお金の要り用には不向きです。「スピード重視」という人は、⇒お金借りる窓口 - 即日でお金を借りたい方へをご覧ください。

阿波銀行のカードローン 申込から融資までの流れ

次に、阿波銀行のカードローン3種類の手続き手順を紹介します。必要な書類や在籍確認のタイミングも紹介するので、申込前の事前知識として、有効に活用下さい。

あわぎんスマートネクストの申込手順

あわぎんスマートネクストの申込方法は、スマホ・PC・電話・FAX・郵送を選択できます。どの方法を選択したとしても、大まかな流れは同様です。普通預金口座を持つ人は、WEB完結契約も選択できます。

1. 希望する方法で申込を行う。
2. 在籍確認を受ける。
3. 電話等により、審査結果の通知を受ける。
4. 阿波銀行店頭もしくはWEB経由で、契約手続きを行う。
5. 希望者には、契約手続き完了後に振込融資。希望しない人は、ローンカード到着後にATMから借入可能。

パワーアップカードローンの申込手順

パワーアップカードローンの申込方法は、FAXもしくは郵送です。こちらのページからダウンロードできる仮審査申込書に必要事項を記載し、阿波銀行へと送付しましょう。

審査結果は、電話で通知してくれます。この時に案内された内容に従い、契約手続きを行いましょう。

阿波銀行「パワーアップカードローン」はキャッシュカードにローン機能を付ける商品なので、ローンカードの発送はありません。契約手続きが完了次第、普通預金残高がマイナスになった時の融資機能を活用できます。

あわぎんカードローンエースの申込手順

あわぎんカードローンエースの申込方法は、スマホ・PC・FAX・郵送・阿波銀行店頭から選択できます。

スマホやPCから申込を行う時点で、本人確認資料・所得証明書の提出や口座情報、勤務先情報の入力を求められるため、次のものを用意しましょう。

本人確認資料 運転免許証・パスポート・在留カード・住民基本台帳カード(写真付)などから1点を用意します。
所得証明書 カードローンエースは、優良顧客対象の商品に該当するため、所得証明書が必要です。源泉徴収票・住民税決定通知書など、所得を証明できる書面を用意しましょう。
口座情報の確認資料 申込フォームを埋める際に、店名・口座番号の入力が必要です。キャッシュカードや預金通帳を用意し、正しく申告して下さい。
勤務先情報の確認資料 申込フォームを埋める際に、勤務先情報の入力が必要です。会社の電話番号や正式名称を間違えてしまうと手続きが難航するため、ホームページや会社発行書類を用意し、転記しましょう。

 
あわぎんカードローンエースの申込後の流れは、次のように進みます。スマホ・PCから申込を行った場合でも、契約手続きは阿波銀行への来店が必須。あわぎんスマートネクストのように、WEB完結は行えません。

1. 電話等により、審査結果の通知を受ける。
2. 指定された持ち物を持参し、阿波銀行店舗に訪問・契約手続きを行う。
3. 契約手続き完了次第、ローンカードが発送され、到着後に借入可能。

阿波銀行カードローンでは在籍確認を省略できる?

「カードローンを使いたい」と思っても、在籍確認が心配で、気後れする人も多いのではないでしょうか。

阿波銀行のフリーダイヤルに電話をかけ、在籍確認の省略可否を聞いてみました。回答の要旨は、次のような内容です。

「パワーアップカードローンは、在籍確認無しで契約できる可能性がある。ただし、申込内容による部分もあるため、省略の確約はできない。他の2種類は「必要に応じて」という案内を行っている。」

話し振りから判断するに、パワーアップカードローン以外の2種類に申込を行う場合は「在籍確認を受けるもの」といった心構えが必要です。

どうしても会社に対する連絡を避けたい人は、他の金融機関を検討しましょう。

阿波銀行のカードローンでお金を借りる方法

次に、阿波銀行のカードローンでお金を借りる方法を紹介します。スマートネクスト・カードローンエースはATMからのキャッシング・パワーアップカードローンは自動融資もしくはATMを利用できます。

ATMのキャッシングでお金を借りる

ローンカードを使用し、ATMから現金を引き出すお金の借り方です。阿波銀行のATMはもちろんのこと次のATMを利用でき、借入場所には困りません。

ローソンATM・E-net・セブン銀行・イオン銀行・ゆうちょ銀行
伊予銀行・四国銀行・百十四銀行など

手数料無料で借入を行うためには、阿波銀行・伊予銀行・四国銀行・百十四銀行のATMで平日の8:45から18時の間にお金を借りる必要があります。その他の時間帯や曜日の借入は、1回あたり108円の手数料が必要です。

コンビニのATMや伊予銀行・四国銀行・百十四銀行以外の提携金融機関ATMからお金を借りると、1回あたり108円から216円の手数料が発生します。

1回あたりのコストは少額でも、積み重なると大きな出費となるため、頭に入れておきましょう。

阿波銀行の自動融資でお金を借りる

阿波銀行の自動融資は、普通預金残高がマイナスになった時、自動的に借入できる機能です。

そのため、任意のタイミングで借入を行うというわけではなく、ある意味では「マイナス待ち」ということになります。

たとえば「阿波銀行の普通預金残高3万円しかないのに、5万円の引出しを行いたい」といった時に、自動的に2万円が融資され、指定通りの5万円の引出しが可能です。

阿波銀行のカードローン 返済方法

次に、カードローン3種類の返済方法を紹介します。商品ごとに返済日や返済額が異なるため、詳細を確認しましょう。

あわぎんスマートネクストの返済方法

あわぎんスマートネクストの返済は、毎月7日に指定口座から引落しで処理されます。返済額の決まり方は、次の表の通りです。

前月7日の借入残高 その月の返済額
1万円未満 借入残高全額
1万円以上 50万円以下 1万円
50万円超 100万円以下 2万円
100万円超 200万円以下 3万円
200万円超 300万円以下 4万円
300万円超 400万円以下 5万円
400万円超 6万円

 

使いすぎた翌月は返済額が増えるため、計画的に利用しましょう。毎月7日の返済に上乗せとして、任意の金額を入金し、臨時返済を行うことも可能です。

パワーアップカードローンの返済方法

阿波銀行「パワーアップカードローン」には、決まった返済日がありません。普通預金口座に入金し、マイナスが解消されると、返済したことになります。

たとえば、2万円の借入を行っている状態で5万円の入金を行うと、自動的に2万円が返済されます。

ここで返済するのは元金部分だけなので、利息の支払いは保留です。2月と8月の年2回、前6ヶ月分の利息の引落しがなされるため、意識しておきましょう。

あわぎんカードローンエースの返済方法

あわぎんカードローンエースの返済は、毎月7日に普通預金口座からの引落しで行います。

返済額は、借入の多い・少ないに関わらず、定額の2万円です。

余裕のある月は、2万円に上乗せする金額を自主的に入金し、臨時返済を行いましょう。住宅ローンのように臨時返済手数料が発生することはなく、好きな時に好きな金額を入金できます。

阿波銀行カードローン3種類でお金を借りるメリットは?

徳島県でお金を借りられるカードローンは、阿波銀行の商品以外にも多くあります。

あえてあわぎんスマートネクストやパワーアップカードローン、カードローンエースを選択するメリット3つを紹介します。

カードローンエースは圧倒的な低金利

お金を借りる際には、できるだけ低金利で借りることのできる金融機関を選びたいもの。

基本情報で見た通り、阿波銀行指定の条件を満たす人は、カードローンエースの最大優遇金利の対象。

年8.5%という圧倒的な低金利でカードローン契約できます。

誰でも気軽に活用できる商品とは言えませんが、各種条件をクリアできる人にとっては、旨みの大きいカードローンです。

阿波銀行と取引があればWEB完結契約可能

次に、あわぎんスマートネクストは、自宅にいながら申込から契約まで完結でき、近所の人の視線や銀行員の反応が気になりません。

地方銀行には「契約手続きは来店必須」とする金融機関も多い中、非常にうれしい特徴です。

カードローンに対するネガティブな意見が払拭されつつあるとはいえ、借金を毛嫌いする人も中にはいます。

あらぬ噂に振り回され、悲しい想いをするリスクを避けるためにも、WEB完結契約できるカードローンを有効に活用しましょう。

パワーアップカードローンは使い過ぎるリスクが低い

カードローンの使い方を間違えると、返済能力を超えた借入を行い、生活が成り立たなくなるリスクがあります。

お金を手に入れる手段があると使ってしまうタイプの人が過剰な借入を避けるためには、限度額が低く、10万円や30万円、50万円程度で「ストップ」をかけてくれるカードローンが望ましいと考えられます。

基本情報で見たように、阿波銀行「パワーアップカードローン」の限度額は、最高でも50万円。この程度であれば、債務整理を考えるほど深刻な事態には陥りにくく、安心して活用できます。

阿波銀行カードローン3種類でお金を借りるデメリットは?

どれほど優秀なカードローンにも、他の金融機関と比較し、不便な点が存在します。阿波銀行でカードローン契約するなら知っておきたいデメリットや注意点を確認下さい。

阿波銀行ではスピード融資が期待できない

まず、アコムプロミスなど、大手消費者金融ほどのスピード対応が期待できないところです。

阿波銀行ではもともと、最短即日回答・来店不要のカードローン「あわぎんモビット」を扱っていました。

2014年2月にこの商品の扱いが終了し、あわぎんスマートネクストが登場。阿波銀行の中ではスピード対応を売りにしたカードローンにあたるものの、あわぎんモビットほどの対応力は期待しにくい状況です。

阿波銀行の口座を開設しないと契約できない

次に、いずれのカードローンを選ぶにしても、阿波銀行の口座が必要とされる点です。

そもそも阿波銀行と取引がなかった人が口座開設してまで契約する必要はあるのかを考えなければ、骨折り損になってしまいます。

一般論になりますが、阿波銀行に限らずどこの金融機関でも、ローンを検討するのであれば、メインバンクから考えることがセオリーです。

これまでの取引実績から信用を得やすく、有利な条件が付く可能性は高いと言えます。この点をふまえ、なぜ阿波銀行でなければいけないかを今一度検討し、後悔しない判断が必要です。

コンビニATMの借入手数料が有料

最後に、コンビニATMの手数料が有料である点です。地方銀行やネットバンクのカードローンには、ATM手数料がかからない商品も多くあります。

カードローン契約を行ったら継続的に利用することが前提だからこそ、取引ごとのコストは重要なチェックポイント。

阿波銀行・百十四銀行・伊予銀行・四国銀行のいずれかが自宅や勤務先の近くにない人にとっては、使いにくいカードローンと考えられます。

阿波銀行のカードローン以外の無担保ローン一覧

教育資金、おまとめ資金など、用途の決まった借入は、カードローン以外の商品を検討できます。阿波銀行で扱うカードローン以外の無担保ローンを紹介するため、商品選びの参考に活用下さい。

あわぎんワイドローン・フリープラン

あわぎんワイドローン・フリープランは、他社ローンのおまとめに利用できるローンです。

WEB、阿波銀行店頭のどちらから申込を行っても良いのですが、スマホやPC経由の方が適用利率は低く、より有利にお金を借りられます。

限度額 10万円以上500万円以内
貸付利率 年7.3%~年9.5%
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 不要
保証会社 阿波銀保証株式会社
年齢条件 申込時に満20歳以上・最終返済時に満76歳未満の人
勤続年数 基準なし
収入条件 安定・継続した収入があること
公式HP こちら

 

あわぎんワイドローン・マイカープラン

あわぎんワイドローン・マイカープランは、新車・中古車購入費用、車の部品や車検費用、バイク購入費用など、多彩な用途に活用できる商品です。

他社マイカーローンの借り換えは、阿波銀行の店頭契約が条件で、WEB契約では借り換え利用ができないため、ご注意下さい。

限度額 10万円以上1,000万円以内
貸付利率 店頭契約型 年2.5% / WEB契約型 年2.3% ※左記から店頭契約型は最大 年0.7%、WEB契約型は最大 年0.5%の優遇利率を適用可能。
融資期間 6か月以上10年以内
担保・保証人 不要
保証会社 阿波銀保証株式会社
年齢条件 申込時に満20歳以上・最終返済時に満76歳未満の人
勤続年数 基準なし
収入条件 安定・継続した収入があること
公式HP こちら

 

あわぎんワイドローン・教育プラン

阿波銀行の教育ローンは、以下の教育機関に在学する本人もしくは保護者が利用できます。入学金・授業料はもちろん、下宿代や生活費の借入も可能です。

高校、高専、短大、大学、大学院、専修学校(修業年数1年以上)、予備校等

阿波銀行で毎月10万円以上の給与振込がある・インターネット、モバイルバンキングを利用中もしくはカードローン契約があるなど、一定の条件を満たす人であれば、年1.8%と非常に有利な貸付利率が適用されます。

その他の基本条件は、以下の通り。勤続年数や収入条件に細かい条件が伴うため、利用の可否を確認しましょう。

限度額 30万円以上1,000万円以内
貸付利率 店頭契約型 年2.5% / WEB契約型 年2.3% ※左記から店頭契約型は最大 年0.7%、WEB契約型は最大 年0.5%の優遇利率を適用可能。
融資期間 6か月以上17年以内。ただし、据置期間(在学期間+1年)+10年以内。
担保・保証人 不要
保証会社 阿波銀保証株式会社
年齢条件 申込時に満20歳以上・最終返済時に満70歳未満の人
勤続年数 勤続(営業)年数3年以上 ※居住年数3年以上でも可。
収入条件 年収150万円以上
公式HP こちら

 

ここで紹介したカードローン以外の阿波銀行の無担保ローンには、団信(団体信用生命保険)を付加できます。

団信とは、契約者に不幸が起こった際に返済が免除され、家族の負担を軽減できる商品です。

カードローンには団信をつけることができないため、もしものことが起こった時に、家族に負担をかけてしまうリスクがあります。このことも考慮し、目的や必要金額に応じ、適したローンを選択しましょう。


このページの先頭へ